Picks
14フォロー
9763フォロワー
東証大幅反落、1202円安 米長期金利の急上昇を警戒
共同通信
齋藤 正勝ミンカブ 東M(4436) COO
日経平均株価は1202円安と大幅安(幅では歴代10位の下げ、「まさかのブレグジット」16年6/24の1286円安以来)、29000円割れまでへ突っ込み、3週間ぶりの安値(2/5以来)となっています。 千円強下げたのは昨年3月のコロナショック以来のことです。 米国株は金利上昇を嫌気してNYダウが559ドル安と最高値から急反落、今朝の東京市場もリスクオフから3万円を割り込んで始まりました。 ハイテク株を中心に売りが嵩んで一段安、「週で唯一負け越す金曜日」に「5カ月連続月末安」ということもあり、更には日銀のETF購入抑制策(油断では)への警戒もあって、終日軟調に推移し、下げ幅を拡大し、結局、安値引けです。 週を通せば1051円安で4週ぶりの急反落、米長期金利上昇の性急さに恐れおののいた格好です。 2月2週の「29000円突破」、3週の「30000円突破」を帳消しです。 来週は月初で、米ではISMや雇用統計など経済統計多く、国内では法人企業統計が出ます。 米景気回復の先のインフレをやや決め付けし過ぎた金利上昇とも云え、先ずはこれの落ち着き待ちしでしょう。 緊急事態宣言の6府県先行解除など、経済正常化へ動きが出始める弥生3月入り、25日線攻防など仕切り直しのタイミング探りと云えそうです。
315Picks
東証終値218円安、3万円は維持
共同通信
齋藤 正勝ミンカブ 東M(4436) COO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
NORMAL