Picks
8フォロー
53フォロワー
コロナ感染、世界1億人 急拡大、2カ月半で倍増
共同通信
丸野 透日系メーカー海外販売会社 代表取締役
あくまで統計上。新興国の検査件数は欧米と比べ10%以下の国がほとんどで、検査陽性率も20%超が多々あります。 https://ourworldindata.org/coronavirus-testing (各国の検査実態データ:検査実施数、人口比、陽性率、GDP対比検査数、等々細かく分析できます) PCR検査費用が最低賃金の月収を上回る国がたくさんあるのですから、新興国での検査不足=過小統計は当たり前なことで、新興国での実態はもっと酷いです。 アフリカのサブサハラに至っては高齢者人口比率は2%以下。死者の9割が高齢者のウイルスが、サブサハラでは風邪と扱われて検査されていないとしても納得いきます。1日1.25ドルで暮らす最貧困層が風邪の症状あるだけで1回3万円の検査なんてできるわけもないです。 統計と実態の違いについての具体的な例として、私の住んでいるメキシコについては、過去7日平均の1日死亡者が1300人、新規感染者は17000人です。(統計上は致死率10%近い) ・メキシコの超過死亡の統計はコロナ死者の2倍以上。 ・コロナ死者の9割近くが高齢者ですが、高齢者人口比率はアメリカの半分以下。 これをベースに1日の新規感染者をアメリカの致死率から逆算すると、メキシコの新規感染者数は1日30万人以上だと推計できます。政府統計の17000人と比べて17倍以上の差があります。 このように統計を分析しないと実態がみえてきません。統計ではなくて、実態を把握しない事には、ウイルスの正体も、ウイルスへの対策も誤ってしまいます。
302Picks
世界のコロナ感染が9千万人超す 15日間で1千万人増
共同通信
丸野 透日系メーカー海外販売会社 代表取締役
当たり前なことですが、検査実施しなければ、感染者がいても統計の数字にはでてきません。 こちらで、各国のテスト状況についての様々な統計分析ができます。 https://ourworldindata.org/coronavirus-testing 4月上旬には、毎日の検査件数が人口1000人当たり1件を超える国が、7か国しかありませんでした。(4件/1000人が2か国、1件/1000人が5か国) 1月は、同49か国もあり、10件/1000人が5か国もあります。 感染者が激増と話題のイギリスは4月と現在を比べると、約30倍程検査件数が増えています。現在のコロナ死者数は4月のピークと同程度です。 これだけ全世界的に検査数が増加しているので、統計上の感染者が増えるのは当然です。 実態の変化を把握するには、コロナ死者統計を参照するのがベターだと思っています。 全世界の7日平均のコロナ死者数は4~10月はおおよそ横ばいでしたが、11月から急激に増えて年末にかけて1.8倍まで増えました。 さらにいいますと、私のいるメキシコでは超過死亡がコロナ死者統計の2倍以上でています。 より具体的に各国の状況を分析するには、高齢者人口とそれに対する超過死亡を見るのが最適だと個人的に考えています。 例えば、私のいるメキシコは統計上の累計では、人口比で英米とコロナ死者数が同数程度でています。 ただし、コロナ死者統計の2倍以上の超過死亡者がでています。そしてコロナ死者のほとんどが高齢者です。その高齢者人口比率も先進国の半分未満です。 なので、英米より4~5倍は酷い実態があると認識しています。 ちなみに検査件数は英米の1~2%程度なので、統計上の感染者数はとても少ないです。
114Picks
英ロンドンが重大インシデント宣言、コロナ感染「制御不能」
Reuters
丸野 透日系メーカー海外販売会社 代表取締役
こちらで世界各国の様々なコロナ統計が確認できます。 https://ourworldindata.org/coronavirus#testing-for-covid-19 ●イギリスの、統計の新規感染者数は4月のパンデミックと比べて10倍ぐらいでていますが、死者数は4月と同じぐらいです。 ●人口1000人あたりの検査件数が、4月は0.25件/1000人だったのに対し、最近は7件/1000人と、28倍の検査数になっています。 ●検査陽性率は4月は30%程度だったのに対して、現在の陽性率は10%前後です。 変異種の脅威もあるのでしょうが、検査数を増やした分、そのまま統計上の感染者数が増えただけのようにも思えます。 いずれにしろ、確かにイギリスは悪いです。 ただ、最近の人口100万人当たり新規コロナ死者をみても、英米より酷い国が5か国あります。順番に、サンマリノ、スウェーデン、ラトビア、ベリーズ、チェコ、イギリス、リトアニア、ドイツ、ハンガリー、アメリカ 加えて、統計の正確性を補填すると、英米より感染蔓延状態が酷い国はかなりの数あると私は考えています。 例えば私のいるメキシコは、100万人あたりコロナ死者数統計はイギリスの半分程度です。ただし、メキシコの超過死亡はコロナ死者統計の2倍以上になります。 人口当たりの検査件数がイギリスの1.5%ぐらい、陽性率は40~60%前後推移なので、統計が過小すぎる結果がでています。 超過死亡者数=コロナ死者数ととらえて問題ないと仮定すれば、イギリスと同じぐらいです。 更に、コロナ死者のほとんどが高齢者ですが、各国の高齢化率は2~4倍の差があります。メキシコの高齢化率はイギリスの半数以下になります。 これらの事から、感染の蔓延状況については、メキシコの方が酷いと推測できます。 このように、統計が実態を反映していない国はたくさんあり、英米より酷い状態の国は数十ぐらいはあると思っています。 そもそも先進国ぐらいでしか検査できる予算が政府にも家計にもないので、新興国の実態が統計にでてこないのは当たり前です。政府の思惑が統計に反映されている国も少なくないでしょう。
402Picks
アメリカ 新型コロナ感染者が2000万人超 死者は3日間で1万人超
NHKニュース
丸野 透日系メーカー海外販売会社 代表取締役
アメリカは人口当たりの検査数も多く、きちんとした統計のある国なので、アメリカばかりが取り上げられていますが、実態としてアメリカより酷い国はたくさんあります。 私はメキシコ在住ですが、"統計上"の人口当たり死亡数がアメリカと同じぐらいです。 ですが、人口当たりの検査数はアメリカの2%程度、検査陽性率は50%前後で世界最低レベル。超過死亡者数はコロナ死者統計の2倍以上。しかも、高齢者人口比率がアメリカよりかなり少ない若者の国です。 統計や高齢者人口比率の違いを考えれば、アメリカの3~5倍ぐらいは酷い状況だと考えています。 実際に、10ぐらいの病院をたらいまわしにされて死亡した患者の話も聞きます。入院患者死亡率は3割、人工呼吸器挿管患者は9割死亡です。貧困層はそもそも病院に行けませんし、病院を怖がって入院したがらない人も多いです。医療現場レベルの違いもあるでしょう。 コロナをちょっと辛い風邪だと甘く見ている人がまだまだ多いようですが、実態を知るには、アメリカよりも酷い場所では何が起きているのかを知ってもらうのが一番だと思います。 医療レベルが低く、民度や政府の対応が大きく間違ってしまったときに何が起きるのか。コロナは放置すると本当に酷い事になりますよ。 もちろん経済も止めるわけにはいきません。とはいえ、今は全世界が必死に抑え込もうとしても、現状規模のコロナ死者をだしています。 引き続きよく考えていきましょう。
288Picks
NORMAL