Picks
122フォロー
4430フォロワー
なぜ日本企業は賃上げを抑制するようになったのか 先進7カ国で最下位
弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
秋田 夏実Adobeバイスプレジデント/やまなし大使/情報経営イノベーション専門職大学客員教授
終身雇用や年功序列を維持しようとすると、賃上げにも消極的にならざるを得ないのでは。  >役員など「勝ち組」と言われる一部の富裕層はどんどん報酬を増やして豊かな暮らしを楽しんでいて、庶民は低賃金で共働きを強いられ、どんどん貧困化してきている 記事中のこの部分には違和感があります。役員の数はたかがしれており、役員報酬が他の社員の賃金を圧迫するほどではないと思います。海外と比較して日本の役員の報酬は相当低いです。負っている責任(役員がちゃんと責任を負っていて、社員よりも働いていればの話ですが)を考えれば、割が合わないくらいです。不用意な議論で対立をあおるのは、どうなのでしょう。 世界の時価総額50位以内に入る企業を複数経験しましたが、そうした企業の本社役員の働き方は、人間離れしています。海外出張時も、機内でひたすら仕事をし、指示を出し、着いてホテルにチェックインしてシャワーを浴びたら、休む間もなく会議や会食。出張先の時間帯と本国の時間帯のダブルで働き、分刻みで会議や会食をこなし、タウンホールミーティングなどで現地社員と対話し、嵐のように去っていく。常人にできることではありません。まさに命を削って働いています。これほどの働き方を、日本企業の役員がしているかというと…そうではないかもしれませんが。。。
149Picks
NORMAL