Picks
67フォロー
89フォロワー
企業も人も乗り遅れるな、eスポーツのビッグウェーブに
小田 駿一Freelance Photographer
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
408Picks
SNS時代における「論壇とネット教養」【ゲスト:東浩紀】
NewsPicks Studios
小田 駿一Freelance Photographer
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
660Picks
【提言】「わかりあえなさ」から始めよう
NewsPicks編集部
小田 駿一Freelance Photographer
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
833Picks
続く休業要請、正直余裕はない。けれど……。バーのオーナーが漏らした本音
Forbes JAPAN
小田 駿一Freelance Photographer
Forbes JAPANにて、BARトーストのオーナー佐伯さん(たかちゃん)との対談を取り上げて頂きました。盟友でもある新國君が編集・執筆をしてくれました!ありがとう! 記事では、営業自粛をしているバーのオーナーの気持ちを素直に話してくださっているので、彼が、そして多くの営業を自粛しているお店の方がどんな気持ちなのか察して頂けると思います。 対談をして、たかちゃんの言葉を改めて、聞いて、俺って、BARトーストに、バーに、夜のお酒に癒されている部分、勇気付けられる部分、楽しませてもらっている部分たくさんあるなぁと思いました。フォトグラファーのように、人の心の機微に触れる職業だと、「心を豊かに」してくれる場所は必要不可欠だと改めて、感じました。 一番印象的だったのは、以下です。 「自分はもともと雑誌の編集に携わっていたのですが、雑誌は「雑な誌」と書くじゃないですか。雑誌は本来、読まなくてもいいかもしれないもの。でも、雑誌の“雑”の部分には一生使わないかもしれないけど、知ってたら人の生活をちょっと豊かにすることがいっぱい詰まっている。それが雑誌の素晴らしいところだと思っていて。業態は異なりますがそれはバーも一緒だと思うんです。別にバーに一生通わなくてもいいけれど、少し覗いてみることでいつもよりたくさん笑ったり、出会うことのなかった人と知り合ったりする。それが人生を豊かにしていく。そういったところが雑誌とバーは同じだと思ったので、店をやる決意をしたんです。」 微力ながら、引き続き彼らのために、何かできればと思います!まずは、ちらりとご一読くださいませ!
2Picks
【緊急提言】日本人が今できる、たった一つのこと
NewsPicks編集部
小田 駿一Freelance Photographer
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3694Picks
小売業界の革命児、「b8ta」が日本に上陸する理由
Forbes JAPAN
小田 駿一Freelance Photographer
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
519Picks
【長坂真護】月収4万円だった画家。ガーナのスラム街を再生する
NewsPicks編集部
小田 駿一Freelance Photographer
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
381Picks
NORMAL