Picks
1フォロー
8フォロワー
ローソン 中国展開を強化 2025年度末までに1万店 拡大する方針
NHKニュース
徐 向東CM-RC.COM株式会社中国市場戦略研究所 代表
上海現地オフィスの1Fにローソンがある。出張時にいつも使っている。朝、ビル内に通勤にくる若者でいつも列と作っている。上海のローソン、ファミリーマートとセブンイレブンは、中国ローカルブランドのコンビニより、やはり店内のきれいさや、仕入れた商品の良さ、さらに店員さんの態度(サービス)はいずれもレベルが上だ。その中で、ローソンはさらに突出している。間違いなく日本の仕組みやサービスの移転や導入を一生懸命やっているであろう。ただし、日本より普及度の大きいフードデリバリー、さらにアリババ傘下の盒馬鮮生(フーマー)のような、宅配サービスとスーパーを融合した新しい業態(ニューリテール)もどんどん成長している。こうしたニューリテールは、AIも積極的に活用しており、中国ならではの独自の進化を遂げて成長している。ローカルコンビニは、今はローソンに負けているが、アリババなどが展開するオンラインとオフラインが融合するニューリテールの中に組み込まれたら、また別の様相が見えてくるかもしれない。日系の小売業が中国で成長していくには、こうした中国のニューリテールに対応する戦略も問われているのでしょう。
150Picks
NORMAL