Picks
9フォロー
3950フォロワー
NYダウ最高値、初の3万5000ドル台 企業業績に期待
日本経済新聞
奥野 一成「おおぶね」ファンドマネージャー |農林中金バリューインベストメンツ最高投資責任者
皆が「バブルだ」と言っている間はバブルではないということでしょうか。 いわゆる「買いたい弱気」が自分もふくめて周りにはたくさんいます(笑)。 結局、資産形成としてはドルコスト平均法でコツコツ積立て投資をする仕組みを作るのが良いと個人的には思います(それにはiDeCoとか企業DCとかが向いていると思います)。 相場がよかろうと悪かろうと「淡々と」無理のない金額を買う。相場を当てるドキドキ感とかとは無縁ですが、資産形成はギャンブルではないのですから・・・ ドルコスト平均法でコツコツと積立投資をすることの最大のメリットは「相場や価格を予想する」という不可能なことにチャレンジする無駄を省いてくれ、もっと大事なこと、自分が得意なことに集中できるということです。 もちろん、相場でタイミングを取ることのできる人、右肩上がりで上がるものを予め知っている人は、一括購入する方がパフォーマンス的には良いに決まっています。 が、もしそんなことができる人がいるなら、ぜひお友達になりたいです。働く必要がなくなります(笑)。 しかし、ドルコスト平均法だったら、なんでも良いわけではないことにも注意が必要です。長期的に下落する投資対象では「緩やかに」損するだけです。 反面、長期的な価値上昇に自分なりの納得感がある対象に積立投資していれば、中短期的な価格下落を楽しむことができます。 なかなか下落しない相場が続きますが、落ちたときに慌てるのか、楽しめるのかはこの納得感の強さにかかっています。
163Picks
【長期投資】いま日本企業に求めている価値づくり
NewsPicks Studios
NORMAL