Picks
355フォロー
39220フォロワー
「ブレードランナー」な暗黒未来を迎えるのか、豊かな「風の谷」を創るのか
「ブレードランナー」な暗黒未来を迎えるのか、豊かな「風の谷」を創るのか
柴沼 俊一シグマクシス マネージングディレクター
柴沼です。 現在、Future Society 22というデジタル化を経た未来社会を考えるサイトを立ち上げています。 http://www.future-society22.org/ 今回の対談の相手は、ヤフー株式会社チーフストラテジーオフィサーの、安宅和人さんです。安宅さんは、マッキンゼー時代の私の「師匠」。この対談は安宅さんの本気度をビンビンに感じるものでした。 「未来の社会はどうなるのか」ではなく、「我々はどういう世界を創りたいのか」。我々の意志を問う時が来ています。 今、技術は、下記の3つの点で大きく変化しています。 ①情報処理・利活用進化は、人間しか出来なかったことが、ロボットでも出来るようになる ②分子マシーンの設計と合成により、見えるスケールから見えないスケールのものづくりが可能になる ③生命の遺伝情報がデジタルであり、生命がデジタル信号をアナログ化するD to Aコンバーターという認識のもと、人間の遺伝子情報が編集できるようになってきている となると、事業は、見えるもののバリューチェーン(=実数軸)と見えないバリューチェーン(=虚数軸)を同時に扱うことが必須になります。 そして、見えない世界が急速に広がりつつある中、私たちは「ブレードランナー的な都市集中型のディストピア」、「人がもっと技術の力を活用し、自然と共存し、豊かに生きられる社会」の分岐点に立っています。 対談の中でも語られていますが、安宅さん発起人で、今「風の谷プロジェクト」が立ち上がっています。人がもっと技術の力を活用し、自然と共存し、豊かに生きられる社会に向けた試み。私も微力ながらお手伝いしていくつもりです。 我々はどういう世界を創りたいのか?考えながら、ぜひ、ご一読ください。 代表幹事 柴沼俊一
152Picks
デジタルで変わる「人」と「企業」、そして「価値創造のカタチ」
柴沼 俊一シグマクシス マネージングディレクター
ピッカーの皆様 ご無沙汰しております。柴沼です。 仕事でバタバタしており、しばらくRead Onlyになっておりました~。 今回は、当社シグマクシスのAI&アナリティクスチームの溝畑ディレクターと、世の中を変えるテクノロジー「データアナリティクス」、「デジタルソーシング」、「エッジコンピューティング」に関し、対談しました。 AI・機械が人間を超える日が来ると言われますが、人間がAI・機械を使い倒すことで、人間が主体となる圧倒的に豊かな世界を創りだせると、僕たちは信じています。 で、今回はせっかくのジョブオファーのセクション記事なので、改めてシグマクシスの紹介もさせてください。 弊社は2008年に創業。お客様のクロスパートナーとして、戦略・プロセス・システム構築及びラピッドビジネス開発を提供してきました。 2013年12月に東証マザーズ上場後は、クライアント企業とのJVを積極的に設立するなど、マネジメント派遣・営業開拓・サービス開発などを通じ、事業運営にもコミットしてきています。また、元々持つテクノロジー&デジタル領域での強みを更に活かす事業へと進化してきています。 様々なデジタルソリューションやビジネススキームを組み合わせ、圧倒的な価値を提供するアグリゲーター集団になることを目指し、日々進化中です。 ご関心のある方、お待ちしています。 そして、これからも隙間を縫ってピックしますので、引き続きよろしくお願いします!
195Picks
NORMAL