Picks
830フォロー
179フォロワー
アップル、今後MacやiPadは品薄になる見込みと警告
Engadget 日本版
玉木 和将TAMAKI CONSULTING 代表
増収要因は2つ。 まずは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う在宅勤務や在宅学習の需要だ。同ウイルスの出現によって我々の生活が一変した。ビジネスマンにとっては出社からテレワークに切り替わり、学生にとってはオンライン授業に変わった。仕事も学習も効率的に行うためにはテクノロジーデバイスが必要となったのだ。製品の中で需要が高かった製品は、iMacとiPad Proだ。Macシリーズは売上高前年同期比70%増加、iPadシリーズは売上高前年同期比78%増加だった。特にiPadは、様々な分野において、ポータブルで場所を問わず活用できるメリットがあるため、イノベーション次第では今後も期待できる製品である。 次に、5Gに対応したiphone12の需要だ。5Gとは、新たな時代の到来を象徴するテクノロジーとして注目を集めている次世代ネットワーク。1) 高・大容量、2) 低遅延、3) 多接続の特徴を持つ。4Gと比較すると、通信速度は約20倍、遅延は約10分の1、同時接続数は約10倍だ。5Gが到来すると、人物や行動の認識や特定、在宅医療、自動運転、スマートシティ等といった様々な分野にメリットがあり、経済全体を活性化する重要なカギとなると言われている。iphone12の売上高前年同期比は65%増加。コロナ禍においては、多様化する働き方に応じるためにも、5Gに対応したデバイスは必須だったと言えるだろう。 2021年度第二四半期の結果は、主に上記2つの要因から成ったものだ。しかし、今後もよい結果を残すためには、新型コロナウイルスのような想像を超えた外的要因や市場のニーズを常に把握しなければならない。そして、ユーザーの期待度を越えるためにも、継続的なイノベーションの取り組みが必要であると言えるだろう。
217Picks
米グーグル、過去最高益 コロナ追い風、MSも好調
共同通信
玉木 和将TAMAKI CONSULTING 代表
グーグルの成長を牽引した要因の一つは巣ごもり需要だ。自粛期間が長期に渡ったコロナ禍においては、老若男女問わず在宅で時間を持て余すことが多かっただろう。そんな中、需要が高かったのはyoutubeの動画視聴だった。 テクノロジーデバイスを用いて、動画を視聴する動きが広がったため、youtubeの広告収入が前年同期比49%増の60億ドルまでに膨らんだ。オンライン上の消費者の活動拡大に加え、広告収入の幅広い伸びが寄与したと言える。 次に、企業のDX化だ。生産性や業務効率化としての働き方が見直されたため、会社内外でシームレスに仕事ができる環境を構築する必要性が急激に高まった。テレワークなどに伴うネット関連サービスの需要急増で、クラウドコンピューティング事業も急成長を遂げた (前年同期比46%増加)。消費者も企業もオンラインサービスとクラウドへの移行は今後ますます加速の一方だと言える。 今期の結果は、アルファベットのCEOであるスンダー・ピチャイ氏が決算発表分で語っているとおり、世界中の人々を支援するために信頼できるサービスの提供に努めてきた証と言えるだろう。今後、新型コロナウイルスのパンデミックが継続すれば、企業も個人もまだまだ変化せざるを負えない状況だろう。同社が成長し続けるためには、変化を余儀なくされている彼らのために継続的且つ革新的なイノベーションの取り組みが必要である。
392Picks
フェイスブック、第1四半期売上高は予想上回る 年内に大幅減速も
Reuters
玉木 和将TAMAKI CONSULTING 代表
主な要因の一つは、ダイレクトマーケティングだろう。ダイレクトマーケティングとは、広告やメディアを通して企業が顧客と直接つながり、購入な問い合わせなどの具体的なアクションを促し、その反応をデータとして計測するマーケティング手法だ。デジタル広告は、費用対効果をデータで計測しやすくPDCAを回しやすいためとても相性がよいと言えるだろう。Facebookは、データを用いてユーザーへの効果的な広告を出すための工夫を常に行っているため。広告の平均単価が前年同期比で30%上昇し、配信数も12%増加した結果になった。 次の要因は、マーケットプレイスが好調なところだ。マーケットプレイスとは、個人間のコマースを促進するプラットフォームのことで、ユーザー数がカギとなる。デイリー・アクティブ・ユーザー数 (DAU)は、前年比8%増の18.8億人、マンスリー・アクティブ・ユーザー数(MAU)は、前年比10%増の28.5億人であり、内マンスリーマーケットプレイスユーザーは10億人だった。また、Facebookが保有しているアプリが、Messenger、WhatsApp、Instagram等があり、合計のユーザー数が34.5億人を超えているのが現状だ。まさに、世界一使用されているSNSだと言える。 上記の要因により、今期の成績が好調だったFacebookだが、今後の予想は減速傾向にあるとも言われている。 主な要因は大きく2つだ。1) 長期化に渡るパンデミックの影響、2) 規制問題。特に、規制問題の影響が大きく反映されると言われている。最も注目すべき点は、AppleがiOS 14でプライバシーに関する変更を行ったことで、iPhoneおよびiPadユーザー向けの広告をパーソナライズすることが難しくなったことだ。このiOS 14の変更は、第2四半期からFacebookの広告ターゲティングに影響を与え始める予定のため、Q3とQ4が減速傾向になる予想だ。 今期の結果は、世界一のSNS運営企業の名のとおり好調だったと言える。しかし、ある種パンデミックよりも影響が大きいであろう規制問題をどう対応していくか、SNSの存在意義と価値、そしてCEOマークザッカーバーグ氏の経営手腕が改めて問われるだろ。
65Picks
NORMAL