Picks
41フォロー
1104フォロワー
アドビ、新しい3D制作ツールセット「Substance 3D Collection」発表
CNET Japan
重松 健Laguarda.Low Architects 共同代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
これからの都市と建築
NewsPicks Studios
重松 健Laguarda.Low Architects 共同代表
藤原さんの言う算数で成り立つ開発は、更に因数分解すると床面積に頼った開発であって、床の呪縛から逃れられない不動産ビジネスは経済的にも危険だと思います。今後はより床以外にどう付加価値を生むかが都市も建築も肝になるかと思います。 また海外に比べて日本の発注はカッチり決まり過ぎているという印象も同感です。今後より未来予測がし難い時代において、竣工の何年も前に様々な要素をカッチり決め過ぎることは逆にリスクを背負うことにもなり、更に言えば竣工後も変化し続けられる「余白」をつくることが大事かと思います。 公共空間の約束事も、何でもかんでもカッチり決めるのではなく、敢えて「グレーゾーン」をつくることが、都市の魅力になるのだと思います。 石上さんの仰るように、日本の都市は幾何学的でなく地形でできていて、例えば渋谷を見れば、坂道の地形合わせて細かく分かれた各地区がそれぞれ独自の個性を持っていて、その曖昧な境界線に多くのグレーゾーンがあり、その集合体として渋谷の魅力があるのだと思います。そのグレーゾーンを綺麗に整理してしまうと、あの魅力は出なくなるのだと思います。 それにしても石上さんの焼き杉は凄く興味深いアイデアですね。是非見にいきたいと思います。
110Picks
【完全版】ぜったいわかるSPAC
NewsPicks編集部
重松 健Laguarda.Low Architects 共同代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3611Picks
【超図解】物流をつかさどる、魅惑の「コンテナ」の世界
NewsPicks編集部
重松 健Laguarda.Low Architects 共同代表
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1463Picks
NORMAL