Picks
154フォロー
1670フォロワー
【最新決算】アリババが「30%成長でも喜べない」理由
NewsPicks編集部
中町 秀慶株式会社unbot(日本,中国,香港,台湾) 代表取締役(中国上海市在住)
30%成長で、利益が一時的にコロナの影響で減少したとしても、投資先の株価などの影響であれば、超ど短期の事で大して気にしてはいないでしょう。 それよりも問題は、拼多多の猛追やEC以外の事業の柱の構築です。 冒頭にも書かれているように、新規の数千万人のユーザーは、7割以上が地方都市です。 ECの成長余力は、地方都市とオフライン、海外にしかありません。 オフラインはニューリテールによるフーマーやLSTを活用したチャネル開拓をしてますが、ECに比べれば限定的です。 反面、地方都市には膨大な市場が広がっていますが、そこに現れたのが拼多多です。 去年の今頃、中国の家電大手が拼多多と積極的に取り組もうとした結果、アリババから締め出されて、検索上位表示すらされなくなって大問題になったことがあります。 いかに、アリババが拼多多に注意を向けているかが分かります。 拼多多は偽物でも品質が悪くても、とにかく安い。という、以前のアリババの淘宝の十八番を、地方都市で奪ってしまいました。 これからの成長余力である地方都市を拼多多に握られてはまずいのです。 上海の一人当たりGDPは、16,000ドルですが、成都ですらその60%程度です。 これが、今後、10,000ドルを超えて本当の市場になっていく。 その土台を取られないように本気で拼多多を敵対視しています。 自転車が9元(150円)で売られているようなプラットフォームです。 驚異的です。
388Picks
中国できょうから5連休 延べ1億人以上が旅行などで移動へ
NHKニュース
中町 秀慶株式会社unbot(日本,中国,香港,台湾) 代表取締役(中国上海市在住)
まず、中国(上海在住)では、かなりアフターコロナと言える状態にあります。 普通に、企業は4月に入って出社勤務が一般的になりましたし、訪問なども行われています。 飲食店は普通に開いてますし、かなりビフォーコロナに近い客入りです。 まだ、多少影響があるのは、 ・遠方の出張 ・大きめのイベント ・マッサージなどの接触が多い上に、不要不急なサービス といった感じのことだけ。 (海外旅行は当然ほぼなし) 上海では、「随身码」というアプリで、個人認証があり、危険度の高いエリアに行ったりしていると、グリーン(正常)が、レッド(危険)に変わる可能性があります。 「随身码」は、施設やレストランに入る時も必要な場合が多いので、これがレッドになると自由な移動が出来なかったり、隔離対象になったりします。 この「随身码」は、どこに行ったらレッドになるなど明確な基準が公開されてないので、実家に帰省したり、遠方出張したりすると、上海に戻ってきたときに、レッドになって隔離されるリスクがあります。 そのため、上海近郊の比較的リスクの少ない江蘇省、浙江省はいいが、それ以外は渡航を自粛する様に促している会社もあります。 ただ、それでも、アフターコロナで長らく会ってなかった家族に会うために帰省する人も増えているのが事実です。 私の友人、知人でも多くの方が、帰省しています。 僕個人的には、せっかくの封じ込めを無駄にしないため、そして、何より皆さんの健康のために、是非、ここで気を緩めずに、グッと堪えて欲しいなと思います。 ただ、こんなことを警戒しなければいけないほど、中国では、終息、アフターコロナの状況に近くなっています。
385Picks
アリババ「アマゾンすら凌ぐ」巨大市場の正体
東洋経済オンライン
中町 秀慶株式会社unbot(日本,中国,香港,台湾) 代表取締役(中国上海市在住)
Amazonとアリババを売上で比較するのは、そもそもナンセンスです。 特に、アリババは直販が非常に少なく、今でこそ「天猫超市」というスーパーマーケットモデルの直販はやってますが、長らくマーケットプレイスのみでした。 アリババが「持たざる経営」と呼ばれるように、自社で在庫や物流を持たない事で、サービサーであることに徹してきた結果です。アリババが「世の中の難しいビジネスを無くす」という、中小零細企業を主役とした思想があるためでもあります。 なので、アリババは菜鸟(ツァイニャオ)という物流統合システムは提供してますが、自社物流を一部しか持ってません。 Amazonと比較しやすいのは、直販とマーケットプレイスのハイブリットで、自社物流も構築している中国ECモール第2位の京東商城(JD.com)です。 タオバオの急成長の背景は、西村教授が述べているように、「アリペイ」の他に、「アリワンワン(CS)」と「信用評価システム」があります。 また、記事には触れられていませんが、タオバオが生まれる前に、ジャック・マー氏が、アリババ初期に20億円を出資したソフトバンクの孫社長と会い、「C2Cのサービスはいつ始めるんだ?」と聞かれ、「帰って検討する」と答えると、「それじゃダメだ。今すぐ決めてくれ、じゃないと他に投資する」と言われ、タオバオを始めたというのも有名な話です。 また、「天猫小店」がサラッと触れられてますが、実はすごい仕組みです。 中国全土にあるパパママ店舗と言われる数千万とも言われる個人商店に、「仕入れルート」と「良好な仕入れ価格」、「物流手配」、「周辺エリアのビッグデータ」を提供する仕組みを提供するサービスです。 つまり、ローソンのようにフランチャイズを出店しなくても、既存の小規模小売店を、オセロのように、天猫にひっくり返していく仕組みです。 これによって、地方のパパママ店舗は脆弱な「品揃え」「価格」を克服して、大手コンビニに比肩する力を手にします。 現時点でも100万店舗以上が加盟しており、拡大を続けています。 この仕組みを、「LST」と言いますが、意外なほど日本では注目されていません。 実際は、OMOの代表格とされる「フーマーフレッシュ」よりすごい仕組みだと思いますが。
350Picks
NORMAL