Picks
159フォロー
9668フォロワー
「出生率」去年1.34 5年連続で前年下回る 「出生数」は最少に
NHKニュース
宮路 秀作地理講師&コラムニスト
「1人の女性が産む子どもの数の指標となる」と書いてあるので、「出生率」ではなく「合計特殊出生率」のことですよね。 例え合計特殊出生率が上昇したとしても、そもそも親となる女性が世代を経るごとに少なくなっているわけですから、少子高齢化の著しい改善にはなりません。人口置換水準2.1程度をそれなりの年月続けていかなければ、今の日本の少子高齢化問題は解決しないわけです。 また、完結出生児数(夫婦の最終的な平均出生子供数)も減少傾向にあるものの、2015年統計で1.94あります。つまり結婚した女性は2人程度の子供を産んでくださっているようですので、日本の少子化は未婚女性が増えていることも背景要因となっているようです。 やはり「産む」と「育てる」は別ものであるという意識で社会を作り替えていかなければ、なかなか少子高齢化問題は解決しようもありません。高齢化は少子化によって発生するものなので、まずは少子化対策に本腰をいれないと、この状況は続くと思います。 子供を増やすことが利点となるような政策を進め、そして育てやすい環境整備が必要です。そのための消費税増税だったら、喜んで受け入れますけどね。
553Picks
NORMAL