Picks
70フォロー
41923フォロワー
スマホの操作も「リモート」時代に!? 画面に触れずに操作できる「スマートリングSO+」
株式会社PR TIMES
ワクチン「接種したくない」11% 若い世代多く 全国大規模調査
NHKニュース
牧野 泰才東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授
盲目的な安全というメッセージも逆に危険な気がしています. 例えば,接種開始から1年程度しか経っていないため,5年後に影響があるのかどうかというのは,原理的に誰にも分からないはずなわけですが,河野大臣のブログなどでは長期的な安全性に対する懸念はデマであると言われてしまっています. 厚労省の方にワクチン接種後の死亡事例の報告などもあり,殆どの事例で因果関係は不明となっています(原理上因果関係を立証するのは難しいのではないかと想像します). そのなかには20代の方なども含まれているので,若い人にとっては,重症化のリスクが低く,一方で因果はわからないけれど死亡までのリスクはあるかもしれない,あるいは長期の影響はどうなのか分からないとなると,そこに不安を覚える人がいるのは当然ではないかと思います. なので,副反応が怖いというのは,腕が痛いのがいやだとか,熱が出るのが怖いとか,アナフィラキシーがどうとか,そういう分かっている範囲のレベルの話ではなくて,因果が不明の事例や,将来に渡っての安全性に対しての不安感なのだと思います. 因果不明な事例について,何らかの形で白黒つけられればよいのだろうと思いますが,多分安全とも危険とも言えないのではないかと思いますので,個人のリスクに対する感度次第かなと思います.(100万人に△人,を多いと思うか少ないと思うか.自分はその△人になりうると思うかどうか)
546Picks
リモコン付きラケットで自在に魔球 東大と東工大が超音波卓球「Hopping-Pong」開発
ITmedia NEWS
牧野 泰才東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授
うちの研究室の成果を記事にしていただけました. この超音波の遠隔地から提示装置は,元々は見えない触覚提示用のデバイスとして開発されたものなのですが,遠隔から非接触で力を提示できるということは,軽いものであれば動かせるよね,ということで,軽い卓球のボールの軌道を変えてしまう装置として作ってみました.かなり魔球のようなボールが打てるようになるので,リアルなスポーツと,テレビゲームの間くらいの感じで楽しめます. 扇風機のオンオフなんかでも出来るかとは思うのですが,音速(340m/s)に比べて扇風機の風速は遅いので,卓球のボールくらいのスピードのものに対応しようとすると,常にオンとかにしておかなければならず,ここ一番のカーブ,というようにはならないかなと思います. ちなみに,卓球のボールのトラッキングについては,高速カメラで行っていますが,音速とは言え遅れがあるため,計測された位置に超音波を打っても当たらないということが起きてしまうので,簡単なボールの位置予測を入れています. 最後に,軽量物体の制御という観点で,以下のようなバルーンの制御なんかもやっているので,もしご興味があれば御覧ください(中程のSupplemental Materialのところに動画があります.) https://dl.acm.org/doi/abs/10.1145/3415255.3422882
64Picks
対面授業なしは「義務不履行」 学生が明星大を提訴へ
朝日新聞デジタル
牧野 泰才東京大学大学院新領域創成科学研究科 准教授
教員側としては、これまで対面で行ってきた蓄積があるので、対面を継続するというのが最も楽です。この手の話題のとき、オンラインの方が安易と思われてしまうのが個人的にはどうにも解せません。そんなに手抜き講義にシフトした先生が多かったんだろうか。 対面にシフトすることを考えるとき、大学という場があまりにコロナに対して向いていないということに気付かされます。数千人規模の学生が、それぞれ別々の時間割で動き、同じタイミングで学食を利用したりするため、仮にクラスターが発生したような場合に誰が誰と接触したかなどを追うのは至難のわざです。(若者は重症化しないのだし、もはやそんな追跡は不要という考えもあるかもしれませんが) 座席も基本的には必要最低数しか用意されておらず、人気講義には立ち見が出たりもするわけで、密を避けるのに向きません。 学生の多くがバイトをしていて、交流の範囲も非常に広くなります。そういういろんな人と交流を持てるところが大学の良さでもあったわけですが、それが安易に対面再開としにくい部分でもあります。 中高は再開してるのにと比較されることも多いですが、上記特徴は中高にはない部分かと思います。 また、仮に対面全面解禁となったとしても、このコロナ禍で登校したくないという学生もいるはずで、そちらにも配慮しなければならないので、うちの学科は一部実験関係の講義は対面化していますが、これに参加しないと単位を出さない、というのは勿論せずに、ハイブリッド化の工夫をしたりしています。 どこの大学も安易にオンラインということはなく、いろんなオプションを考えながら選んでいるというのはご理解いただきたいなと思います。
460Picks
NORMAL