Picks
30フォロー
473フォロワー
藤井聡太七段が棋聖奪取 最年少タイトル獲得記録更新、17歳11カ月
毎日新聞
ヤナギブソン (ザ・プラン9)吉本興業 芸人
おめでとうございます㊗️将棋ファンとして今日の対局を固唾を飲んで見ていました。僕は、渡辺明さんのファンですが。。 現在のタイトル保持者 豊島将之  竜王 名人・・この人は現在30歳で藤井さんより実は早いペースでプロになるところだったんですが、三段で足踏みしてプロ入りは16歳。それでも、将来を約束されたようなデビューでした。コンピューターとの電王戦も圧勝したのはこの人だけ。現在序列最高位の竜王と名人を両方保持している。そして、名人戦は、現在進行中、相手は無敗で勝ち上がってきた渡辺明二冠。 渡辺明  棋王 王将・・昨日藤井聡太さんに棋聖を奪われるまで三冠でした。現在名人戦に挑戦中。獲得すればまた三冠に。さらに、王座戦の挑戦者決定戦に出る事も決まっているので、そこで勝ち、王座戦で永瀬拓哉二冠に勝てば四冠になる可能性もある。 藤井くんの研究範囲を遥かに超えた準備で棋聖戦三局目で勝ったのは渡辺さんらしい。永世竜王、永世棋王の資格者。羽生時代の次の時代を担ってる人。その後豊島さんが最高位についになり、2人の時代になるかと思いきや、そこに藤井くんが現れたのです。まさに群雄割拠。 永瀬拓哉 叡王 王座・・若手のエース。この人は藤井さんに勝つために戦ってる人、でも藤井くんが研究仲間。藤井さんがデビューしたすぐ、炎の7番勝負という企画がアベマであったのですが、7人中藤井くんに勝ったのはこの人だけ。羽生さんも負けたのに。この人もコンピューターに勝ってます。現在豊島竜王名人と叡王戦の真っ最中。このタイトル戦は異例の持将棋(引き分け)や千日手(これもまぁ引き分け)がでまくってるとても、白熱した状況です。 木村一基 王位・・ご存知の通り、藤井くんのもう一つのタイトル戦の相手。若い頃から抜群の勝率を誇り、1年で60勝以上かつ、勝率8割以上を達成したのは藤井くんと、この人だけ。いつタイトル取ってもおかしくない人だったのですが、挑戦者になりタイトル戦にでる事6回、なんとその全てでタイトル奪取ならず!40歳後半に差し掛かり本人も一生タイトル取れないと思い諦めかけた昨年、ついに豊島さんから王位を勝ち取り将棋ファンみんなが祝福した人。 藤井聡太 棋聖・・説明不要。というか文字制限の限界で割愛
593Picks
中国肺炎感染者、SARS上回る 世界各国6千人超
共同通信
ヤナギブソン (ザ・プラン9)吉本興業 芸人
今回のコロナウイルスは6種類あるコロナウイルスの中でも、動物から感染したMARSと、SARSの2種類に近いウイルスです。動物から感染したコロナウイルスは残りの4種類より、重篤化しやすいです。それでも、インフルエンザウイルスと同じく免疫力が落ちている、或いは別の疾患がある人が重篤化しやすいです。   インフルエンザウイルスは、毎年国内で数百万人が感染して150人ほど亡くなっています。2009年の新型インフルエンザはpandemicになりましたが、免疫力が出来たら季節風インフルエンザに変わりました。   コロナウイルスは、接触感染と飛沫感染らしいので、インフルエンザ予防をすると、同時にコロナウイルス予防になります。 飛沫感染とは、くしゃみやせきの飛沫を直接口や鼻の粘膜を通じて人体に入る感染で2m以上罹患者から距離を取る。 接触感染は、飛沫がいろんなところに付着して、それを触って口や鼻を触るからそこから、感染する。なので、手洗いが大事なのです。マスクが人にうつさないためのものといわれるのは、飛沫をあちこちにばら撒かないようにするためです。 なんせ、正しく注意しましょう。 生物兵器だとううわさは、かなり眉唾です。ワシントンタイムズ(ワシントンポストじゃないよ!)が、中共に批判的な中国人から出たデマを流したところからはじまってるという話があります。
391Picks
「話がつまらない人」と面白い人の決定的な差
東洋経済オンライン
ヤナギブソン (ザ・プラン9)吉本興業 芸人
朝日放送、T-1グランプリ(たとえ1グランプリ)優勝の私が解説しよう!!てへへ。 例えば、 怪我や病気が治りきってないのに無理する人がいるとします。あなたは、その人に無理して欲しくない。そんな時、 「無理するな」 って言うより、例えたほうがちょっと効果あるかもしれません。 僕ならこう例える 「君は今、便所で言うたら大を流す時、1回目で流れなくて、2回目の水が溜まるのを待ってる状態や。十分溜まるまで待ちきれなくて流すと、水が少なくてまた1から溜まるのを待たなあかんよね。余計時間かかるよね。それと一緒、十分水溜まってから流そ」 とか。これが所謂例え。 しかーし。例え力は論理的思考が必要なように見えるけど、実は、ぼやーっとした、想像力のほうが必要となります。 先の例だと、「我慢できずに行動を起こす事って、どんな時があるかなぁ」とぼんやり想像してみる。気持ちから入ってみると経験から思いつく事があります。 僕は、非常に感覚的に相似した物事が勝手に浮かんだときだけ、例えます。 あとは、単に見た目を例えるか。こちらは、皆さんもやってる事でしょう。 例え力は、鍛えるの難しいよなぁ。 何でも、マニュアル思い出して喋るより気持ちで喋ったほうが伝わるで。 うまく喋るには、教えてもらうより場数よ場数!!僕も今でこそでかい声出せるけど、最初は全然出んかったもん。場数と気持ち!! んで、場数踏んで、慣れたら緊張もしなくなる。そしたら余裕が生まれて、初めて視野が広くなり、例えをその場で考える余裕も生まれる。
1902Picks
【提言】ラットレースの働き方を回避する、たった一つの方法
NewsPicks編集部
ヤナギブソン (ザ・プラン9)吉本興業 芸人
この記事読んで思い出した。 どうやら、組織というものには組織の論理があるようで、夢や希望を持った若者の多くが、一度(ひとたび)組織に入ると、やがて感覚が麻痺していき組織の論理に組み込まれていくらしい。なぜなら、そうしないと自分を守れないからだって。自己防衛本能が働き、組織の論理に従うようになるらしい。 これは、ある組織の上層部を引退した人から聞いた話。その人は、今はやりたいことをやっているって。幸せだって。 組織の論理に麻痺したまま人の上に立った人間は、夢を持った若者を「現実を知らん」やら、「青臭い」やら自己実現に失敗した自分を守るために何かしら理由をつけて否定するらしい。 否定された若者は、組織に組み込まれるか、辞めるか。それとも、闘うか。 闘い続けても、組織の論理には勝てない。闘いつづければ、疲弊もするし、人によっては、人間関係もこわすし。闘い続ける動機も薄れていく。 やりたい事をやらず、何となく空気を読んで生きてる人がいれば、僕はこう言いたい。あなたは、他人の人生を生きてますよって。 若者の熱さは、たとえ未熟であろうともそれが人として自然で正しい姿勢。 麻痺してしまい、「世の中そんなもんや」と納得してる人。たとえそんな人が大多数であろうとも。実は、大多数のほうが間違っている。腐っている。おかしさに気づけなくなってしまった。と、僕は考える。考え続けてる。 死ぬ時、人は何を思うのか。多くの人は、組織の論理に従い過ぎて生きた人生に、何かしらの圧倒的な「府に落ちなさ」を感じるだろう。 それは、あまりにも虚しく悲しい。 自分のやりたい事がある。好きな事がある、それをやりたい。そんな気持ちは人生を力強くひっぱり、時には支えてくれる。これは、間違いない。
811Picks
NORMAL