Picks
20フォロー
6フォロワー
星野リゾート、なぜ高級ホテル「グランドハイアット福岡」の経営権を獲得したのか?
ビジネスジャーナル
今井 俊樹株式会社DOORDO 執行役員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5Picks
【図解】格安の国、ニッポンの「10の衝撃」
NewsPicks編集部
今井 俊樹株式会社DOORDO 執行役員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4146Picks
「日本人はオフィスに帰る」外資不動産ファンドCEOの確信
日経ビジネス
今井 俊樹株式会社DOORDO 執行役員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
16Picks
大手不動産仲介は「囲い込み」が蔓延?!住友不動産販売の「両手比率」は、62.75%!不動産売却時は「両手比率」が高い会社に注意を
不動産売却[2021年]
今井 俊樹株式会社DOORDO 執行役員
大手不動産仲介会社の囲い込みはどうなんでしょう?という記事ですが、結果として囲い込みになってしまっているように思われます。 そもそも①法的に両側取引をやってはダメという規制はない。②企業の売り上げ確保や成長においては、両側取引による仲介手数料の極大化は一つのソリューション。といった企業側の本音があります。 しかしながら一方では、この記事で指摘されている大手の寡占化による様々な問題は、小規模事業者が成り立たなくなる恐れもあり、こうした実情に対する議論も必要かと。 遠因として、宅建業法の規制による手数料上限制限あるように思われます。 もし、小規模事業者にも機会均等とするならば、不動産プレイヤーの見識を深め、受託者責務を完全に果たす事を前提に、上限撤廃する。その上で、両手取引を禁じる位の義務化と法改正が必要です。 余談ですが、上限規制による影響として、地方空家の流動化の阻害要因となっていないかの疑問もあります。 仲介手数料が上限制限のある成功報酬である以上、売買価格が低額かつ地方の交通の便の良くない場所、過疎化しつつあるエリアの物件を取り扱わなければならない理由は不動産仲介会社にはありません。 低額かつ遠隔地不動産を取り扱うと場合によっては経費倒れとなります。 両側取引を禁ずる反対給付として、仲介手数料上限撤廃することが流動性を高め、流動化を促進する唯一の施策ではないかと考えます。 信託銀行系不動産仲介会社勤務歴28年の独り言ですが。
【船橋洋一】「危機に弱い日本」はずっと変わっていない
NewsPicks編集部
今井 俊樹株式会社DOORDO 執行役員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
698Picks
爆売れ「節税用海外不動産」に国税庁がメス!過去取得分もアウトの規制が21年度から開始
ダイヤモンド・オンライン
今井 俊樹株式会社DOORDO 執行役員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
変貌 不動産市場3 虎の子売却「やむにやまれず」
日本経済新聞
今井 俊樹株式会社DOORDO 執行役員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
変貌 不動産市場2 「融資の蛇口が緩んできた」
日本経済新聞
今井 俊樹株式会社DOORDO 執行役員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2Picks
吉野家「いらっしゃいませ」廃止 新しいあいさつは…
朝日新聞デジタル
今井 俊樹株式会社DOORDO 執行役員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
473Picks
インドネシア不動産成功法則「中間層と低所得者層を狙うべし」
幻冬舎ゴールドオンライン
今井 俊樹株式会社DOORDO 執行役員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
J.フロントが新中計 不動産事業へ投資シフト、非商業の開発も
WWD JAPAN.com
今井 俊樹株式会社DOORDO 執行役員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
霞ヶ関キャピタル不動産コンサルティング事業ファンド#5
funds.jp
今井 俊樹株式会社DOORDO 執行役員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
NORMAL