Picks
1フォロー
771フォロワー
三菱UFJと三井住友、ATM共同運営へ…手数料引き下げの可能性も?
読売新聞
【解説】ESG時代の必須戦略、「ルールメイキング」とは
NewsPicks編集部
山岡 浩巳フューチャー株式会社 取締役・フューチャー経済金融所長
「国際的なルールメイキングへの関与が決定的に重要」というのは、金融の世界ではバーゼル規制の1980年代末からそうだったと思います。(その後の金融規制は海外発のものが殆どです。ESGもそうなるでしょうね。)その過程で感じたことをいくつか。 まず、国際的なルールメイキングでは、「議長を取る」「事務局を取る」ことが決定的に重要と感じました。今の国際的ルールメイキングでは、最低単位が「G20」になりつつあり、席上に何十人も並ぶ中で、平場で意見を言っても、(本人はいかに良い発言をしたと思っていても、)実際にはあまり聞かれていないと思った方が良いと思います。結局、議長案・事務局案の段階で大筋が出来上がっており、その起草プロセスに関わらないと、どうしようもありません。実際、海外諸国の議長ポスト争奪戦は、相当激しいです。 また、ルールメイキング母体には、極力、設立の早期から関わった方が有利と思います。(創設メンバーになれればベスト。)後から加わるほど、ポスト獲得やコンテンツへの関与が難しくなります。 さらに、日本の国内体制を国際的ルールメイキング合戦に対応できるものにしていくことも必要と思います。国際的検討主体でのプレゼンスを確保するには、当該分野で5年、10年とキャリアを積み、人脈を形成している人々が絶対的に有利です。この点、「原則2年で交代」という日本の伝統的な官僚人事ローテーションは、どうしても不利に働きます。これを打破する取り組みにも期待したいと思います。
612Picks
ビットコインの電力消費量はグーグルの10倍 環境への影響は?
AFP
山岡 浩巳フューチャー株式会社 取締役・フューチャー経済金融所長
ビットコインはいずれとんでもなく電力を食うぞ、という環境とのコンフリクトの問題は、初期から中央銀行や規制監督当局で議論され続けてきており、オランダ中央銀行エコノミストの分析などは有名です。国際決済銀行(BIS)のカーステンス総支配人も2018年、ビットコインの環境への影響に焦点を当てた有名な講演を行っています。 この問題は結局、「信頼のコスト」に帰着します。既存の法律や制度、徴税権などに頼らずに信頼を構築しようとすれば相当なコストがかかるわけで、金の場合は物理的な採掘(マイニング)、ビットコインの場合は電力消費になるわけです。金を探して皆で地球を掘り返すのがあまり生産的とは思われないように、ビットコインを目当てに電力を使いまくるのが生産的か、という話になり、結局、既存の通貨がきちんと信頼を確保するのが、地球全体で見れば最も安上がりでもあるよね、という議論に帰結します。 もちろん、ブロックチェーンは魅力的な技術ですが、これが支払決済手段に使われるスキームは、ビットコインとは違ったものになるだろうと感じます。 なお、記事でも一部触れられていますが、ビットコインについて当初から指摘されていたもう一つの問題は、マイニングパワーの寡占化です(いわゆる「51%問題」)。この文脈の中で、特定国へのマイナーの集中をどう考えるか、という論点もあります。
354Picks
NORMAL