Picks
0フォロー
7フォロワー
【完全解説】なぜ、世界はこんなにも「不平等」なのか?
NewsPicks編集部
奥村 浩一スペインロングステイ /投資家
わたし世代がこどもの頃は食事の好き嫌いを言うと親に 「食べたくても食べられないアフリカのこどもたちのことを考えなさい」 と説教されたものでした。 今はそのアフリカと先進国との格差は相当に縮小しています。コンゴの寒村に生まれた子でもネットで英語を学び、教育を受け、才能と努力次第でハーバードにでも進学し、GAFAで高給取りになることも可能です。 人類全体をみれば、格差は縮小した。でも、国単位でみれば格差は拡大している。 問題としては、より解決がたやすくなった、と前向きに考えるべきじゃないかと思います。 その解決法が戦争や革命だとは思えませんし、コロナごときに富裕層の富を破壊する力があるとも思えない。 富裕層からやみくもに金を奪おうとしたら、彼らは徹底的に抵抗するでしょう。資本主義社会では財力=権力ですから、貧しき者には勝ち目はありません。 ならばどうすればいいのか? 持てる者が持たざる者を助ける。 平凡なようですが、それ以外に進むべき道はありません。 超格差社会のアメリカに、チャリティや寄付の文化が根づいています。ビル・ゲイツやベゾスは莫大な金を社会に還元しています。 日本の場合は、少子高齢もあり、階級差以上に、世代間格差が無視できないものとなっています。 持てる世代から、持たざる世代へ、財を移動させる効果的な方策を考えるべきでしょう。 ちなみに「年金を減らせ」というのは最愚策。高齢者は死物狂いで抵抗し、あらゆる改革は無に帰するでしょう。 わたしが考えるのは、税法を改革して、若い世代や社会への還元をやりやすくすること。 富裕な高齢者が簡単な手続きで「ミニ財団」を組織できるようにして、そこに財産を移せるようにすれば、莫大な富が社会に還元されます。 もちろん、税務署は絶対反対でしょうが(笑) そうやって国以外の民間セクターに富の再分配機能をもたせるというのは、かなり有効な政策ではないかと思ってます。
4323Picks
NORMAL