Picks
106フォロー
10147フォロワー
米国内のハワイ観光客ほぼ回復 日本からはいつ行けるようになる?
Forbes JAPAN
千葉 功太郎 DRONE FUND/千葉道場/ 投資家/航空パイロット
ハワイの観光はかなり復活してます。新規コロナ感染は低値安定しており、3月末のワイキキ は5つ星ホテルを中心にほぼ満室で、人気レストランも予約がとれなくなりました。ワイキキ の街は人で溢れて、ワイキキビーチも密密なくらい観光客で溢れかえってます。ただし日本人を含むアジア系はいなくて、ほぼ、アメリカ🇺🇸メインランドからの観光客です。実際に渡航者数も米国本土からの1日当たり観光客らコロナ前の2019年水準の2万人/日くらいになり、「日本人/アジア人を見ないワイキキ」として盛り上がってます。 新型コロナワクチンも2回目接種率が37%を超えて集団免疫が感じられるようになり、ワクチン供給量も極めて豊富で、街中のドラッグストアで、当日ウェブ予約で簡単に店頭で接種ができる状態になっており、「戦争で勝つ国の物量作戦は半端無い」というのが実感できてため息出るほどのワクチン供給です。ハワイは昨年2度のロックダウンを経てかなり厳しい経済状況に追い込まれてましたが、リモートワーク化が急激に進み、アメリカ本土からの移住者が急増して、ハワイ州の不動産がどんどん売れて不動産相場が上がってます。同時に昨年悪くなった治安もまだ不安定で、ホームレスも大量にメインランドからきてる状況ではありますが、全体として「活況」というのが、この春です。 ハワイ州へ入島するためには、米国本土からでもPCR検査陰性証明が必要で、ハワイ諸島間移動もPCR検査陰性が必須です。地元の人たちは「世界で一番ハワイはコロナ的に安心な島なのではないか」と言っているくらい平和です。日本では報道されませんが、ワクチンの大量供給による集団免疫と徹底した感染予防によって、ハワイ観光が復活しているよ、というレポートでした。観光業全体にも光が感じられますね。
ホンダジェット滑走路逸脱 岡山の飛行場、けが人なし
共同通信
千葉 功太郎 DRONE FUND/千葉道場/ 投資家/航空パイロット
【別の機体です!】ヒヤッとしました。一瞬、自分の機体かと。確認しましたが、別のオーナーさんが所有されている、たまたま同じカラーリングの機体でのインシデントでした。なので、堀江貴文さん含む共同所有オーナーさんたちも本件とは関係ありません。 共同通信、日経、毎日、読売、産経など各社がほぼ全く同じ見出しの記事を報道してますが、通常のインシデントであれば「岡山で小型ジェット機滑走路逸脱 重大インシデント認定 怪我人なし 機種はホンダジェット」と書かれるはずなのに、なぜ、事故原因がまるでホンダジェットの機体にあるかのような誤解を誘因させる「ホンダジェット滑走路逸脱」で各社統一しているのでしょうか?日本のホンダが数十年の職人魂を詰め込んで創り上げた日本の宝なんじゃなかったでしたっけ?と。皆で応援するならともかく、インシデント原因も定かでない中で断定的なマイナス印象操作はいかがなものかと思いました。悲しいです。 事案に関してですが、ホンダジェットの整備・運航を国内で行なっている岡山航空さんのパイロット訓練中のインシデントだそうです。 https://www.air-oas.co.jp/news/detail/113 岡南飛行場という岡山市の海側にある小さな飛行場が整備拠点ですが、「ホンダジェットの着陸時性能距離が1067メートル」に対して、「1200メートル」しか滑走路がない、なんでギリギリの滑走路の飛行場に整備拠点を作ったんだ!😭とパイロットが思うくらいの滑走路です。しかもILS進入という曇天時にも安全に機体を滑走路へ着陸誘導する電波機器もないため、目視のみで着陸で天候にかなり左右される飛行場です。今回のインシデントですが、現場の詳しい状況が見えない中での想像ですが「横風が強い状態で着陸後風に煽られて滑走路中心線からズレてしまい、体制立て直せないまま脇に外れてしまった」という、パイロット目線からするとありそうなイメージの内容ですが、別で現場写真を見たところ、そもそも滑走路に対して平行に着陸してなく、斜めに入射してるようにみえました。なぜその状態でパイロットはゴーラアウンド(着陸中止)をせず、着陸を強行してしまったのか? この手のケースはほとんどはパイロット側の人的ミスの可能性が高いと思いますが、横風うっかり、とも違う印象を受けていて、事故原因調査が出次第、またコメントします。
【震災】あなたはこの「10年間」をどう振り返りますか?
NewsPicks編集部
千葉 功太郎 DRONE FUND/千葉道場/ 投資家/航空パイロット
あの日から10年となりました。改めてこの大きな節目にて、震災・津波で亡くなった多くの皆様の御冥福をお祈りすると共に、被災した全ての皆様のご復興を祈念いたします。この日に向けて多くの報道もあり、私たちが経験したことのない未曾有の災害は絶対に忘れたり風化したりすることがあってはならないと思います。報道や特集をしっかり見て、胸に刻みたいと思います。 私自身も日本の自宅が鎌倉市の海辺にあり、まさに津波は常に生活の脅威です。鎌倉市全体としても津波に対する訓練や警戒は意識が高く、保育園や学校も地震発生後1分くらいで避難開始する抜き打ち訓練がされてます。 その中で、自分がこの震災後10年で取り組めた1番大きなことは、ドローン・エアモビリティの実現化と社会実装化推進です。どの被災地の空も未活用で、道路が寸断され、渋滞し、緊急車両や物資を運ぶこともままならない被災地の現場の状況をニューで見るたびに、「空から人やモノを運べたら、どんなに被災地の役に立つだろうか」と考えてきました。もちろんテクノロジーは万能ではありませんので、過剰な期待や夢はできない現実もあります。それでも、私たち日本は災害と戦っていかなくてはならず、法整備とテクノロジー、公共事業と民間産業化のバランスとスピードを持ち、常に日常的に空が利活用されることで、いざ災害発生時にもスムーズな災害空利活用が実現すると信じてます。 ドローン、エアモビリティ(空飛ぶクルマ)は、3つの役割を有しています。 ①意思決定を支援する「リモートセンサーとしての役割」 ②作業を支援する「フィールドロボ ットとしての役割」 ③輸送・移動を支援する「モビリティとしての役割」 の 3 つです。 「ドローンやエアモビリティのソリューションを水や空気、インターネットのように当たり前に享受できる社会」 =「ドローン・エアモビリティ前提社会」の追究 が、10年後、20年後の誰かの命を救い、暮らしを支えることになると信じ て、引き続き空という新産業の普及にむけ、私自身及び強い絆の同志たちとコミットしてまいります。 応援ください。よろしくお願いします。
1303Picks
空飛ぶクルマに予算!吉村知事「川と海の上を通ったらええやん」
自動運転ラボ
千葉 功太郎 DRONE FUND/千葉道場/ 投資家/航空パイロット
大阪府 吉村知事が、「空飛ぶクルマは川と海の上を飛べば良い」という発言と共に予算を付けてくれたニュース。私も同じ意見で、川は国土交通省の河川と橋の道路の2種類の認可で実現できますし、何よりも安全です。海は広いです。また、自分が注目しているのは地上鉄道路線です。鉄道はハブ都市からハブ都市へ、かならず切れ目なく続いており、上空に障害物もなく「線」でつながっています。例えば渋谷駅から羽田空港を空飛ぶクルマで定期路線作るなら、東急電鉄の線路上空から二子玉川へ。そこから多摩川を南下して東京湾へ。そのまま羽田空港へ回り込むルートで路線ができます。東急電鉄、国土交通省、海上保安庁の3者が意思決定すると、このゴールデンルートが完成するわけです。もちろん、安全第一なので様々なルールが必要ですが、ハブ都市とハブ都市をつなぐ空のハイウェイは、意外と出来そうな気がしませんか? 嬉しいことに記事ではDRONE FUNDファミリーの2社が取り上げられてます! 「日本国内でもSkyDrive社や東大発スタートアップのテトラ・アビエーションなどが、空飛ぶクルマの実用化に向けて開発を進める中、こうした都道府県の長による積極的な発言は心強いさを感じる。」
13Picks
「スタートアップのガバナンスに一石を投じる問題」挑戦者支援のWEINが崩壊──本田圭佑氏らもすでに退任
DIAMOND SIGNAL
千葉 功太郎 DRONE FUND/千葉道場/ 投資家/航空パイロット
WEINグループ崩壊の記事につきまして。当事者(千葉道場ファンド及び個人LP投資家千葉功太郎)として本件関わっておりますので、見解を書かせて頂きます。 本記事について、まずは世間の皆さまをお騒がせしてしまい、誠に申し訳ありません。 記事内容拝読しましたが、本記事に記載されている内容はすべて事実であると認識しており、投資検討時に溝口氏及びWEIN全グループ体が抱える問題を察知できず、投資後2ヶ月余りで投資資本を大幅に毀損させてしまいましこたと、千葉道場ファンドLP投資家の皆様に深くお詫び申し上げます。(すでにLP投資家各社様には個別にご案内しております) 一方で、私自身、心の底から起業家を信頼・信用して、どんな失敗があったとしても誠実である限り投資家として支援し続けていきたいと言う自分自身の想いがあり、今回の再起も背中押しする形でのリード投資家としてのご支援に手を挙げさせてもらいました。にも関わらず、結果として起業家としてのモラルやコンプライアンスの欠如、そして事後の不誠実な対応は、誠に遺憾だと感じています。日本のスタートアップ業界を応援する身として、そして本件の当事者として、きちんと取材など応じて事実をお伝えしていく覚悟でおります。 私自身は、今まで以上に、日本のスタートアップ業界をもりあげるべく、誠心誠意、全力を尽くしていきます。 千葉功太郎
1291Picks
NORMAL