Picks
5フォロー
65フォロワー
“シブヤフォント”が目指す世界、障害者のアートを商品化【SDGs】
YouTube
Kawai Atsushi株式会社日研フード リテール事業部 部長
動画に取り上げられている障がい者の方々は、民間就労が難しい比較的重い障害を抱えた方々が中心です。全国見渡しても大半の通所施設利用者が手にする工賃額はまだまだ自活可能水準からは程遠く、通所作業所を利用しつつ生活保護サポートを受けている方々は多い。 働けて、働きたいと思っているのに、働く機会が限られ、自活ができない。その結果、本来増やす必要もない福祉財源を増大させている今の現状には、皮肉な響きすら覚えます。これは、すでに可視化されている問題です。我々の世代で、せめて解決への道筋だけでもつけていないと。 ただ、現状福祉作業所の請負仕事の9割が国や行政からの官公需と言われています。工賃水準を引き上げるためには民間企業の積極参画や民間出身者の知恵やアイデアが更に一層求められる。だから各々のフィールドで障がい者や障害というテーマに向き合い「何かウチにもできることがあるのではないか?」と考えることがとても大事。 もちろんそれは、アートには限りません。渋谷フォントさんの取り組みは福祉に接点のある人ならもはや知らない人はいないレベルの成功事例。他にも手作業で可能なモデル、デジタル技術のサポートと組み合わせたモデル、山ほど可能性は眠ってる。動画をご覧になった方々の生活や生産活動の中にも、彼らを笑顔にさせることができる取り組みはきっとあるはずです。そうした可能性に想いを馳せ、何か気づきやヒントを得る機会にして頂けるといいなと、個人的に思います。
「腸活」最強食「アボカド」の残念な食べ方、3大NG
東洋経済オンライン
Kawai Atsushi株式会社日研フード リテール事業部 部長
おそらくMaturityの解釈による違いだと思いますが、この場合の"完熟"は本来木上での成熟度合いをさすべきであって、記事のような収穫後の"追熟"を指すと解釈を誤ることになります。 アボカドの脂質、つまりオイルコンテンツは木上で成熟することで増えます。要は、摘み取った時点で、その果実の美味しさ、オイルコンテンツ量はほぼ決まっています。 このアボカドのオイルコンテンツ量を表す指標としては、一般的にはDM(Dry Matter)値が用いられます。これは業界団体で検査フローが確立されており、乾燥後の固形分量値を計測して算出します。一般に、アボカドの場合はシーズン通してこのDM値が8-40%近くまで変動します。 ごくごく一般的なメキシコの農家などでは10月中旬頃から摘み取りが本格化します。ただし、この時点でのDM値はせいぜい12-14程度。木熟と呼ぶには程遠い熟度です。しかしながら、世界的な需要の高まりを受け、農家はいち早く摘み取り作業に入ります。結果的にこれが早摘み=つまり外れアボカドを生むことになります。しかし、重ねて言いますが、スーパーに並んでる時点で、既に中身の質は決まっています。 記事内の4-6月頃に流通するアボカドは、概ね2月後半から4月にかけて収穫されたもの。5月以降になるとDM値は30%を越え、いわゆる"ハズレなし"のオイルリッチなアボカドの時期に入ります。しかし、ここまで成熟させる手間ひまがかかると、原価に直で影響してくるため、一般の流通のテーブルにはほとんど乗りません。 ただ近年は一部商社さんがオイルコンテンツにこだわり、DM30%付近のアボカドを市場にも投入し始めています。通所グレードよりも2-3割高いですが。 ハズレのないアボカドを食べたい、栄養価の高いアボカドを食べたい方は、そうしたアボカドを探して、当たりの多いブランドを覚えるのが良いでしょう。また、栄養価を気にする方は、例えばアボカドをスムージーにする際に種ごとすり潰すことをお勧めします。アボカドの不飽和脂肪酸の6割は種子に含まれており、アメリカなどでは種ごと使用することも珍しいことではありません。
【実録】日本の地域課題にモビリティ革命を
NewsPicks Studios
Kawai Atsushi株式会社日研フード リテール事業部 部長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
263Picks
NORMAL