新着Pick
SPD2MF0WU5FQIONH

株式会社 出前館

夢の街創造委員会株式会社(ゆめのまちそうぞういいんかい、英語: Yume No Machi Souzou Iinkai Co., Ltd.)は、ウェブサイトを介して主に食事などの宅配サービスを行う企業。JASDAQ上場企業。日本最大級の宅配ポータルサイト「出前館」を運営する。 ウィキペディア
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-5
詳細を見る
概要
夢の街創造委員会株式会社は、出前に特化した宅配ポータルサイト出前館を運営、運営発表によるアクティブ会員数は258万人、総店舗数16,175以上(2018年3月末時点)の出店企業から注文できる。2016年7月にはLINEとの業務提携を開始し、LINE上に『出前館 on LINE』を開設。2016年10月からはApple Payの対応も開始している。
代表者
代表取締役社長 藤井 英雄
設立年月日
1999-09-09
従業員数
312 人
上場年月日
2006-06-05
平均年齢
34 歳
平均年収
5,610,000 円
上場市場
東証JASDAQスタンダード,OTCピンクシート
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
269Picks
【赤字7倍】出前館の「勝利のシナリオ」は実現するのか
NewsPicks編集部
|
NewsPicks編集部による番組『デューデリだん!』は、NewsPicksの記者たちが、注目の成長企業を取材し、経営トップにインタビューする過程を可視化する企画です。今夜10時からの配信で取り...
78Picks
元出前館会長が語る「デリバリー大乱戦」の前途
東洋経済オンライン
|
――約20年間携わってきた、出前館の経営の第一線から昨年退きました。同じ人が長いこと(経営を)やり続けるといろいろなしがらみができてしまうので、5年くらい前から後任を探す必要があると考えていた。海外の…
114Picks
大赤字で“株価暴落中”の出前館、これは「良い赤字」か「悪い赤字」か
ITmedia ビジネスオンライン
|
コロナ禍による巣ごもり消費の追い風を受け、急速に対応エリアと店舗を拡大している出前館。しかし、25日に発表された出前館の決算は惨憺(さんたん)たる結果として市場に受け入れられた。コロナ禍を経て赤字が7倍以上も膨らんだことになる。
815Picks
【3分解説】出前館の赤字が拡大。熾烈なフードデリバリー競争
NewsPicks編集部
|
フードデリバリー企業による、市場シェア獲得を重視する「赤字競争」が激化している。国内大手の出前館が6月25日に発表した最新決算は、衝撃的な内容だった。売り上げが2.7倍に急成長した一方で、赤字幅...
53Picks
Uber Eats、出前館、menu「お得」で便利な食事宅配サービスを徹底調査
Diamond Online
|
コロナ禍の影響もあり、ここ数年で国内外問わず多くのデリバリーサービスが日本市場で勃興。競争によりその便利さは日に日に増しています。いちユーザーとしては喜ばしいことですが、このデリバリー戦国時代で自分にあったサービスを見つけ出すのが難しくなってきているのも事実。そこで今回は、さまざまなフードデリバリーサービスの詳細やクーポン、使いやすさの違いなどについてご紹介します。
16Picks
テイクアウト&デリバリー“最強の容器”開発最前線こぼれない、家で出来立て料理
ビジネスジャーナル
|
緊急事態宣言による営業自粛などで外食産業の苦境は続いている。飲食店は多くの感染防止対策を施しており、自らの力で光明を見いだそうと行動を起こしている。シェアリングデリバリー業界の大手、出前館が3月に発表した2021年8月期第2四半期(20年9月~21年2月)によると、店舗数は前年比...
113Picks
出前館、銀行や信用金庫と提携 地元飲食事業者向けの支援を開始
ITmedia ビジネスオンライン
|
出前サービスを提供する出前館は、銀行や信用金庫と業務提携を締結したことを発表した。飲食事業者と強固な関係にある地銀、信用金庫に、出前館を紹介してもらうことによるビジネスマッチングを目的としている。
146Picks
「ニンジンなしで走らされる」日本のウーバーイーツで報酬引き下げの知られざる背景
Business Insider Japan
|
コロナ禍の在宅需要でフードデリバリーサービスが急成長している。データ分析企業のヴァリューズによると、ウーバーイーツ、出前館、menuなど大手5社の利用者は2020年1月に294万人だったが、2021年1月は902万人と3倍に増加した。 だが、その33都道府県におよぶウーバーイーツのサービスを支える配...
139Picks
出前館、売上高2.7倍も赤字拡大 先行投資がかさみ、減損計上
ITmedia ビジネスオンライン
|
出前館の2021年8月期第2四半期(20年9月~21年2月)連結決算は、売上高が前年同期比2.7倍の104億円、営業損益が83億円の赤字(前年同期は9億8000万円の赤字)、純損益は96億円の赤字(同9億円の赤字)だった。
102Picks
UberEATSだけじゃない「フードデリバリー」新興5サービスを試してみた
bizSPA!フレッシュ
|
定番のウーバーイーツや出前館以外にも、さまざまなフードデリバリーサービスが登場している。今回は「menu」「Chompy」「wolt」「フードネコ」「fine Dine」の新興5サービスを実際に利用し、使い勝手をチェックした(※以下、情報
234Picks
「出前館」が進める“雇用シェア”の実情ある明太子メーカーでは社員をデリバリー担当に
Business Insider Japan
|
新型コロナによる業績悪化で、余剰人員を抱えている企業の社員を、業種問わずフードデリバリーの配達員として雇う取り組みを「出前館」が2021年1月から始めている。 もともとの会社で社員としての籍を置きながら、出前館から業務委託を受け、出前館から会社に報酬が支払われる仕組み。 出前館ではこれまでも、飲食業...
1290Picks
【グラフ解説】フードデリバリーの「赤字競争」がはじまった
NewsPicks編集部
|
コロナをきっかけに急成長する国内のフードデリバリー業界で、シェア獲得競争が激化している。ライドシェア大手の米ウーバーテクノロジーズが手がける「Uber Eats」や、LINEが買収した出前館だけ...
21Picks
「フードデリバリーは高い」は本当?手数料がかかっても、ウーバーイーツや出前館が使われる「納得の理由」
Business Insider Japan
|
営業時間の短縮や3密の回避など、コロナ禍で苦境のさなかにある飲食店の“救いの神”的な役割を果たして注目を浴びているのが、フードデリバリーサービスだ。 その代表格ともいえるのが「ウーバーイーツ(Uber Eats)」。東京の街中ではいまや、大きな四角いバックを背負って自転車に乗る配達員の姿を見ない日は...
822Picks
【社長激白】LINE=出前館が「Uberの逆」を狙う理由
NewsPicks編集部
|
シリコンバレー発のフードデリバリーアプリ「Uber Eats(ウーバーイーツ)」とともに、日本の業界をけん引するのが、出前館(本社:大阪市)だ。出前館は1999年の創業で、電話が主流だった出前の...
163Picks
出前館は「手数料競争には乗らない」--藤井社長に聞く2021年のフードデリバリー戦略
CNET Japan
|
出前館にとって2020年は、LINEへのグループ入りやコロナ禍における加盟店の急増など、大きな転換点の年となった。しかし、水面下では、2021年以降の飛躍に向けたさまざまな準備期間でもあったという。LINE傘下後の変化やUber Eatsとの棲み分け、「フードデリバリー日常化」に向けた2021年の取り組みなどについて、出前館 代表取締役CEOの藤井英雄氏に聞いた。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ