Picks
202フォロー
68フォロワー
SOMPO、来週の体調予測 介護データ1人600種を解析
日本経済新聞
宇井 吉美株式会社aba 代表取締役CEO
SOMPOさんがパランティアを選んだ視点について。 国内にもAIベンダーさんはたくさんあるけれど、SOMPOさんはあえて海外ベンダーを選んだ。 パランティアについて調べると、米欧の金融大手や複合企業のほか、米国の中央情報局(CIA)、国防総省、厚生省などを顧客に抱えている。 https://www.jiji.com/jc/article?k=2020103100378&g=pol 上記の記事では、各案件で得たデータは、自社利用しない(=各案件で仕入れた情報を統合して新たなAIは開発しない)と書かれている。 ただ新たな研究開発はしないまでも、エンジニアの中でノウハウは溜まっていく。 中国の介護事業社が、たたき売りされている日本の特養を数カ所買収し、 日本の介護ノウハウを安価に仕入れようとしている、という話を聞いたことがある。 たたき売りしている方は、早く買ってほしくて願ったり叶ったり。 でもこんな形で日本の介護技術が流出して良いのか。 もちろん本件は日本の介護技術の流出では無いが、どうしてもバットストーリーも思い浮かんでしまった。 ↓追記↓ もちろん法人間の契約なのでデータの取り扱い方法は、厳密なチェックを経ていると思います。 ただパランティアさんがやるやらないではなく、構造的に、海外AIベンダーに日本の介護データが渡っているのがちょっとソワソワする、という意味です。 (でもじゃあ忖度して国内のAIベンダー選べってことか?と言われたら、それはそれでもちろん違くて、選ばれなかったことを猛省すべきだなと思っています、自分自身も含めて。)
NORMAL