ワカモノ消費の今(ゲスト:奈木れい氏・ハヤカワ五味氏)
これから消費の主役となっていく “ミレニアル世代”、 “Z世代”と呼ばれるワカモノたち。
物欲がない、お金を使わないと言われるワカモノ世代は、どのようにして欲しいものと出会い、消費しているのだろうか。
内容の確認をお願いします。
キャンセルポリシー確認
キャンセル期限
7月18日 PM7:00

キャンセル期限までにキャンセルをすれば、参加チケットがすべて返却されます。

期限を超えたキャンセルはいかなる理由においても受け付けておりません。

直前のキャンセルが度重なる場合は、サービス向上のため、事前確認のご連絡をすることがございます。

募集人数
67/定員80
 
必要なチケット
2
※ 不足チケットは、参加申込画面から購入頂けます。
 
保有チケット
 
参加の申し込みは締め切りました
キャンセル待ちの申し込みになります
キャンセルが発生した場合に、自動で確定します。
7月18日 PM7:00までに空き枠が出なければ、チケットは返却されます。
キャンセル期限が過ぎています
申し込み後にキャンセルすることができません。
利用規約
費用明細
保有チケット
枚利用
不足チケット
枚購入
支払金額

※アカデミアプラン(月額5000円)にお申し込みいただくと、本イベントに参加できるほか、動画、書籍、雑誌などのコンテンツもお楽しみいただけます。詳細はこちらをご覧ください。

登壇者
イベント詳細
これから消費の主役となっていく “ミレニアル世代”、 “Z世代”と呼ばれるワカモノたち。
物欲がない、お金を使わないと言われるワカモノ世代は、どのようにして欲しいものと出会い、消費しているのだろうか。
今回は電通若者研究部研究員の奈木れい氏と、自身もZ世代代表として発信し、ワカモノ向けにブランドを展開するハヤカワ五味氏を迎え、これからのワカモノ消費について学んでいく。

▼当日の流れ

①アイスブレイクディスカッション
「今、ワカモノに一番流行っているものはなにか?」

②ワカモノ文化の変遷(奈木れい氏)
─Q&A
③体験としての店舗コミュニケーション(ハヤカワ五味氏)
─Q&A

④「ワカモノ消費のこれから」(奈木れい氏×ハヤカワ五味氏)
─商品や情報との接点はどう変わる?
─ワカモノが「ダサい」と感じる施策
─「モノよりコト」の本当の意味

▼参加を通して得られること
・消費者の変化を察知する視点
・ワカモノに対するマーケティングのヒント

▼こんな人におすすめ
・小売業に従事する人
・マーケティングや広告、PRを担っている人
・若者向けの商品やサービスを作っている人

奈木れい(なぎ・れい)/電通若者研究部 研究員
1989年、東京都生まれ。電通若者研究部(通称:電通ワカモン)研究員。2016年7月には若者のインサイト研究を生かし「若者離れ-電通が考える未来のためのコミュニケーション術-」を出版。若者と同じ目線に立って社会と未来を考えることを軸に、商品開発やブランディング、新規事業開発、大学での授業開発など多様な作業に携わる。近年では2020年に関連した若者のコミュニティの企画・開発を推進。

ハヤカワ五味(はやかわ・ごみ)/株式会社ウツワ 代表取締役
1995生まれの22歳。東京出身、多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。課題解決型アパレルブランドを運営する株式会社ウツワ代表取締役社長。 高校1年生の頃からアクセサリー類の製作を始め、プリントタイツ類のデザイン、販売を受験の傍ら行う。大学入学直後にワンピース等の《GOMI HAYAKAWA》、2014年8月には妹ブランドにあたるランジェリーブランド《feast》2017年10月にはワンピースブランド《ダブルチャカ》を立ち上げ、主にEコマースを主として販売を続ける。複数回に渡るポップアップショップの後、2018年にはラフォーレ原宿に常設直営店舗《LAVISHOP》を出店。

※当日は18:30開場、19:00開演になります。会場は混雑が予想されますので、お早めにお越しください。
※会場の都合により、20:00以降にお越しの場合はご案内致しかねます。予めご了承ください。