Picks
5277フォロー
35656フォロワー
インドからの入国、検査と待機日数増を検討 変異株猛威
朝日新聞デジタル
大山 敬義株式会社バトンズ CEO /暦オタ・ガジェオタ・ミリオタ・時々謎のPro Picer
何が驚いたって、今回の入国規制強化がたった6日間の隔離であること以上に、今まで“3日間“だったということ。 これでは海外の変異株が入りたい放題だったのは当然です。 そして今に至るまで、インドとの定期便は運行したままで、休止の予定は当面ない様です。 国境コントロールは国家の主権に属することで、安全保障や疫病の水際対策のために一時的に厳しくすることやストップすることは法律上も問題がないはずなのに、なぜこんなにも対策が後出しなのでしょう? 現在の流行の大半は海外から持ち込まれた変異株であることは明らかで、もし事前に水際対策に力を入れていたのなら、少なくとも第四派は防げたはずです。 この点を軽視したことが今回のコロナ対策の最大の失敗の1つだったと思います。 でも恐らくこのことが問題になることも、責任をとる人もいないだろうと思います。 本質的な失敗に、直感的に目を瞑り、誰も責任を取らなくてもすむ様にすることこそ、日本の社会がDNA的に継承している「失敗の本質」なのですから。 私は色々文句を言いつつも、政府や行政の政策は最低限の努力はきちんとしていると評価はしていますが、こういう部分だけはいつも軽い絶望を覚えます。 (追記) インドが上陸拒否対象国・地域に指定されたのはGW前の4月23日の事です。 ただし特段の事情があれば入国が認められ、又給油や乗り継ぎ目的はその限りではありませんでした。 この時点では入国後は2週間の自主的な隔離に留まり、指定施設への隔離が始まったのはようやく5月1日からです。 国の対応が遅かったと言われるのはこの為です。 あと6日という数字の根拠は、現在の入国前のPCR検査の書類に不備があった場合、3日間が6日間の隔離になるオペレーションがあり、取り敢えずインドからの人はデフォルトで6日間にするということのようですね。
202Picks
【削除されました】養殖物2021年5月4日(火)
note(ノート)
【削除されました】養殖物2021年5月3日(月)
note(ノート)
大山 敬義株式会社バトンズ CEO /暦オタ・ガジェオタ・ミリオタ・時々謎のPro Picer
今はかなり美化されていますが、昔の日本企業は今とは比較にならない程ブラックでした。 長時間労働が最大の美徳とされ、インフルエンザはおろか、親が危篤になっても仕事をし、成果を上げた人間が普通に賞賛されていました。 パワハラが当たり前と言うより、そんな言葉自体なく、体育会的な命令服従が普通に当然とみなされていました。 耐えかねて会社を辞めたいと言う人も当然いたはずですが、石の上にも三年とか言われ、簡単に転職する事はむしろ悪とされました。 それなのに何故、皆んな文句の一つも言わず、一生懸命頑張ったのか。 それは耐え忍んだ先に希望があるから、明るい未来があるからと思っていた、もっと言えばそういう社会的なコンセンサスがあったからです。 毎年普通に給料が上がり、普通に国が成長する時代と言うこともありますが、その時代のリーダー達が語る明るい未来像やそれを実現しようとする断固たる意志がそう言う雰囲気を作ってきたことも大きかったと思います。 しかしいつしかリーダーの口からは明るい未来の希望が失われ、企業や社会にはかつてのブラックの残滓だけが残るようになりました。 コロナでもそうです。 日本は世界的にみても感染者が少なく、又ワクチンも国民全てが接種するに十分な量が確保されています。 年内には国産のワクチンの開発も始まります。ゲノム解析によって治療薬が開発されるのも時間の問題でしょう。 でもリータ達はかつてのように希望を語って国民の団結と自発的な行動を促すのではなく、恐怖によってその行動を支配しようとしているかに思えます。 それは歴史的にみて、この国の勝ちパターンの逆を言っているように見えてなりません。 【今日の歴史】 1791年の今日ポーランドで世界初の民主的な成文憲法である5月3日憲法が制定された。 しかし民主的な憲法はかえって周辺国に警戒され、国内ではマグナートと呼ばれる大貴族が既得権益を守るためロシアと手を結んでタルゴヴィツァ連盟を結成。 ロシア軍を国内に招き入れ僅か1年で新憲法は破棄させた。 4年後ポーランドは周辺諸国に分割されて滅亡した。
71Picks
米企業クラウド「難解で手に負えず」、ペイペイも楽天も神戸市も…設定ミスで情報流出か
読売新聞
大山 敬義株式会社バトンズ CEO /暦オタ・ガジェオタ・ミリオタ・時々謎のPro Picer
前職はSalesforceのかなりの大口のユーザーでした。 今はどうかはわからないのですが、当時Salesforceは直販というのは基本的に無く、パートナーと呼ばれる代理店やSIerからライセンスを購入する仕組みになっていました。 Salesforceは汎用性が高い故に、バニラのまま使うと言う事は滅多にないので、自社向けに様々なカスタマイズを施すのですが、自社でエンジニアがいなければ、パートナーに諸々導入から依頼するのが普通です。 つまり今回の問題はSalesforceの仕組みの問題ではなく、導入側のパートナーの問題ではないかと思います。 とはいえ、Salesforceは頻繁にアップデートする為、最新の仕様について行くのはかなり大変です。 その為か、大規模なユーザーコミュニティや学習コンテンツがあり、常に学んでいかないと使いこなせないという側面がかなりあります。 この辺りは日米のアプリケーションの思想の違いと言えそうですが、その為パートナーによる習熟度の違いは相当あり、前職でも何回かパートナーを入れ替えた覚えがあります。 ただパートナーに依頼するにせよ、自社である程度の知識やエンジニアがないと、そもそもパートナーのレベルを測ることさえできません。 社内エンジニアが少ない日本の欠点が表れたインシデントと言えるかもしれませんね。
750Picks
NORMAL