新着Pick
SPD29PYM80XHQV6W
自動車・産業用ゴム製品
JPN

自動車・産業用ゴム製品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車・産業用ゴム製品
ゴムライニング、ゴムホース、伝導用ベルト、ワイパー等、ゴムを原料としたあらゆる自動車、産業用製品を製造する企業群。但し、自動車用のタイヤは本企業から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
5Picks
【韓国】車載用半導体の安定調達へ、官民協議体発足[車両]
NNAアジア経済ニュース
|
【韓国】車載用半導体の安定調達へ、官民協議体発足[車両] 車載用半導体の需給が世界的に逼迫(ひっぱく)する中、韓国産業通商資源省は4日、車載用半導体の安定的な...
10Picks
スマート化して見た目も美しく! 「車いす」のイノベーションが急速に進んでいる | 車やバイクより技術革新が遅れていたが
クーリエ・ジャポン
|
車いすにもテクノロジーを活用し、より安全に便利な製品を商品化しようとスタートアップ企業が参入している。これまで保険の関係などもあり、車いすのイノベーションは車やバイクに比べて遅れ気味だったという。一般財団法人トヨタ・モビリティ基金のコンテストで最優秀賞を獲得した企業などの動きを米紙が紹介している。保険や寡占、遅れた技術革新何年も前から、自動車にはセンサーやカメラ、コネクティビティが搭載され、よりス
5Picks
韓国企業がEUV向けレジストの開発を加速 - 韓国メディア報道
TECH+
|
韓国の半導体用フォトレジストメーカーDongjin Semichem(東進セミコム)が、EUVリソグラフィ用レジストの開発を加速させていると韓国の電子産業メディアetnewsが報じている。
4Picks
クルマを持たない理由の6割は「お金が掛かるから」? 若者のクルマ離れが加速する理由とは(くるまのニュース)
Yahoo!ニュース
|
日本の経済を支えている産業のひとつに自動車があります。売上高が日本一の企業であり、世界で活躍する自動車メーカーでもあるトヨタは、このコロナ禍にもかかわらず2020年のグループ販売台数が5年ぶりに世
1Pick
アプトポッド、エッジコンピューター「EDGEPLANT」発表--ハードウェア事業に参入
ZDNet Japan
|
産業用ミドルウェアを手掛けるアプトポッドは、エッジコンピューターのハードウェアブランド「EDGEPLANT」を立ち上げた。
2Picks
酒蔵から出来るコロナ対策「日本盛 アルコール77」手指用消毒アルコール
Forbes JAPAN
|
日本盛は、2020年4月末から「高濃度エタノール製品」を西宮市へ提供し、その後も行政や医療機関等への供給を続けてきたが、商品の安定供給ができるようになり、一般販売も開始した。食品原料である醸造用アルコールに加水のみを行っているため水以外の添・・・
2Picks
【台湾】FII、中国河南省周口に新工場設置へ[IT]
NNAアジア経済ニュース
|
【台湾】FII、中国河南省周口に新工場設置へ[IT] EMS(電子機器の受託製造サービス)世界大手の鴻海精密工業の傘下で、中国を中心に産業用インターネット...
2Picks
ダイハツ、社員6500人にAI研修 誰もが当たり前にAIを活用できる状況目指す - Ledge.ai
BLOGOS - 最新記事
|
ダイハツ工業株式会社は3月4日、全スタッフ職(開発や生産技術、営業、管理部門などに従事するスタッフ)を対象に、AI人材育成プログラムを実施すると発表した。日本経済新聞などの報道によると、対象人数は製造部門を除く国内の6500人の社員におよぶという。実施は2020年12月から。今回、ダイハツはAI人材の育成を手がけるスキルアップAI株式会社とともに、自動車産業におけるAI人材育成用の独自プログ...
55Picks
コロナ禍で家庭用ミシンが好調、200万円の超高級機も登場!
ニュースイッチ
|
200万円の超高級機も登場 新型コロナウイルス感染症の影響はマイナス面だけではない。これまで下降傾向だった産業に再び明かりをともした例もある。家庭用ミシンはその一つ。外出自粛などの「巣ごもり需要」を取り込み、好調の波に乗る。主要メーカーの業績も堅調に推移する。一方で工業用ミシンはコロナ禍によるアパレル業界の停滞が直撃し低迷気味。ただ、非アパレル需要の開拓や「縫い」の技術進化に向けた研究開発な...
12Picks
ジョブズが夢見たアップルの自動車プロジェクトは、テスラを上回る革新を実現できるのか
WIRED.jp
|
アップルの自動車開発プロジェクトが、どうやら復活しているらしい。だが、クルマの概念を一変させるような製品は、すでにテスラが世に送り出している。こうしたなか、アップルは世界を驚かせるような新しいクルマをつくりだせるのだろうか──。『WIRED』US版エディター・アット・ラージ(編集主幹)のスティーヴン・レヴィによる考察。
58Picks
自動車業界のサプライチェーンを襲う「電動化」の波
note(ノート)
|
おはよう人類。 先日、こういう話を書いた。 要約すると、半導体の供給問題は大別して「先端製品」と「枯れた製品」の双方で発生していて、解消は容易ではない(そもそも解消する手立てがない)といったような話だが、半導体供給不足が自動車業界にどのようなインパクトを生じているのか、という話を今回は書いてみたいと思う。 自動車と半導体を語る前に、実は自動車と広く「電装部品」というのは自動車が生まれた頃から...
105Picks
日産、「eパワー」発電用エンジンで世界最高熱効率50%実現
Reuters
|
[東京 26日 ロイター] - 日産自動車は26日、発電専用ガソリンエンジンで最高熱効率50%を実現できる技術を発表した。自動車用ガソリンエンジンの平均的な最高熱効率は30%台で、40%台前半が限界とされる中、新技術による最高熱効率は世界最高水準で、ハイブリッド車(HV)の燃費性能が大幅に改善できる。
10Picks
バイデン大統領が半導体・EVバッテリーなど4品目のサプライチェーン見直しを要求する大統領令に署名
TechCrunch Japan
|
バイデン米大統領が、4つの主要製品分野におけるサプライチェーンの見直しを要求する大統領令に署名しました。主要製品とは消費者製品向けコンピューターチップ、電気自動車用大容量バッテリー、医薬品とその有効成分、 電化製品で使うためのレアメタルの4種類。大統領令は即時の見直し作業開始を求め、100日間でこれらの入手先を外国、特に中国のサプライヤーに「過度に依存」していないかを判断します。
29Picks
「リクルートのすごい構"創"力」杉田浩章 - 5分で読めるブックレポート
5分で読めるブックレポート
|
著者:杉田浩章 ボストンコンサルティンググループ日本代表。東京工業大学工学部卒。慶應義塾大学経営学修士(MBA)。株式会社日本交通公社(JTB)を経て現在に至る。消費財、自動車、メディア、ハイテク、産業財等の業界を中心に、トランスフォーメーション、グローバル化戦略、営業改革、マーケティング戦略、組織・人事改革、グループマネジメント等のコンサルティングを数多く手掛けている。 ステージ1「0→1...
529Picks
曙ブレーキ、検査データを改ざん 11万4千件、2001年から
共同通信
|
曙ブレーキ工業は16日、国内4工場で製造する自動車用ブレーキ製品で、検査データを改ざんするなどの不正行為があったと発表した。
12Picks
ホログラムのトイレボタン? やっぱり、日本は未来に生きてるな
ギズモード・ジャパン
|
多くのトイレが自動洗浄機能付きになっていますが、「ビデ」や「おしり」や調節ボタンだけは物理ボタンなのが大半ですよね。 でも、今は非接触が求められる時代。そこで、ホログラムボタンを作ったんですって。これ、需要ありありでしょ!  ホログラムのボタンを実用化したのは、自動車用バックミラー大手の村上開明堂で、スタートアップのパリティ・イノベーションズと共同で開発したそう。
13Picks
世界シェア6割守り抜く!ファナック・安川電機・川重の産業ロボット大手の供給責任
ニュースイッチ
|
重い供給責任 産業用ロボット大手3社は「生産を多極化」し、供給責任を果たすことを至上命令としている。顧客である国内外の自動車、半導体メーカーなどに対して「迷惑をかけない」ため、外部環境の変化へ迅速に対応しなければならない。日本のロボット産業は高い競争力を誇り、世界シェア6割弱を占める。この地位を守りきるためにも、生産体制の整備に余念がない。 「ビジネスを永続的にするためには供給責任は大事。こ...
10Picks
2025年までにEV用全固体電池の実用化目指す
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
電気自動車(EV)の普及に向けての動きが加速する中で、EV性能を大きく左右する高性能のバッテリー開発に熱い視線が注がれている。現在は液体の有機電解液が使われているリチウムイオン電池が主流だが、これに代わる新しいEV用バッテリーとして国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が2007年から同じリチウムイオン電池ではあるが、液体ではなく固体の無機電解質を使った全固体電池の開...
19Picks
DXとAI時代の「製造業」のデジタル戦略~青田広幸×滝野一征×人見光夫×水上潔×島田太郎
GLOBIS知見録 最新記事
|
G1経営者会議2020 第6部 分科会 テクノベート「DXとAI時代の製造業のデジタル戦略」 (2020年11月23日開催/グロービス経営大学院 東京校) テクノロジーの進化によって、新しい製品やサービス、概念が生まれ、製造業のあり方も変化している。数年前から製造業では、工場の自動化・効率化を目的に、ファクトリー・オートメーション(FA)、センサーや産業用ロボットなどが活用されていた。一
25Picks
米GMの21年業績、市場予想下回る見通し 半導体不足で
Reuters
|
[デトロイト 10日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)が10日発表した2020年第4・四半期の利益は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の中、トラックとスポーツ多目的車(SUV)の売れ行きが良かったことで市場予想を上回ったが、21年の業績は自動車用の半導体チップが不足していることから市場予想を下回るとの見通しを示した。
自動車・産業用ゴム製品 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
フィリピン
アメリカ合衆国