新着Pick
SPD1VVWXC8SJJ0BY
自動車用金属加工部品
JPN

自動車用金属加工部品 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
自動車部品製造
>
自動車用金属加工部品
鉄、非鉄金属を原料として、ダイカスト、鋳造、鍛造、粉末冶金等の方法により、インテークマニホールド、エンジンバルブ等の各種自動車部品を製造する企業群。ピストン・ピストンリング、車体部品は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
金属臭が苦手な方にオススメ。セラミック加工の上質タンブラーを使ってみた
ライフハッカー[日本版]
|
真空断熱タンブラー「STTOKE(ストーク)」。アワードも受賞する洗練されたデザインと、内側のセラミックコーティングで機能やドリンク体験を向上させている製品です。
16Picks
中国系、茨城でEV電池生産へ 国内最大級の工場建設、日産向け
共同通信
|
電気自動車(EV)用電池を手掛ける中国系企業の「エンビジョンAESCジャパン」(神奈川県座間市)は4...
14Picks
蓄電池業界が挑む、LiBの低コスト化と高エネルギー密度化
LIMO
|
車載用リチウムイオン電池(LiB)市場の急拡大を背景に、LiBの低コスト化が急速に進んでいる。一方で、電気自動車(EV)の航続距離を伸ばすため高エネルギー密度化も進展している。後者においては、数年前に限界値とされていた250Wh/㎏程度を超え、270Wh/㎏程度が達成されている。さらに、数年後には300Wh/㎏を突破する見通しとなっている。こうしたなか、LiBの発展型とも言える全固体電池の出...
5Picks
リチウムイオン電池の高純度レアメタルリサイクルフロー確立へ
株式会社PR TIMES
|
希少金属と言われる「レアメタル」は、電気電子機器の小型化・高性能化や電気自動車用のモーターなどに必要な材料ですが、産出の地域偏在性や急激な価格変動により、安定供給が困難という課題があるようです。近年では、レアメタルをリサ
2Picks
製造業は楽しく、夢がある 独自の企業ブランディングで爆走する影山鉄工所
ものづくり新聞
|
ものづくり新聞編集部員がInstagramにフォトジェニックな作業者の方の写真や工場風景を見つけました。オフィス風景の写真は町工場というにはおしゃれすぎます。どんな会社なのでしょう。この会社の社長さんはどんな方なのでしょう。 気になった編集部員が調べたところ、それは、静岡県沼津市に拠点を構え建築用鉄骨の加工や溶接を行なっている株式会社 影山鉄工所という会社さんでした。早速取材依頼をお送りした...
5Picks
新型ランクルを発売=指紋認証機能を搭載―トヨタ
時事通信社
|
 トヨタ自動車は2日、本格スポーツ用多目的車(SUV)「ランドクルーザー」の新型モデルの国内販売を始めた。2007年以来約14年ぶりの全面改良で、同社の量産車としては初めて指紋認証機能を搭載した...
32Picks
トヨタ、国内工場の一部を8月に一時停止 ベトナム感染拡大で部品遅延
Reuters
|
[東京 27日 ロイター] - トヨタ自動車は27日、国内完成車工場2拠点の3つの生産ラインで8月に稼働を一時停止すると発表した。ベトナムでの新型コロナウイルス感染拡大の影響により、部品供給が遅れるため。約5000台の生産に影響が及ぶ見込み。
79Picks
日電産、台湾・鴻海と合弁検討 EV用モーター製造、年内にも設立契約
京都新聞
|
日本電産は21日、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業と傘下の電気自動車(EV)製造子会社の3社で、EV用モーター製造販売の合弁会社設立を検討すると発表した。日本電産は、鴻海が量産を目指すEV向けに駆動用モーターシステムを供給する考え。
195Picks
「中国製EV」日本で浸透し始めたのはなぜ?共通点は「国産も検討したけれど...」
ハフポスト日本版
|
『中国製EV、日本に本格上陸』 『日本メーカーに脅威か』 2021年4月ごろ、こんな見出しがTwitterを賑わせた。 主役は佐川急便だ。配送用の軽車両をEV(電気自動車)に切り替える計画を発表したのだが、製造委託先が中国メーカーだったことから話題を呼んだ。 「なぜ日本の会社を選ばないのか」「中国に抜かれている現実を見ろ」...など反応は様々。とはいえ、なぜ中国製EVが日本に上陸しているのか...
22Picks
ホンダ、8月に鈴鹿での完成車生産を5日間停止…部品調達滞る
読売新聞
|
ホンダが鈴鹿製作所(三重県鈴鹿市)で完成車の生産を、8月に5日間停止することがわかった。世界的な半導体不足に加え、東南アジアの新型コロナウイルスの感染再拡大による部品供給の停滞が影響しているとみられる。 関係者によると
513Picks
世界初、ステンレスの3Dプリント橋がアムステルダムにかかる。センサーで交通量や痛み具合を監視
Engadget 日本版
|
MX3D オランダ・アムステルダムに世界初のステンレス鋼で3Dプリントされた橋がかかりました。この橋はAutodeskと技術協力して開発されたMX3Dソフトウェアを使い、溶接トーチを装着した産業用ロボットアーム4台で、約6か月をかけて”出力”されました。 完成したこの3Dプリント橋の大きさは、全長12.5メートル、幅6.3メートル、ステンレス製の構造部の総重量は4.5トン。これは金属3Dプリ...
42Picks
ゲームチェンジャーになり得るか? 新型トヨタ・アクアが採用したバイポーラ型ニッケル水素バッテリーとはなにか?
Motor-Fan[モーターファン]
|
今回、新型アクアに採用される1年半前の2020年2月に、トヨタと豊田自動織機は、「ハイブリッド車用の新型電池を…
12Picks
多種多様な駆動用バッテリーの残存価値を評価、日本総研が中国で実証へ
MONOist
|
日本総合研究所は2021年7月15日、中国広東省において電気自動車(EV)の駆動用バッテリーの残存価値を診断する技術の試験を実施したと発表した。
11Picks
パナソニックが米国でリチウム採掘に参入する狙い
ニュースイッチ
|
パナソニックは米国でリチウムの採掘に参入する。2021年末までに操業開始するネバダ州のパイロットプラントに参画。リチウムは、電気自動車(EV)やスマートフォンなどのバッテリー材料として欠かせないレアメタル(希少金属)で、世界中で争奪戦への発展が見込まれる。車載電池を供給するパナソニックは上流の開発に踏み込み、安定確保につなげたい考えだ。 米エネルギー技術企業、シュルンベルジェニューエナジー(...
59Picks
トヨタ・パナ電池会社、コスト競争力で中韓勢超え自信-原価低減
Bloomberg.com
|
トヨタ自動車とパナソニックが出資する車載用電池会社、プライムプラネットエナジー&ソリューションズは、2025年までに最大7割の原価低減に取り組む。自動車メーカーが電気自動車(EV)へのシフトを強化する中、コスト面でも中国や韓国メーカーの優位に立つため、効率化目標を大幅に引き上げる。
15Picks
サムスンが車載向けイメージセンサーを発表 大小ピクセルで視認性向上
Engadget 日本版
|
韓国サムスンは同社のISOCELLイメージセンサーとして初となる、車載向け製品「ISOCELL Auto 4AC」を海外発表しました。 ISOCELL Auto 4ACは自働車のサラウンドビューモニターやリアビューカメラに利用されるイメージセンサーです。その特徴は、1つのピクセルエリアに低光量用の3.0µm大型ピクセルと、明るい環境用の1.0µm小型ピクセルを配置する「CornerPixel...
73Picks
ポルシェ、部品サプライヤーに100%再生エネルギー利用を要求--対応不可なら「契約なし」
CNET Japan
|
Volkswagen(VW)傘下の自動車メーカーPorsche(ポルシェ)は、自動車用の部品を納める供給業者に対して、部品製造時に再生可能エネルギーを使うよう求めた。エネルギー源の切り替えができない場合は、将来的に契約を結べなくなる、とした。
16Picks
テスラ供給業者CATLの曾氏、資産マー氏超える-アジア5位富豪に
Bloomberg
|
世界最大の電気自動車(EV)用バッテリーメーカー、中国の寧徳時代新能源科技(CATL)創業者の曾毓群会長が、世界の富豪ランキングでアリババグループ共同創業者の馬雲(ジャック・マー)氏を追い抜いた。
自動車用金属加工部品 概要
日本
中華人民共和国
タイ
インドネシア