Picks
113フォロー
45フォロワー
大手コンビニ 弁当などの容器 紙製に切り替える動き活発に
NHKニュース
阪本 明子元金融/元総合電機
紙素材は選択肢のひとつ 『脱プラ・減プラ』 多くの企業で検討されている、バイオプラスチックや紙といった代替素材への切り替え。 ▶︎生分解性とバイオマス由来を区別する! 「バイオプラスチック」とは 「生分解性プラスチック」と「バイオマスプラスチック」の総称。 「生分解性プラスチック」 通常のプラスチックと同様の耐久性を持ち、使用後は自然界に存在する微生物の働きで最終的にCO2と水にまで完全に分解されるプラスチックと一般的に定義されている。 「バイオマスプラスチック」 再生可能なバイオマス資源を【原料として】化学的または生物学的に合成されたプラスチックと定義されている。 バイオプラスチックですが…実は原料によっていくつもの種類があり、その生分解性もまちまちで、水環境や土壌環境では分解されにくいというものが多く、海洋生分解性プラスチックは未だ開発段階。 コストが高いという導入に向けて立ちはだかる問題もある。 近年の紙製品は従来よりも耐水性・耐油性の高いものが開発され、プラスチック製品と変わらない強度のものも登場しています。 内側にPET処理を行い耐油性を高めたり、プラスチック製のふたを使うことで密閉性を高められる。 理解を深め、一歩ずつ👣 生分解性プラスチックの課題と将来展望 (三菱総合研究所) https://www.mri.co.jp/knowledge/column/20190408.html 追記 過去が現在に影響を与えるように、未来も現在に影響を与える
206Picks
【林篤志】いまこそ「サステナブル・イノヴェイション」が必要だ
NewsPicksアカデミア
阪本 明子元金融/元総合電機
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
126Picks
アップルが送り出す次の革新的製品とは?
Forbes JAPAN
阪本 明子元金融/元総合電機
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
510Picks
NORMAL