Picks
5フォロー
281フォロワー
【超入門】VCを学べば、スタートアップが100倍分かる
NewsPicks編集部
Hirota Takuya高等学校(国語) 教諭
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3566Picks
「個」の時代がやってきた。教育はどうあるべきか
Hirota Takuya高等学校(国語) 教諭
なんかしっくりこないなぁ。 "個別化教育は、まず「子どもたちが持つポテンシャルを信じる」ことから始まります" 教育全般に言えることです。この意識を持って免許を取得する人が多い。いつ忘れてしまうんでしょうか。 守破離は、主に武道において用いられる言葉です。 基礎を身につけ、自分らしさを身につけ、自分なりの型を身につける。 これは素晴らしい考え方ですし、私も重要だと思います。 ただ、それを幼少期に全て終わらせる必要があるのでしょうか?各校種の卒業にあたる15、18、22歳は、人生という長い目で見れば守の段階です。人生80年、いまや100年と言われる時代において、この守がさらに重要視されるべきです。 学校教育の中で守破離を完結させるのは、少し傲慢な気がします。柔道でも剣道でも、師匠に教わる間に離を達成する人間などいませんし、認められません。 確かに、教師からの一方的な授業スタイルは変えていくべきですが、考え方や答えの出し方、そして失敗からの立ち直り方を学び、自分自身の守を一貫することが必要です。 長い目で見られない人間に教育はできません。 目の前にいるときだけが教育ではありませんし、そのとき全く理解していなくても、人間形成の一端を担っているという意識を持ち、守を徹底させることが求められています。
821Picks
NORMAL