新着Pick
※ 本企業は非上場企業のため収録データが限られます。
SPD352SAA8304VLC

株式会社ダイヤモンド社

株式会社ダイヤモンド社(ダイヤモンドしゃ、英語: DIAMOND,Inc.)は、主に経済やビジネスなどの書籍や雑誌等を出版している日本の出版社である。1913年(大正2年)に、『経済雑誌ダイヤモンド』を創刊して設立。本誌は日本初の出版社系週刊誌となる。本社は東京都渋谷区に所在する。 ウィキペディア
東京都渋谷区神宮前6-12-17
詳細を見る
概要
経済・経営・ビジネス関連の書籍および雑誌を中心に、幅広いジャンルの出版物を発行し、ウェブメディア事業、研修・テスト事業なども展開する総合出版社。「経済雑誌ダイヤモンド」創刊以来、2013年に創業100周年を迎えた。
代表者
石田哲哉(代表取締役社長)
設立年月日
1933-05-25
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
8Picks
日産に迫る固定費地獄、慢心した自動車メーカー7社を「消費蒸発」が襲う - 今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ
Diamond Online
|
日本でも緊急事態宣言が全面解除される方向となり、電機・自動車の二大製造業は生産活動を再開しつつあります。しかし、消費蒸発という本当の危機がやってくるのはこれからです。大減産ショックに耐えうるメーカーはどの程度あるのでしょうか。自動車・電子部品など大手製造業245社を対象に、独自の「コロナ耐久度」ランキングを作成しました。
18Picks
結果を出すビジネスマンがやっている! わかりやすいプレゼン資料をつくる 「グレーアウト」という技術とは? - パワーポイント最速仕事術
Diamond Online
|
ソフトバンク在籍時に、孫正義氏に直接プレゼンをして、何度も「一発OK」を勝ち取ったほか、孫氏のプレゼン資料作成も担当した、前田鎌利氏の著書『パワーポイント最速仕事術』(ダイヤモンド社)から、超実践的な「パワポ術」を紹介します。超多忙ななか、優れたプレゼン資料を「最速」でつくるために磨き上げた「パワポ術」を参考にすれば、プレゼン資料の作成スピードが劇的に上がるに違いありません。
92Picks
ダイヤモンド編集部が人気特集をオンライン講座化!その魅力とは
Udemyメディア
|
[提供:Udemy]ダイヤモンド社によるオンライン講座「あなたのチームの創造力を強くする10のフレームワークと思考法」が開講!講師の長谷川さんとオンラインコース仕掛け人の小松さんにその魅力を伺い...
15Picks
「国立感染症研究所」の人員・予算が、 専門家の警告にもかかわらず 減らされてきた“驚くべき理由” - 中野剛志さんに「MMTっておかしくないですか?」と聞いてみた
Diamond Online
|
MMTによれば、デフレである限り財政支出に制約はなく、適切なインフレ率になるまでは財政赤字を拡大させる必要があるという。しかし、だからと言って、無駄な財政支出をするわけにはいかないのではないか? この問いに対して、中野剛志氏は、防災対策、インフラ老朽化対策、感染症対策、教育投資など、日本の将来のために不可欠な投資はいくらでもあると言う。(構成:ダイヤモンド社 田中泰)
127Picks
『アルゴリズム フェアネス』×『テクノロジー思考』──日本のアルゴリズムを活かした勝ち方とは?
Biz/Zine
|
2020年1月に刊行された『アルゴリズム フェアネス』(尾原和啓著 KADOKAWA)は、GAFAに代表される巨大IT企業の支配が広がる現代社会において、私たちがより自由に生きるための視座を与えてくれる本として注目されている。同書の出版記念として、著者の尾原和啓氏と『テクノロジー思考』(ダイヤモンド社)の著者で投資家の蛯原健氏との対談が行われた。
12Picks
「コロナ経済対策」を誤れば、 日本の“後進国”化がほぼ確定する件について - 中野剛志さんに「MMTっておかしくないですか?」と聞いてみた
Diamond Online
|
日本の“後進国化”が止まらない……。この20年間、デフレからの脱却に失敗し続けてきた結果、1995年には世界全体のGDPの17.5%を占めた日本のGDPは、2015年には5.9%まで低下。このまま放置すれば、確実に“後進国”になると中野剛志氏は危惧する。なぜ、こんなことになったのか? 中野氏に、日本の「政策ミス」を聞いた。(構成:ダイヤモンド社 田中泰)
11Picks
サウナで「ととのう」とき、人の脳と体にはなにが起こっているのか?
ライフハッカー[日本版]
|
『医者が教えるサウナの教科書』(加藤容崇、ダイヤモンド社)の著者によれば、いま日本は空前のサウナブーム。ビジネスエリートと呼ばれる「仕事ができる人」にもサウナ好きが多いといいます。
13Picks
“科学的”ってどういうこと? 怪しい科学をどう見抜く? 分子古生物学者・更科功さんにインタビュー
ニュースイッチ
|
ニュースの内容や誰かの主張を吟味するときのような、世の中の様々な情報や物事と対峙するとき、どのように考えを進めればよいでしょうか? 一つには「科学的に考えてみる」ことが挙げられます。科学者が大切にする物事の考え方とは? 怪しい科学ときちんとした科学の見分け方は? 『若い読者に贈る美しい生物学講義』(2019年、ダイヤモンド社)を書いた分子古生物学者の更科功さんに、物事を考えるときに役に立つか...
87Picks
成績がいい子の共通点? 男の子の学力アップのカギは「ルーティーン化」にあった
Diamond Online
|
開成・麻布・灘・筑波大駒場・渋谷幕張…。東京・吉祥寺の進学塾VAMOSは、「入塾テストなし・先着順」で生徒を選抜しないのに有名難関校に続々合格させると話題の塾だ。男女別カリキュラムを取り入れたロジカルで科学的な学習法は、保護者から圧倒的な支持を集めている。本連載では、VAMOSの学習メソッドが凝縮されたシリーズ累計3万部突破の『男の子の学力の伸ばし方』(ダイヤモンド社)から、子どもの計画・理...
14Picks
アナログ手帳が電子ツールより時間管理に向く「5つの証拠」
Forbes JAPAN
|
「バレット(ビュレット)」、すなわち「箇条書き」をうまく利用したノートのとり方のイロハを説いた書籍『バレットジャーナル 人生を変えるノート術』(ライダー・キャロル著、ダイヤモンド社刊)が昨年から大好評だ。ネット上にも「bulletjourn・・・
24Picks
【書評】『戦略の原理〜独創的なポジショニングが競争優位を生む』(著者:コンスタチノス・マルキデス/ダイヤモンド社)
シェイプウィン株式会社
|
とても迂闊なことに、本書について私はまったく知りませんでした。ビジネス書だけで、毎年5,000点以上が洪水のように出版され、それらのなかで経営やマーケティングに関する戦略論で読むに値する著書に出会うことは極めて限られています。本書は、偶然にも手にしました。独自性、ポジショニング、イノベーションを三位一体とした戦略論をテーマにしている
276Picks
自分だけの視点で「自分なりの答え」を生み出す。VUCA時代のアート思考
ライフハッカー[日本版]
|
学びの世界で「アート思考(Art Thinking)」が見なおされていると指摘するのは、『 13歳からのアート思考』(末永幸歩 著、ダイヤモンド社)の著者。国公立の中学・高校で美術科の教師をしているという人物です。
30Picks
漱石は「I LOVE YOU」を「月が綺麗ですね」 と訳したとか。今のあなたなら何と訳す? - 心をつかむ超言葉術
Diamond Online
|
夏目漱石は「I LOVE YOU 」を「月が綺麗ですね」と訳したという都市伝説がある。  その真偽はさておき、「愛してる」と言わないで「愛してる」を伝える言葉を考えることは、コピーライティングのトレーニングの上でとても役に立つという。  ダイヤモンド社より『コピーライターじゃなくても知っておきたい 心をつかむ超言葉術』を刊行したコピーライターの阿部広太郎氏は、講座の最初にいつもこの課題を用意...
26Picks
デザイン思考で重要なのは「共感」と「拡散思考」!新たな時代の右脳型経営とは?
GLOBIS知見録 最新記事
|
本記事は、あすか会議2019「右脳型経営 ~新たな時代のデザイン経営~」の内容を書き起こしたものです(前編) 松林博文氏(以下、敬称略):まずはそれぞれ5~6分のショートプレゼンを行ったのち、全体で議論していく形にしたいと思います。 イノベーションを起こすには、まずは思考を広げることが大切 まずは私から。私は15年前に『クリエイティブ・シンキング』(ダイヤモンド社)という本を出しまし…………
16Picks
【書評】『ストーリーで伝えるブランド〜シグネチャーストーリーが人々を惹きつける』(著者:デービッド・エーカー/ダイヤモンド社)
シェイプウィン株式会社
|
大御所の最新刊です。「ブランド・エクイティ」というコンセプトを創案し、経営およびマーケティングにおいて、ブランディング(ブランド・マネジメント)による戦略論で世界的に著名なデービッド・アーカーについては、マーケティング関係者であればその名を知らない人はいないでしょう。企業でブランドマネジャーの立場あるいはブランドのPRにたずさわっている
180Picks
企業がすぐに「社員の生産性」を高めることができる2つのワザ
Diamond Online
|
発行部数が8万部を突破し「ホワイトカラーの労働生産性を劇的に向上させる1冊」と大評判の『アウトルック最速仕事術』(ダイヤモンド社)。著者の森新氏によると、アウトルックの導入企業では、エクセルやパワーポイントよりもはるかに多い「年間平均500時間」をアウトルックだけに費やしていという。しかし、その実践的なスキルをまとめた書籍はこれまでなかった。本連載では、大手企業も続々取り入れている「たった9...
85Picks
リバネス丸氏と投資家蛯原氏が注目するディープテック──日本が抱える3つの課題をグローバルなビジネスに
Biz/Zine
|
2019年8月に刊行した『テクノロジー思考 技術の価値を理解するための「現代の教養」』(ダイヤモンド社)が好評な、蛯原健氏による対談シリーズ。今回は大企業の新規事業開発、スタートアップの創業支援、次世代の教育などを幅広く手掛ける株式会社リバネスの代表取締役 グループCEO 丸幸弘氏をゲストに迎えた。  丸氏は近著『ディープテック 世界の未来を切り拓く「眠れる技術」』(尾原和啓氏との共著 日経...
11Picks
韓国で25万部ベストセラー。40歳手前から始める「がんばらない生き方」
ライフハッカー[日本版]
|
『あやうく一生懸命生きるところだった』(ハ・ワン、ダイヤモンド社)は、韓国で25万部ベストセラーとなった人生エッセイ。著者は、40歳を目前にしてやりきれない気持ちが限界に達し、ノー・プランのまま会社を辞めました。
14Picks
あなたはただの「知的バカ」になっていないか? 2020年リスクを背負って生きる“攻め”のすすめ
ダ・ヴィンチニュース
|
ダ・ヴィンチニュースで『身銭を切れ 「リスクを生きる」人だけが知っている人生の本質』(ナシーム・ニコラス・タレブ,望月 衛,千葉 敏生/ダイヤモンド社)のあらすじ・レビュー・感想・発売日・ランキングなど最新情報をチェック!ビジネス,マーケティング,マネジメント,哲学,経営
264Picks
クチコミデータが明かすダメな職場の正体。平成の30年間、勝負を分けたある要素とは
Business Insider Japan
|
平成の30年間で、株価を増やしたベスト10社に共通して高い、あるデータとは何か ——。 『転職の思考法』『天才を殺す凡人』がベストセラーとなった、作家で人材系IT企業の執行役員でもある北野唯我さんは11月28日、『OPENESS職場の空気が結果を決める』(ダイヤモンド社)と『分断を生むエジソン』(講...
LIKE数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ