新着Pick
SPD0XOQTKK4OC8UR
トラック(低温物流)
JPN

トラック(低温物流) 業界

日本
業界一覧
>
運輸サービス
>
陸上輸送
>
トラック(低温物流)
緻密な温度管理が可能な特殊車両を保有し、食品等、3温度帯(チルド帯・米飯帯・冷凍食品帯)のいずれかの管理が必要な物流を主要業務とする企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
13Picks
コロナで物流パニック「トイペが消えた!」はなぜ起きた? 元トラック運転手が明かすウラ側
弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
|
日本経済を支えるトラックドライバーだが、道路上では何かと邪魔者扱いや、白い眼で見られがちだ。さらに近...
13Picks
迫る”物流崩壊”の裏にある、トラック運転手を取り巻く環境
note(ノート)
|
PLEXで取締役・ドライバー採用サービスの事業責任者をしている植田と申します。 ウエダダイキ@PLEX, 物流スタートアップ/MaaS (@0929uedadaiki) | TwitterThe latest Tweets from ウエダダイキ@PLEX, 物流スタートアップ/MaaS (@0929uedatwitter.com 植田 大貴植田 大貴さんはFacebookを利用しています。...
552Picks
トラック運転手が大量定年、迫る“物流崩壊”
ニュースイッチ
|
トラック運転手不足による“物流崩壊”が迫っている。2027―28年になると必要な運転手の人数に対して25%の人材不足が生じるとの試算がある。単純に考えると企業は4回に1回は商品の輸送をあきらめる計算だ。経済活動への影響を懸念した政府は企業に呼びかけ、物流を持続可能にする「ホワイト物流」推進運動を展開中だ。 目指せ“ホワイト物流” トラック輸送の生産性向上や、女性と高齢者も働きやすい労働環境へ...
13Picks
トラック運転手が大量定年、迫る“物流崩壊”(ニュースイッチ)
Yahoo!ニュース
|
トラック運転手不足による“物流崩壊”が迫っている。2027―28年になると必要な運転手の人数に対して25%の人材不足が生じるとの試算がある。単純に考えると企業は4回に1回は商品の輸送をあきらめる計算 - Yahoo!ニュース(ニュースイッチ)
20Picks
宅配もやがて電気で届く。クロネコヤマトが中型商用EVトラックを導入
ギズモード・ジャパン
|
Image:ヤマト運輸グリーン物流に向けて、一歩前へ。テスラ、日産、三菱、BMW。近年、自動車界にはEV化への流れがやってきていますが、それは物流へも。クロネコヤマトでおなじみのヤマト運輸は、中型の商業EVトラックを導入しました。2019年11月には、日本初となる小型商用EVトラックを導入していましたが、グリーン物流への次のステップとして、今度はより多くの荷物を運べる中型の商業トラックへ!というわ
17Picks
WMS(倉庫管理システム)とは何か解説 代表的な製品や選定基準、導入事例まで
ビジネス+IT
|
倉庫需要が止まらない。首都圏であれば、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)周辺など少し郊外に足を運ぶと、巨大な物流倉庫が多数建設されていることに気がつくだろう。10万坪単位の倉庫面積を持ち、トラックが上層階まで往来可能なランプウェイ施設を備えた「メガ倉庫」と呼ばれる物流倉庫が、次々と建設されているのだ。その倉庫内の業務遂行に不可欠なのが「倉庫管理システム(WMS)」だ。本記事では、WMSとは何か...
19Picks
トヨタ:ドライバー不足で部品の物流を抜本改革、自社トラックで集配
Bloomberg.com
|
トヨタ自動車はトラック運転手の減少や環境問題の高まりを受けて国内の部品輸送の効率化に取り組む。個別の取引先に自社の工場へ部品を届けさせていた従来のやり方をトヨタが手配したトラックが部品メーカーを巡回して集荷する集荷する方式を強化する。
145Picks
「トラックに運んでもらう努力」がなぜ必要か、製造業に打撃の“輸送弱者”問題
ビジネス+IT
|
ドライバー不足などを理由に荷物を「運べない」、もしくは「運んでくれない」という悲鳴がたびたび聞こえてくるようになった。ここ数年、トラックで荷物を運ぶ運賃は上昇傾向にある。運賃が倍近くまで上昇し、製品の利益が大幅に削られているという嘆きも耳にする。また、運賃値上げを了承したのに今度は集荷や配送を渋られたり、最悪断られてしまうなど、配送体制維持に苦労しているメーカーや商社、問屋などもいる。物流危...
25Picks
トラック、倉庫、1次産業で冷やす技術の需要拡大、パナソニックは中国で売上3倍に
MONOist
|
パナソニックは2025年に向けて、冷蔵ショーケースや冷凍システムを扱うコールドチェーン(低温流通)事業の売上高を中国で倍増させる。これまでは店舗向けの冷蔵ショーケースが事業の主体だったが、産地での収穫直後の冷蔵保管、低温物流、冷蔵ロッカーで中国の事業規模を拡大する。
93Picks
ドライバー24万人分の穴を埋めろ 物流業界、自動運転トラックに熱い視線
朝日新聞GLOBE+
|
短期集中連載「くるま新世紀 デジタル時代の開発最前線」#4 物流業界2020年以降、導入が広がると期待されている自動運転システム。有望な分野の一つが物流だ。トラックのドライバー不足が深刻な問題になっているうえ、工場や港の敷地内、高速道...
1103Picks
【トップ対談】JR×ヤマトHD。日本を救う「新幹線物流」の全て
NewsPicks編集部
|
これからの鉄道は「ヒト」ではなく「モノ」の移動が収益源になるかもしれない。物流業界は今、人手不足・働き方改革によって悲鳴を上げている。もはやトラックに依存した物流は限界に来ており、鉄道や海運に転...
564Picks
「自動運転トラック」実証実験=欧州物流に革命的変化も-オランダ
時事ドットコム
|
【ハーグAFP=時事】先頭車の運転を後続車が自動的に認識して追う「スマート・トラック」の実証実験の車列が6日、オランダ・ロッテルダムに到着した。ダイムラー、ボルボなど大手メーカー6社によるプロジェクトで、欧州の物流に革命的変化をもたらすと期待されている。 こ
480Picks
Googleが自動運転トラックで配達する新物流システムを計画している可能性
GIGAZINE
|
自動運転カーを開発するGoogleは、出願した特許の内容から「自動運転配達トラックを使った物流網の構築」を計画している可能性が指摘されました。(PDFファイル)US 9,256,852 B1
438Picks
「無人トラック」実現へ、未来投資会議で方針提示 成長戦略素案
Reuters
|
[東京 30日 ロイター] - 政府は30日の未来投資会議(議長、安倍晋三首相)で、成長戦略の素案を示した。素案では、物流面での生産性向上をにらみ、ドライバー1人で複数のトラックを実質的に操縦する「隊列走行」や、小型無人機(ドローン)での荷物配送の実現に向けた方針を打ち出した。
399Picks
トラックドライバーのなり手がいない…物流パンク寸前、ヤマトはついに「ライバル」鉄道を利用
ビジネスジャーナル/Business Journal | ビジネスの本音に迫る
|
アサヒビールとキリンビールが手を組んだ。トラック輸送から鉄道コンテナ輸送へ。写真は2017年1月の出発式(アサヒビール提供)  モーダルシフトが注目されている。…
285Picks
【SPEEDA総研】好調な低温物流、アジア市場への期待
SPEEDA総研
|
中食需要の拡大やコンビニエンスストア、チェーンストアのPB商品などの強化により、低温物流市場は拡大トレンドにある。特に、コンビニエンスストア大手が弁当や総菜などの生産・販売にチルド温度帯の活用を...
273Picks
配達用ドローンは、トラックより「効率が悪い」かもしれない──米研究所の調査で見えてきた課題
WIRED.jp
|
物流に革命を起こすと期待されている配達用ドローンは、果たして本当に効率がいいのか──。米研究所が発表した論文によれば、場合によってはトラックよりドローンの方が非効率なこともあるという。さまざまな企業がドローンの活用を構想するなかで、現在われわれが考慮しなければならない問題について整理してみよう。
243Picks
物流を変える自動運転トラック、ダイムラーが実験中:「Mercedes-Benz Future Truck 2025」
WIRED.jp 最新情報
|
メルセデスベンツの自動運転トラックのプロトタイプが路上での実験を行った。高速道路を自動で運行するトラックは、ドライヴァーと物流を変革する可能性を提示する。
148Picks
自動運転トラックで急浮上のStarsky Robotics、「遠隔操作」で物流を革新
Forbes JAPAN
|
自動運転トラックの商業化を目指すサンフランシスコのスタートアップ「Starsky Robotics」は、無人の18輪大型トラックで高速道路を走行する実験に世界で初めて成功した。同社の無人トラックは、必要に応じてオペレーターが遠隔操作をするこ・・・
217Picks
【直撃】Uberのトラック革命が狙う、79兆円の巨大市場
NewsPicks編集部
|
去年5月、ウーバーが新たに始めたサービスが「トラックマッチングビジネス」だ。世界中の物流網を支えているトラックを、Uberという最先端のプラットフォーム上で動かそうというものだ。しかし、なぜトラ...
トラック(低温物流) 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
マレーシア
インドネシア
インド
アメリカ合衆国