Picks
54フォロー
200フォロワー
政府 福島第一原発のトリチウムなど含む水 海洋放出方針固める
NHKニュース
中川 彰三部長 宅地建物取引士/福祉住環境コーディネーター/DCプランナー/旅行業務取扱管理者
タイミングを外すと袋小路に入ってしまう典型的な例。今しかないと関係者は口を揃えるが、元々流すつもりなのであれば、事故後に丁寧に説明して直ぐに流しておくべきだった。それを今更10年以上も経って流すとは、今まで流さなかったことへの説明が求められる。 タンクを設置する場所がなくなったからと言うのが表向きの理由だが、そんなもの以前から誰もがわかっていたことだ。当然、タンク設置場所やタンクの耐久性とかも検討した結果だとは思うが、10年あったら、技術革新もあるだろうに。設置場所もまだまだあると思うのだが、どうなんだろうか? 私は、隣国や他の諸外国も流しているから問題ないという意見には反対だ。事故が起因で発生したものを平常時と同じ理屈で処理していいわけがない。五十嵐さんもおっしゃっているように、流す前に処理技術にカネを使うべきだ。その間は、日本全国の空き地を国なり東電が買い取ってそこにタンクを並べていくぐらいの覚悟がないと、結局何も考えずに流してしまって終わりとなってしまう。 特に漁業関係者の方々以外はそこで終わりかもしれないが、漁業関係者の方々はここから新たな戦いが待っているのに、それをしてはいけない。風評被害なんて絶対に起こる。きっとバカなマスコミが流すところを中継するだろう、そうすると、国内外から今以上に叩かれ、本当の意味で福島がダメになってしまう。
511Picks
NORMAL