Picks
63フォロー
3036フォロワー
J&Jワクチンでも血栓報告 EUが調査、アストラ製の新症例も
www.afpbb.com
堀向 健太東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 小児科医・アレルギー科医
アストラゼネカ社のワクチンによる血栓症の要因の一つとして、血小板第4因子(PF4)に対する免疫性血小板減少症をまれに発症させる可能性があると、4月9日のNEJMに報告されました。 ▷Thrombotic Thrombocytopenia after ChAdOx1 nCov-19 Vaccination. N Engl J Med 2021.PMID: 33835769 https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33835769/ 機序からは、きわめて稀であろうことが予想されます。 実際には血栓症になるリスクは100万人中4人、死亡するリスクは100万人中1人とされています。 ▷Oxford-AstraZeneca: One blood clot linked to Covid jab in Wales(BBCニュース) https://www.bbc.com/news/uk-wales-56678499 もちろんイベントとしては大きなものであり、リスクとベネフィットを十分に確認する必要があるでしょう。死亡したのは18歳から79歳までで、そのうち3人は30歳未満だったとされています。 今回問題になっているJ&J社のワクチンは、アストラゼネカ社と同様にウイルスベクターワクチンです(先行したmRNAワクチンではありません)。現在は米国のみの使用ですが、すでに500万人に接種されています。 アストラゼネカ社のワクチンと同じような扱いになるかどうかは、今後の調査結果によると思われます。
83Picks
ファイザー、12-15歳にもコロナワクチン使用許可を-各国で申請へ
Bloomberg
堀向 健太東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 小児科医・アレルギー科医
12〜15歳2,260人に対するファイザー社のワクチンは、100%の有効性を示したとされています。 小児や青年の新型コロナ症例が13.4%を占め、小児340万人以上が感染し、少なくとも279人が死亡していることから、AAP(米国小児科学会)はワクチンを進めていくことを示しています。 ▷Pfizer, BioNTech report COVID-19 vaccine safe, highly effective in 12- to 15-year-olds https://www.aappublications.org/news/2021/03/31/pfizer-covid19-vaccine-efficacy-adolescents-033121 そして世界的な傾向として、新型コロナに感染した子どもの占める率は高くなってきています。 ファイザー社とモデルナ社は、生後6か月から11歳までの子どもを対象にmRNAワクチンの臨床試験を実施しており、2021年後半から2022年初頭に開始される可能性があるとされています。 ▷AAP helps pediatricians prepare to vaccinate children, adolescents against COVID-19 https://www.aappublications.org/news/2021/04/08/covid-vaccine-children-aap-guidance-040821 ふたつの視点があることを、Pediatrics誌のレビューでは示しています。 1つ目は、未成年者の接種開始に時間がかかりすぎるとワクチンの恩恵を不当に受けることができず、パンデミックへの対応が遅れる可能性があること。 2つ目は、未成年者の接種開始が早すぎると、過度なリスクにさらされる可能性が上がることです。 ▷Mintz K,. Enrolling Minors in COVID-19 Vaccine Trials. Pediatrics 2021; 147. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/33334920/ この2つの視点から、臨床試験の結果をふまえつつ推進していくというのが基本的な考え方になるでしょう。
54Picks
米、ワクチン接種完了者は旅行可能に CDCが指針改定
Reuters
堀向 健太東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 小児科医・アレルギー科医
mRNAワクチン2回接種後2週間の経過観察後の話ですね。 『旅行が自由にできる』とか『制限がなくなる』ではなく、旅行中のマスクや、2メートルの間隔をあけ手指消毒も必要であることが推奨されていますし、ワクチンを2回接種しても新型コロナの変異株に感染したり、拡散したりするリスクが高まることも注意喚起されています。 あと、あえて書いていないのかもですが、2回のワクチンを接種した場合も、米国へ戻るフライトに搭乗する3日前までのCOVID-19検査結果が陰性であること、もしくは過去3ヶ月以内に新型コロナから回復したことを証明する書類が必要という記載があります。 ▷International Travel During COVID-19(CDC) https://www.cdc.gov/coronavirus/2019-ncov/travelers/international-travel-during-covid19.html とはいえ、ワクチンにより、制限がより少ない生活に戻っていける可能性があるとも言えます。 日本のワクチンは残念ながら遅れており、日本で作れないのかという言説も耳にします。もともと小規模のメーカーが多く十分な技術開発が難しいなど問題点が多いです(自前で製造できることは素晴らしいことですけれど…)。 最近、第一三共さんが、4種混合ワクチンの新工場で基準を満たせず製造を断念したという報道もありました。 ▷第一三共 4種混合ワクチン「スクエアキッズ」の販売中止 損失補填で150億円サノフィに支払い https://www.mixonline.jp/tabid55.html?artid=70894 ワクチンは国家戦略として行うべきという点があるのですが、基礎研究への研究費の投入が減っていることも遠因にあるでしょうね…
132Picks
NORMAL