Picks
124フォロー
4643フォロワー
【解説】東大文Ⅱと理Ⅲに合格した医師が勧める「運動+耳学習」
NewsPicks編集部
秋田 夏実Adobeバイスプレジデント/やまなし大使/情報経営イノベーション専門職大学客員教授
私も高校生の頃から、福井先生が提唱されている勉強法とほぼ同じやり方で学んできました(片耳でなく両耳でしたが)。世界史や地理、英語、生物、化学、古文など、暗記が必要な科目は自分で音読して吹き込んで、早朝にウォーキングやゆっくり目のランニングをしながら聞くようにしました。記憶力が悪い方だったので(テキストを何度読んでも覚えられませんでした)、悪戦苦闘しながら自分で編み出したやり方だったのですが、その後「ドラゴン桜(前作)」で似たようなやり方が示されたのを見て、自己流が意外に理にかなっていたのかもと驚きました(親の希望する医学部受験を振り切って高3で文転したので、ドラゴン桜を地でいく、かなり無茶な受験をしました)。 今も、朝陽を浴びながらのランニングを日課にしていて、スマホをウェストポーチに入れて、NewsPicksの動画やAudibleをAirPodsで聞きながら運動しています。リズム運動によってストレスも軽減され、朝の爽快感や季節の変化も感じられ、新しい知識も効率的に得られますので、良いこと尽くめです。医学的な根拠の有無は、専門家でないので分かりませんが、少なくとも私には合っていました。 いずれにせよ、色々試してみて、自分にあった勉強法を編み出せば良いのだと思います。先ずは行動です。
2112Picks
「鬼滅の刃」の次は… 小学生が夢中になる「ふしぎ駄菓子屋 銭天堂」の魅力
デイリー新潮
秋田 夏実Adobeバイスプレジデント/やまなし大使/情報経営イノベーション専門職大学客員教授
鬼滅や呪術とは違う世界観なので、比較する意味はないと思いますが、確かに銭天堂は小学生に大人気で、未就学児もアニメにハマっています(エピソードによっては「怖い」と言いますが)。お風呂で「酸いも甘いも人生にゃのだ~」とエンディングテーマを熱唱するくらい夢中です。イソップ物語的な教訓めいた部分と、ちょっとミステリアスな雰囲気、工房で駄菓子を作る招き猫さんたちのかわいらしさのミックスが絶妙ですね。大人が見ても面白いですよ。Eテレで火曜日の夕方にオンエアしています。 図書室の銭天堂の本は、いつも借りられてしまっていて読めない(しかも高学年にしか貸し出していない)というので、昨年Amazonでまとめて購入しました。先日15巻も出ましたが、原作はまだまだ続くようです。 子どもたちが「駄菓子屋さんを見たことがないので行ってみたい」と言うので、いつか連れていきたいと思っています。私が小さい頃は、放課後によく10円玉を何枚も握りしめて近所の駄菓子屋さんに通ったものですが、都内では駄菓子屋さんをすっかり見かけなくなってしまいましたね。。。引退したら自分で開くのも良いかなと思っています。
70Picks
NORMAL