Picks
163フォロー
1992フォロワー
警察庁サイバー部隊創設 中ロ北朝鮮の攻撃警戒
共同通信
五輪会場で酒類販売容認へ 協賛契約で禁止難しく
SankeiBiz
松田 崇裕TBSテレビ 報道局 社会部長 兼 解説・専門記者室
この話は、契約なので既定路線だったのではないでしょうか。スポンサーメリットを考えると、五輪に関わる会場や施設で、独占的に販売することができる権利をどう考えるか…現実的な運用の調整になってくるのではないかと考えます。 このまま五輪会場で酒類販売を容認するのであれば、スポンサー側も「感染対策」への協力が必要で、現場での販売、飲酒方法の工夫もいると思います。前向きに考えるのであれば、ここで日本独自の匠の技を発揮したいところです。 あるスポンサー関係者からは「1年待ったんだから…」と、五輪開催・販売に期待する声も聞かれました。井の頭公園など「ライブサイト」では、スポンサーに絡む物販が予定されていましたが、イベント自体が中止になり、そのことも影響しているかもしれません。 おととしのラグビーW杯では、外資系ビールメーカーがスポンサーでした。会場内の独占的な販売だけでなく、公式シャトルバスが出るJRの駅構内にも、臨時の立ち飲み店舗ができるなど、大会期間中の露出や存在感は際立つものがありました。 NPの他のコメント欄でも、特に医学系の専門家の方がご指摘の通り、お酒を飲むだけで感染する訳ではありません。飲酒に伴い、酔いが回り、大声を出す、飛沫が飛ぶ…この点がまず注意点だと思います。変異ウイルスに置き換わり、感染力が強いだけに、今は飲酒していなくても、マスクを外して口を開くタイミングと場所が重要になっていると思います。
361Picks
NORMAL