新着Pick
SPD17BF5V3KVS67G

株式会社 ユーグレナ

株式会社ユーグレナ (英語: euglena Co.,Ltd.) は、東京都港区に本社を置くバイオベンチャー。藻の一種であるミドリムシ(学名:ユーグレナ)を中心とした微細藻類に関する研究開発及び生産管理、品質管理、販売等を展開している。 ウィキペディア
東京都港区芝5-29-11 G-BASE田町
03-3453-4907
詳細を見る
代表者
代表取締役社長 出雲 充
設立年月日
2005-08-09
従業員数
357 人
上場年月日
2012-12-20
平均年齢
39 歳
平均年収
6,143,000 円
上場市場
東証1部,OTCピンクシート,ミュンヘン証券取引所
サマリー
チャート
ニュース
コメント
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
137Picks
「第5次産業革命はバイオからやってくる」生命の限界を超える合成生物学
Business Insider Japan
|
人工クモ糸を合成し繊維へと加工する技術で有名な国内ユニコーンのスパイバーに、ミドリムシからバイオ燃料を作るユーグレナ。 こういった注目の国内ベンチャーに共通している要素は、何だと思いますか? これらの企業はみな「バイオ技術」を基盤技術としています。 実は今、このように産業の現場でも重宝されているバイ...
12Picks
藻類が大活躍!循環型社会への転換に商機あり
ニュースイッチ
|
国連の持続可能な開発目標(SDGs)の達成が世界的な社会課題となる今、循環型社会への転換を図ろうとする取り組みが加速する。有限な資源を循環させながら利用していく社会で、環境保全に大きく貢献する。中でも、成長が速く培養しやすい藻類が有望視されており、二酸化炭素(CO2)を資源として有効活用する「カーボンリサイクル」の観点からも早期の商用化が期待される。(門脇花梨) 3社の取り組み 【ユーグレナ...
10Picks
バイオ燃料で日本牽引 ユーグレナが民間機フライトを実現
Forbes JAPAN
|
脱炭素社会に向け、二酸化炭素の排出量削減は待ったなしだ。国土交通省によると、国内の総排出量の18.5%が運輸部門であり、うち5%は航空輸送であるという。自動車に比べると環境負荷は軽微なものの、鉄道では約4%と、ほぼ同等だ。国内大手は環境対策・・・
19Picks
「まだミドリムシを使う気はない」ユーグレナ、バイオ燃料事業の本質
Business Insider Japan
|
「テックベンチャーが打ち破らなければならない壁として、物理的達成の壁があります。ただ、社会実装するには物理的達成とは関係なくいくつか別の壁があると思っています。今回、それを乗り越えられたということは、とても大きなことだと思います」 バイオベンチャー・ユーグレナの永田暁彦副社長はBusiness In...
10Picks
ミドリムシ空を飛ぶ。ユーグレナ、バイオジェット燃料で初飛行
Business Insider Japan
|
6月4日、17時頃、愛知県にある中部国際空港に1機の飛行機が着陸した。 バイオベンチャー・ユーグレナが研究開発を続けていた、微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)を原料の一部として作られたバイオジェット燃料を搭載した飛行機が、初めてのフライトを成功させた瞬間だ。 この成功によって、「ミドリムシで空を...
19Picks
ユーグレナ社のバイオ燃料を使用した初フライト実現!国土交通省が保有・運用する飛行検査機において、バイオジェット燃料を導入したフライト・飛行検査業務を実施
プレスリリース・ニュースリリース配信シェアNo.1|PR TIMES
|
株式会社ユーグレナのプレスリリース(2021年6月4日 18時00分)ユーグレナ社のバイオ燃料を使用した初フライト実現!国土交通省が保有・運用する飛行検査機において、バイオジェット燃料を導入したフライト・飛行検査業務を実施
588Picks
バイオ燃料を「完成」したユーグレナが明かさない3つの秘密
NewsPicks編集部
|
3月15日、ユーグレナ(本社・東京都港区)が2021年中にバイオジェット燃料の供給を開始すると発表した。ユーグレナは2010年からおよそ10年をかけて、バイオ燃料の開発に取り組んできたが、ジェッ...
667Picks
【図解】脱炭素の鍵となる「バイオ燃料」の現在地
NewsPicks編集部
|
ユーグレナが「ミドリムシを原料としたバイオジェット燃料を完成させた」と発表。バイオ燃料とは何か。なぜ「藻」がこれほどまでに注目されるのか。その背景を一から図解する。
120Picks
給油所でバイオ燃料を販売 ユーグレナ、3日間限定
共同通信
|
給油所でバイオ燃料を販売 バイオベンチャー企業のユーグレナは9日、藻類のミドリムシと使用済みの食用油から作ったバイオディーゼル...
464Picks
環境を無視できない時代の「ユーグレナ」の可能性
経済成長か、地球環境維持か。長年、世界はこの相反する重要事項の選択を迫られてきた。持続可能な社会のために、環境維持の取り組みが欠かせないのはわかっている。しかし、従来のやり方で環境維持を優先する...
14Picks
ミドリムシが原料のバイオ燃料をバイオベンチャーのユーグレナが販売 次世代エネルギー事業の今後は
FNNプライムオンライン
|
一般向けに発売ミドリムシを原料の一部にした燃料が、初めて一般向けに発売。 西村昌樹記者:こちらのミド...
125Picks
エプソン、ユーグレナ、NECがバイオマスプラスチック推進でコンソーシアム設立。2030年までに20万トン供給へ
Business Insider Japan
|
セイコーエプソン、ユーグレナ、NECは3月29日、バイオマスプラスチックの技術開発を進めるために、「パラレジンジャパンコンソーシアム」の設立を発表した。 3社は今後、コンソーシアムに参画した10社・団体(記事末に記載)とともに、ミドリムシが貯蔵する多糖・パラミロンを活用したバイオプラスチック「パラレ...
513Picks
ユーグレナ、バイオジェット燃料「完成」を発表 年内に商業フライト実現へ
Business Insider Japan
|
ミドリムシを利用したバイオ燃料の製造などを手がけるユーグレナは3月15日、神奈川県横浜市に保有しているバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントで、米国材料試験協会が定めた国際規格である「ASTM D7566 Annex6 規格」(以下、ASTM規格)に対応したミドリムシ由来のバイオジェット燃料...
86Picks
資本主義経済が崩壊したら“IT”だけじゃ食べられない持続可能な社会に欠かせない「農業」 出雲充
PHPオンライン衆知|PHP研究所
|
株式会社ユーグレナ社長の出雲充氏は、“農業”こそ持続可能な社会の主産業になると解説する。しかし、現在伸びているIT産業とは対極にある中で、農業が主力となるにはどのような変化が社会に必要なのか。
34Picks
ウイルスとの戦いに終わりはない。人類は常に「ウィズウイルス(withウイルス)」-2021年 知っておくべき生命科学①
Sustainable Times
|
遺伝子解析サービスを提供する株式会社ジーンクエスト社長兼株式会社ユーグレナ執行役員の高橋祥子は、彼女自身がゲノムや生命の仕組みについて研究する生命科学者でもある。2021年のいま、知っておくべき生命科学の最新情報とは。また、ウィズコロナ(
800Picks
【図解】ユーグレナの黒字化は「あの事業」にかかっている
NewsPicks編集部
|
ミドリムシで世界を救うことを目指すユーグレナ。赤字が続く中で、健康食品・化粧品メーカーから脱却することができるのか。11月13日に発表された通期決算から見えてきた現状をスライドで図解する。
いいね数
:
指定無し
期間
:
指定無し
ソート順
:
おすすめ