Picks
60フォロー
3118フォロワー
わずか17分で…“重症化予測”検査を保険適用
テレ朝news
堀向 健太東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 小児科医・アレルギー科医
TARCというのは、もともとはアトピー性皮膚炎の重症度判定で汎用されている『Th2ケモカイン』です。 『Th2ケモカイン』をざっくり説明すると… ヘルパーT細胞というリンパ球は、大きく『Th1』と『Th2』にわけられ、『Th2』はアレルギーに関与しやすいリンパ球の1群です。 そして、細胞と細胞は、連絡を取り合いながら活動しているのですが、その連絡するための物質を『サイトカイン』と言い、IL-4、IL-13など番号がついています。 サイトカインはすぐ隣の細胞へ情報伝達しますが、サイトカインの一部には、すこし遠くの細胞へ走っていって情報を伝える(遊走する)性質をもったものがあり、これを『ケモカイン』と言います。 つまりTh2ケモカインとは、『アレルギーに関係しているサイトカインでも、走っていって情報伝える伝達物質』ということです。 重症化を予測するTARC値に関し、報道では95pg/mlが目安として示されています。論文化されている先行研究では87.5 pg/mLというカットオフレベルが示されており、重篤化の予測因子として感度91.5%、特異度82.4%と、かなりいい指標といえそうです。 ▷Gene 2021; 766:145145. とはいえ、アトピー性皮膚炎や乾癬があると新型コロナの感染リスクを増加させるという報告があります(オッズ比1.55)。一方、人工呼吸器に至るリスクは減少させるようです(オッズ比 0.22)。ですので、TARCが高値と矛盾はしないと言えるかもしれません。 ▷JACI 2021; 147:857-69.e7. 一方で、TARC 95pg/mlは、普段はあまり見ない低値です。小児がもともとTARCが高めということもありますが、成人での検討でも、健常対照が71~848pg/mLという範囲であり、そんなに多い値ではないといえそうです。 ▷ J Am Acad Dermatol 2014; 71:1160-6. TARCが高値であると新型コロナが重篤化しにくい理由は十分にはわかっていないようですが、TARCは小児のほうが高値であるため重篤になりにくい理由の一つかもしれないと考察されています。 また、報道では17分で結果が判明する…とされていましたが、一般的には外注検査になるので1~数日はかかるのではと思います。
54Picks
「子どもへのワクチン接種やめろ」電話殺到 12~15歳に接種の町に「殺すぞ」脅迫も、業務に支障
京都新聞
堀向 健太東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 小児科医・アレルギー科医
これはさすがに非道い… 12歳以降の新型コロナワクチンが有効で安全であることは、すでにNEJMに報告されており、海外でも接種がはじまっています。 ▷https://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJMoa2107456?query=featured_coronavirus そしてファイザー社のワクチンは、12歳以上に接種可能と厚労省の推奨も更新されています。 ▷接種についてのお知らせ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00218.html もちろん、成人に比較して小児のほうが新型コロナに対するリスクが低いことは確かです。以下のような条件を挙げているレビューがあります。 ▷JAMA pediatrics 2021; 175:125-6. 1)安全性が高く、副作用も許容範囲内であることが示されている。 2)免疫原性および集団ベースの予防によって測定され有効である。 3)社会的な観点から見て、疾病予防のために使用される他のワクチンと同等の費用対効果がある。 4)学校環境における安全性の向上と何らかの関係がある。 5)少なくとも人口の一部において重大な罹患率および/または死亡率を伴う疾患を予防する。 6)この疾患に対する乳幼児、児童、青少年へのワクチン接種は、人から人への感染のリスクを低減する。 7)ワクチンが医学界や一般市民に受け入れられるものである。 8)ワクチンの提供と追跡にかかる管理負担は妥当である。 9)ワクチンのアドヒアランスの負担は、親/介護者にとって妥当である。 基本的にクリアしていると思われますが、 子どもたち以上に、よりリスクの高い成人こそ接種率を高めていく努力もまた、求められていると思います。 (追記)わたしは、小児に対する新型コロナワクチンは『必要』と考えています。その条件は基本的にクリアしていると考えます。一方で、成人はさらに接種が推奨されるとも考えています。
171Picks
NORMAL