Picks
37フォロー
115フォロワー
反ワクチン本がAmazonから削除されたことが意味する本当の危険性
note(ノート)
Nakashima Ken元PG&SE 日本不動産仲裁機構登録調停人
当該書籍に賛同する意図はございませんが、本件については、いくら私企業だと言っても、圧倒的な資金力や収益力、さらには市場の独占力を保有するアマゾン・ジャパン社については、「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律」における「物販総合オンラインモールの運営事業者」として規制対象になっておりますので、同社による恣意的な削除については法的諸問題が存在すると思われます。 ●「特定デジタルプラットフォームの透明性及び公正性の向上に関する法律」の規制対象となる事業者を指定しました (経済産業省2021年4月1日付) https://www.meti.go.jp/press/2021/04/20210401003/20210401003.html 類似する問題として、表現の自由の第一人者的な故奥平康弘東京大学名誉教授が以前より、圧倒的な資金力や収益力、さらには市場の独占力を持つインターネット検索事業者Googleによるいわゆる「グーグル八分」について、「マスメディアは第四の権力ともいわれるが、グーグルという企業は、 これまでの権力概念では捉えられないような存在だ。 現代の表現の自由の問題は、こうした権力的な私的機関に反市民的、反社会的な行為があった場合、国家がもう少し大胆に前に出ていくべきかどうかが問われており、グーグルによって表現の自由がうまく機能しているかを見極めることが重要だ」 https://www.jstage.jst.go.jp/article/gscs/5/1/5_12/_pdf/-char/ja (20ページより引用させていただきました) と、問題を指摘しておられました。
87Picks
近鉄HD社長、株主総会で陳謝 業績大幅に悪化「断腸の思い」
共同通信
Nakashima Ken元PG&SE 日本不動産仲裁機構登録調停人
近接グループHDに限らず、人口減少に伴う乗客数減少が経営上の課題であった鉄道関連各社が、コロナ禍で前倒し的にその課題解決に迫られている中、比較的堅調な不動産事業に頼る経営戦略が浮き彫りになっています。 不動産事業といっても居住用不動産一つひとつの売買事業ではなく、実質的に自らスポンサーとなって不動産ファンドを設立した上で、所有するビルやホテル等の不動産を当該不動産ファンドに譲渡し、一時的に数百億円の資金調達をしたり、当該不動産ファンド関連の物件管理手数料等を安定して得る事業です。 今や日本の大規模不動産業界は、日本より約40年前にREITが始まった米国の後追い的に、中長期にわたる安定した利益と一時的な多額のキャピタルゲイン(転売利益)をもたらすことが可能な数少ない業界の一つです。 例えば近鉄グループHDは日本政策投資銀行と共同でファンドを設立し、所有する東京千代田区の「近鉄霞が関ビル」等を(将来的な買い戻しも視野に入れつつ)設立したファンドに売却し、約400億円の資金調達を予定しています。 加えて、ご存知ブラックストーングループ関連のシンガポール法人と共同出資で設立する特定目的会社等に所有ホテルを譲渡し、運営は組織変更した上で引き続き近鉄グループが受託するとのことです(譲渡価格は600億円規模との報道あり)。 https://www.kintetsu-g-hd.co.jp/common-hd/data/pdf/20210302-re20210303195316147688193.pdf https://www.kintetsu-g-hd.co.jp/common-hd/data/pdf/20210325-kghd20210325134316166473884.pdf 鉄道各社は、他社が羨む好立地不動産を数多く所有している可能性がありますので、決して派手ではないものの、(海外不動産を超高額で購入しなければ)不動産ファンド事業に力を入れることは、経営状態を安定化させることに繋がると思います。
4Picks
「裸足で家を飛び出し離婚」元給食のおばちゃんが40歳で弁護士になるまで - 養育費をもらわず育てると覚悟した
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
Nakashima Ken元PG&SE 日本不動産仲裁機構登録調停人
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
ファーウェイ・ジャパン王剣峰会長、初めてメディアに吐露した100分
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
Nakashima Ken元PG&SE 日本不動産仲裁機構登録調停人
とても貴重な記事だと思いました。「尖閣諸島の問題と経済問題は分けて考えるべき」だと思っておられることや、「激動する外部環境の中で、『理性的であること』は非常に重要であり、客観的に物事を見ていくというメディアの役割を果たしてほしいです」とおっしゃったことは、とくに印象的でした。 工学面や営業面等、最先端技術を背景とした消費者目線での新しい価値を創ることで、社会に貢献できる企業が競争上優位なポジションに立ちやすいと思われます。そのためには、今の時代は今回のファーウェイ・ジャパン会長様、昨今のHonda社長様、あまり知られていないかもしれませんが以前経営上の困難に直面した東レを復活させた故前田会長様のように、先端技術をまずは理解し、その先端技術を活かした新しい価値を創造するための強いリーダーシップを発揮する経営者の存在が求められていると思われます。 幸いなことに、ビル経営上でほぼ毎日AI専門等の様々な秀逸な中国人経営者様とお話させていただいておりますが、非常に理性的で、技術力は高く、目指す世界や志がとても高いです。私自身が社会人キャリアを開始した頃の日本企業と似たような空気感を抱いております。 私的なことですが、40代の頃から積み上げてきた不動産投資ノウハウ含め、元PG&SEのノウハウを活かすことで、私のような者でもナスダック等への上場を目指した事業に関わる機会があるくらいですので、大抵の場合は私自身よりも恵まれた環境で仕事をしておられる大企業等に勤務する日本人の方々も自信をもってグローバル企業と良い意味で切磋琢磨し、新しい価値を創造し社会に貢献していただくことを願います。
106Picks
三越伊勢丹、新宿・日本橋店の再開発に着手
日本経済新聞
Nakashima Ken元PG&SE 日本不動産仲裁機構登録調停人
新宿・日本橋店の再開発については、百貨店部分のサイズを各マーケットニーズに合わせて適正化しつつ、ホテル、レジデンス、オフィスを含む複合開発に発展させ、新宿店のコンセプトを「ファッション」、 日本橋店のコンセプトを「文化/伝統」とした上で、まちづくりにより新たな価値創出を目指すようです。 ● 三越伊勢丹グループ 2021年3月期決算説明会(27頁より) https://pdf.irpocket.com/C3099/gtYS/Vbtd/rWOr.pdf これまでとは若干異なる実績とビジョンをお持ちの新社長さんが、従業員さん各位からの多種多様な意見も取り入れ、様々な再開発プランを今後計画なさるような雰囲気がメディアから伝わってくるので、再開発の着手もまだ先ですから随分と先の長い話ではありますが、楽しみではあります。 日本橋店については、近隣にて三井不動産さんを中心とした大規模な再開発が済んでいますので、その街の雰囲気に合わせつつ、既存建物の外観や雰囲気を保存した複合用途ビルを建設するとすれば、ハード面では東銀座の歌舞伎座を再開発した時と似た完成図を想像しておりますが、やはり近隣で三井不動産さんが取り組んでおられる木造高層ビルの類似形も検討対象になるようにも思います。 ソフト面では、最先端技術力を駆使した驚くような販売・サービス手法を開発できる余地が多分に存在していると思います。主な販売ターゲット層が、いわゆる富裕層と海外在住のお客様だと思うのと、再開発はまだ先の話ですので、どうせならば、世界が驚くほどの画期的な販売手法を開発してはいかがかと思います。
116Picks
F1角田が自己最高7位 アゼルバイジャンGP
共同通信
Nakashima Ken元PG&SE 日本不動産仲裁機構登録調停人
レッドブルのワンツーフィニッシュかと思われた終盤にDAZN解説の方が「F1は最後まで何があるか分からない」といったことをおっしゃっていたところ、本当にまさかの赤旗再スタートになり、さらには再スタートでもまさかのシーンを目の当たりにしたレースでしたが、HONDAチームは表彰台に2台、角田さんが7位でしたので本当によかったです。 前回のモナコGPのレース前と同様、Hondaディーラーさんと、今週末も「Hondaが優勝するといいですね!」と会話しておりましたが、実現してとても嬉しいですし、今シーズン限りで撤退するHondaパワーユニットの技術力の高さとリアルタイムでデータが日本にも送られる中での分析する力とレースへの適応性の高さを実感します。 珍しく、メルセデスはノーポイントとなり、ファステストラップ・ポイントも対象者無しになりました。 どうやらリタイヤの危険性が高い程の油圧トラブルを抱えていたようでフィニッシュ後にピットからの指示で即マシンを止めた1位のレッドブルのペレスさんが、フェルスタッペンさんを気遣うコメントをまず述べていたこと、3位のアルファタウリのガスリーさんが、(最近、メディアから辛口コメントが伝えられていた)新人の角田さんを讃えるコメントを述べていたことが、心をとても温かくしてくださいました。本当に素晴らしいと思いました。
16Picks
東京 ステージ3に改善 7日間平均475人 大規模接種5会場新設
FNNプライムオンライン
Nakashima Ken元PG&SE 日本不動産仲裁機構登録調停人
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
クレディSがソフトバンクG提訴準備、グリーンシル破綻で-報道
Bloomberg
Nakashima Ken元PG&SE 日本不動産仲裁機構登録調停人
フィナンシャル・タイムズの記事を読んでみると、事業閉鎖が報道されたSVF投資先のKaterraなどへ融資していたグリーンシルの案件について、クレディS内で結構大変なことになっていて、ソフトバンクGの関与状況についての調査がクレディS内で進行中のようですので、よくあるお話しだとは思いますが、WeWorkの時のドロドロ感も漂っているように思われます。 ●ソフトバンクG孫氏の「マネーガイ」、グリーンシル氏は英雄から転落 https://newspicks.com/news/5730715 「ソフトバンクGが出資する企業への一部の融資では売掛債権ではなく、将来の売り上げ予測に基づいて実行されていたと語った。   営業資料や事情に詳しい関係者らによれば、一部の投資家に対しては、ノートと呼ばれる債券のような商品に組成されたローンが取引の裏付けとして提示されていた。関係者らによると、投資家らには短期の債権による運用と映ったという。   こうしたローンの多くがクレディ・スイスのサプライチェーン・ファンドを通じて行われ、投資家から集めた資金は100億ドルに上る。資金の借り手にはオヨやモバイル向けソフトウエア開発のフェア・フィナンシャル、新興建設企業のカテラなどが入っていた。   ソフトバンクGはクレディSのファンドにも投資していたため、利益相反の疑念が浮上。クレディSの内部調査の結果、ソフトバンクGは同ファンドから7億ドルを引き揚げた。」 ●ソフトバンクG出資の新興建設カテラ、事業閉鎖へ-インフォメーション https://newspicks.com/news/5899601
190Picks
NORMAL