Picks
44フォロー
10フォロワー
1~5月の飲食業倒産は270件、前年比減もコロナ関連が4割超 東京商工リサーチ調査
財経新聞
Tsuchida Yuki
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【澤円×NHK英語講師】あなたの“英語力”を飛躍させる「4つの秘訣」
Tsuchida Yuki
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2339Picks
4月には新入社員が転職検討する「辞めても全然大丈夫」な時代に伝えたいこと。
Business Insider Japan
Tsuchida Yuki
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
277Picks
やはり「給与アップ」か? 35歳以上の転職軸
ITmedia ビジネスオンライン
Tsuchida Yuki
●30~40代の1位は「給与・待遇のアップ」で、50代では「経験・能力が生かせる仕事ができる」が1位となった →このデータだけかは結論づけるには無理があるけれど、歳を重ねる程、働くという事が手段から目的になるのだろうか、という印象を持った。 例えば、30-40代が給与を意識するのは育児などでお金がかかるが、50代では子供が独立して、気持ち的にも、金銭的が手がかからなくなり、仕事にフォーカスやすくなるのだろうか、と思った。 ●結局給料を上げ続けるには、市場価値が上がっていく仕事をしないと、それ以上給料をあげる事はできなくなってくるだろう。だから給料待遇のアップ、市場価値の上がる仕事をするというのは連動する事は理解できる。 ●自分自身が転職するかどうかの基準は、(完璧な仕事はない前提で)面白そうか、成長機会があるか、面接官や採用担当と働いてみたいか、など定性的な情報に頼って判断する事が多い。 自分自身のアンマッチを防ぐ意味でも転職先の仕事をする可能性のある人とは何度も話をして時間をかけることに意義があると思う。 いくら面白そうと思っても、採用面接で感じた違和感は(自分自身のバイアスがかかっている点も少なからずあるが)、入社後、確信に変わる事があるので、入社前の情報集めという目の前の事も、転職する事で得たいものとともに大事にしたいなと思う。
193Picks
【3分解説】ANAとJALは「過去最大の赤字」から復活できるか
NewsPicks編集部
Tsuchida Yuki
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
568Picks
NORMAL