Picks
13フォロー
5408フォロワー
G7外相、中国・ロシアが最大の脅威 共同声明採択
Reuters
英首相 来月下旬に“人との距離”撤廃へ
日テレNEWS24
土田 陽介三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 副主任研究員
正常化が進みそうで、何よりです。社会実験など、本来、倫理的には無理な話ですが、やっぱりワクチンがモノをいうことを、英国は体現したと言えましょう。 我が国では私権の制限に言及する政治家ばかりですが、治験プロセスをスキップ(短期化です。なお英国のみならず、どの国も治験をしているわけですが、そのプロセスに費やす時間が異なる。この表現で英国が治験をしていないと読み取ること事態、切り取りであり、かなりのバイアスを感じますが)するなど、本来ならまず規制影響業種を統制出来る仕組みを作るべきだと考えます。 私権を制限しなければ感染対策すらまともに出来なかったヨーロッパ(マスクの装着率の低さなど有名な話です、代わりに指導者は真摯的でしたが)と、人々の意識の高さで徹底出来た日本(代わりに都知事など指導者は他責的ですが)で、私権の制限を同等に論じることこそ、暴力でしょう。 英国が日本に比べれば不自由な生活を強いられたことは自明であり、私は過去に何回も発言しています(どうぞご検索下さい)。そうでもしないと彼らがソシアルディスタンスすら取れなかった事実があることも、また自明です。違和感という名のご自身の主張で瞬発的な切り取りをされているのは、いったいどちらでしょう? 日本も相応に自粛で、経済活動を抑え込みました。それで感染者数は、ヨーロッパに類を見ない規模で抑え込みました。たしかに今の変異株は大変なようですが、それをヨーロッパ流のロックダウンで押さえ込むが吉というのは、日本にいて皆さんの頑張りようを見ると、それこそかなりの違和感があります。まるで、日本が何もしていないかのような見方です。欧米から日本をディスっているに過ぎない気もします。 途中経過よりも、もうワクチンを普及させるしかないことは、ある意味尾身さんも肯定している事実ではないでしょうか。
39Picks
NORMAL