Picks
155フォロー
1665フォロワー
中国GDP 前年比+2.3% 主要国で唯一プラス成長保つ
NHKニュース
【最新決算】アリババが「30%成長でも喜べない」理由
NewsPicks編集部
中町 秀慶株式会社unbot(日本,中国,香港,台湾) 代表取締役(中国上海市在住)
30%成長で、利益が一時的にコロナの影響で減少したとしても、投資先の株価などの影響であれば、超ど短期の事で大して気にしてはいないでしょう。 それよりも問題は、拼多多の猛追やEC以外の事業の柱の構築です。 冒頭にも書かれているように、新規の数千万人のユーザーは、7割以上が地方都市です。 ECの成長余力は、地方都市とオフライン、海外にしかありません。 オフラインはニューリテールによるフーマーやLSTを活用したチャネル開拓をしてますが、ECに比べれば限定的です。 反面、地方都市には膨大な市場が広がっていますが、そこに現れたのが拼多多です。 去年の今頃、中国の家電大手が拼多多と積極的に取り組もうとした結果、アリババから締め出されて、検索上位表示すらされなくなって大問題になったことがあります。 いかに、アリババが拼多多に注意を向けているかが分かります。 拼多多は偽物でも品質が悪くても、とにかく安い。という、以前のアリババの淘宝の十八番を、地方都市で奪ってしまいました。 これからの成長余力である地方都市を拼多多に握られてはまずいのです。 上海の一人当たりGDPは、16,000ドルですが、成都ですらその60%程度です。 これが、今後、10,000ドルを超えて本当の市場になっていく。 その土台を取られないように本気で拼多多を敵対視しています。 自転車が9元(150円)で売られているようなプラットフォームです。 驚異的です。
388Picks
NORMAL