新着Pick
SPD2JET1Y4PTRBKY

Intel Corp

インテル(英語: Intel Corporation)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州に本社を置く半導体素子メーカーである。 ウィキペディア
2200 Mission College Boulevard Santa Clara California United States
+1 408 765-8080
詳細を見る
概要
主にマイクロプロセッサ、チップセット、フラッシュメモリなどの設計開発・製造・販売を手掛けている。主な製品にIA-32(Pentiumシリーズなど。8086シリーズの流れをくむアーキテクチャ)、IA-64(Itaniumなど)、Intel 64などのCPU(マイクロプロセッサ)があり、パーソナルコンピュータではPC/AT互換機やアップルのMacintosh(ただし、アップルは徐々に自社開発のプロセッサに切り替えると発表している。)に使われているほか、ワークステーションやサーバー、データセンター、モバイルデバイス向けの製品も扱っている。1990年代末からは多方面のコンピュータ関連ハードウェア事業に展開している。アクセラレーター系プロセッサーに関しては、主にCPU統合型GPU (iGPU) およびXeon Phiと呼ばれるMIC (Many Integrated Core) を手掛けている。1992年以降から現在に至るまで、世界第1位の半導体メーカーとして君臨し続け、特に世界のPC向けCPU市場2020年現在60%近いシェアを維持している。

海外事務所は50ヵ国以上、製造・研究拠点は8ヵ国17拠点にある。特にイスラエルの拠点は大きく、2007年現在で7000人の従業員を擁している。

また、カリフォルニア州サンノゼ市にある半導体製造工場には、インテルの歴史を紹介するインテル博物館が併設されている。

日本法人(インテル株式会社)は、東京都千代田区(東京本社)に本社を置く。1971年に渋谷区に設置された米国法人の日本支社が前身である。その後、1976年4月28日に世田谷区にインテルジャパン株式会社が設立され、1997年2月1日に現在の商号に変更した。1981年に設立されて本社機能を持っていたつくばオフィスは2016年12月に閉鎖し、業務は1990年から二本社制の片翼を担っていた東京に移管された。
代表者
Omar S. Ishrak (Chairman),Patrick P. Gelsinger (Chief Executive Officer)
設立年月日
1989
従業員数
110,600 人
上場年月日
1971-10-13
上場市場
ナスダック,イタリア取引所,ウィーン証券取引所,サンティアゴ証券取引所,サンパウロ証券取引所,スイス証券取引所,デュッセルドルフ証券取引所,ハノーバー証券取引所,ハンブルグ証券取引所,フランクフルト証券取引所,ブリュッセル証券取引所,ミュンヘン証券取引所,メキシコ証券取引所,モスクワ証券取引所,ロンドンインターナショナル市場,香港証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
45Picks
インテル、自動車向け半導体生産で協議 6─9カ月以内に=CEO
Reuters
|
[12日 ロイター] - 米インテルは、自動車業界の半導体不足問題を受け、同業界向けに半導体を生産するための協議を行っている。パット・ゲルシンガー最高経営責任者(CEO)が12日、ロイターに明らかにした。
438Picks
エヌビディア、アームをベースにしたCPUを投入へ-インテルを猛追
Bloomberg.com
|
米半導体メーカー、エヌビディアは12日、同社初となるサーバーマイクロプロセッサーの投入を明らかにした。米インテルにとって最も収益性の高い市場にさらに食い込み、同社を猛追する。このニュースを受け、米株式市場でインテルの株価が下落、一時5.2%下げた。一方、エヌビディアは一時6%余り上昇した。
51Picks
インテルの「ヘイトスピーチを排除するAI」が物議を醸す理由
Forbes JAPAN
|
インテルは先月、ゲームの利用者たちがゲーム内で耳にする様々な種類のヘイトスピーチを検閲するAI(人工知能)プログラム「Bleep」をリリースすると発表した。しかし、このソフトは、ゲーマーがヘイトスピーチの出現頻度をスライドバーで選択可能にな・・・
577Picks
【3分解説】GAFAも歓迎する巨額投資「インテルの野望」
NewsPicks編集部
|
世界最大手の半導体メーカー・米インテルが、2兆円規模(約200億ドル)の大型投資を決めた。投資内容は、これまでやってきた自社ブランド製品の事業だけでなく、他社ブランド製品の製造請負(ファウンドリ...
48Picks
インテルはもうTSMCに勝てない?半導体・MEMS市場の行方を東北大 田中教授が解説
ビジネス+IT
|
半導体技術を生かしたMEMS(微小電子機械システム)の権威である、東北大学 大学院工学研究科 田中 秀治教授。同氏は登壇したイベントで、「インテルとTSMCの製造技術の差は開くばかり」だと述べた。半導体業界の“王者”インテルと、最大手の半導体受託工場であるTSMC。両者の現在地とは?また、同氏が指摘する「ファブレスモデルの落とし穴」とは何か。半導体・MEMSの最新動向から国内製造業復活への提...
123Picks
英アーム、10年ぶりの大幅技術刷新を発表-インテルに照準
Bloomberg
|
半導体設計の英アームは30日、プロセッサーの最新アーキテクチャー「Armv9」を発表した。約10年ぶりの大幅な技術刷新で、半導体メーカー最大手の米インテルが現在支配する市場を照準に定めた。
28Picks
NTTが挑む壮大な次世代通信インフラ構想「IOWN」は世界で主導権を握れるか?
@DIME アットダイム
|
急速に進歩してきた半導体とネットワークの限界が見え始めた。インテル創業者の一人であるゴードン・ムーア氏は、1965年に発表した論文で「半導体の集積率は18か月で2倍になる」と唱えた。後に「ムーアの法則」...
326Picks
米インテル、半導体生産の大規模投資を発表-TSMCと直接競争へ
Bloomberg.com
|
米インテルは23日、新たな工場の建設で大規模な投資を行い、他社向けに半導体を製造するファウンドリー(受託生産)事業に乗り出す計画を明らかにした。半導体製造でリーダー的地位を取り戻すことを目指している。発表を受け、インテルの株価は一時約6%上昇した。
26Picks
“2兆円工場”で攻めるインテルが半導体業界を「激震」させた理由地政学的リスクは次のトレンドか
Business Insider Japan
|
世界最大の半導体メーカー、インテルが3月23日に発表した新経営戦略は、半導体業界の多くの関係者に驚きをもって迎えられた。 インテルが発表した新しいビジネスモデル「IDM 2.0」は、同社の従来のビジネスモデル「IDM」(Integrated Device Manufacturer、垂直統合型半導体製...
21Picks
「自転車界のインテル」を生んだ日本で、なぜ配達員に“批判の声”が出ているのか
ITmedia ビジネスオンライン
|
自転車の部品を開発している「シマノ」が、海外で称賛されていることをご存じだろうか。世界のスポーツ自転車向け部品のシェアは85%で、その高い技術力から「自転車界のインテル」と呼ばれている。そんな企業を生んだ国で、「自転車ヘイト」が起きている。なぜかというと。
13Picks
インテル、「MacにできないことがPCにできる」キャンペーンを展開
Engadget 日本版
|
Apple 先日インテルが第11世代Core i7がアップルのM1チップに優るとするベンチマークを発表していましたが、それに続いて「(インテル製チップ内蔵の)PCはMacに出来ないことができる」と主張する広告キャンペーンが展開されています。 複数がTwitter上で展開されているインテル広告の共通点は、「M1 Macにないもの」を強調していることです。たとえば3日に投稿されたものは、Macに...
48Picks
米インテル次期CEO、従来の製造維持にコミット-株価下落
Bloomberg.com
|
米インテルのパット・ゲルシンガー次期最高経営責任者(CEO)は21日、半導体製造でのリーダー的地位の奪回を目指す考えを示した。一部の投資家からは製造事業を売却すべきだと声が高まっていた。
57Picks
インテル、クラブ名やエンブレムを変更!創設113年目に大改革
Qoly
|
イタリアが誇る世界的クラブ、インテルは今年3月9日で創設113年を迎える。 『Gazzetta de...
132Picks
米インテル、CEO交代 後任は元幹部、変革加速へ
共同通信
|
米インテル、CEO交代 【ニューヨーク共同】米半導体大手インテルは13日、ロバート・スワン最高経営責任者(CEO)の後任とし...
76Picks
インテル、台湾TSMCにグラフィックス半導体製造委託=関係筋
Reuters
|
[12日 ロイター] - 米インテルは第2世代のパソコン用ディスクリート・グラフィックスチップ「DG2」の製造を台湾積体電路製造(TSMC)に委託することを計画している。関係者2人がロイターに述べた。
21Picks
インテル、一部チップ製造の外注をTSMCやサムスンと協議したとの噂
Engadget 日本版
|
Intel 先日インテルは“もの言う株主”にAppleシリコンやAMDからの脅威に対応して「即時行動」を取るよう促されていましたが、一部半導体の製造をアウトソーシング(外注)することを台湾TSMCやサムスンと協議したとの噂が報じられています。 米Bloomberg記事によると、インテルはチップ生産事業の将来についてまだ決定を下していないとのこと。「自社の生産能力の土壇場での改善に期待を持って...
15Picks
元インテルの著名チップ設計者ジム・ケラー氏がAIチップのスタートアップCTOに
ZDNet Japan
|
トロントに本社を構えるAIチップのスタートアップTenstorrentは、伝説的なチップ設計者のジム・ケラー氏を最高技術責任者(CTO)に迎えたことを発表した。
152Picks
米サード・ポイント、インテルに事業見直し要求
Reuters
|
[29日 ロイター] - アクティビスト(物言う株主)として知られる米ヘッジファンドのサード・ポイントが米半導体大手インテルに戦略上の選択肢を模索するよう求めたことが、ロイターが確認した書簡で分かった。半導体の設計と製造の双方を手掛けることが適切かどうかなど見直しを求めている。
1948Picks
【秘伝】世界で勝ち続ける「黒子経営」5つの学び
NewsPicks編集部
|
インテルやサムスン、TSMCといったグローバルトップの半導体メーカーに欠かせない黒子企業が日本には数多く存在する。それを代表する1社が東京エレクトロンだ。同社の河合社長に、日本企業の勝ち筋に迫る。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ