Picks
231フォロー
39フォロワー
「経営は現場がわかっていない!」と、どんな会社の人も言う理由〜簡単に共感してはいけない〜
Yahoo!ニュース 個人
こみち のうせい
こういう類の記事を読むと思い出すことが二つ。 一つは高校時代に読んだ、懐かしい「中根千枝さんの名著」と、もうひとつは、50を過ぎてから視聴したフジデレビジョンのドラマのセリフ。 まずひとつめ。 中根千枝の名著である『タテ社会の人間関係』(1967,講談社)と、『タテ社会の力学』 (1978,講談社)には、こんなことが書いてある。 日本の社会構造を理解する上で、示唆に富む本であり、今でも通用する内容である。 ●天才的な能力より、人間に対する理解力・包容力をもつということが、何より日本社会におけるリーダーの資格である(『タテ社会の人間関係』p.148) ●(集団の実力は)リーダー自身の能力よりも、リーダーがいかに自分の兵隊の能力をうまく発揮させるかということになる(『タテ社会の人間関係』p.154) ●タテの関係という用語によって意味する重要な人間関係は、下位のものが、上位のものに服従するのではなく、うまく組み合うことである(『タテ社会の力学』p.86) 日本の組織の強みとは、密着した「家族」のような組織内関係を作り、そこである種の「甘え」も許しながら個々人の能力を発揮させるところにある。 その関係においては、自由に発言することができ、お互いの強みを引き出すことができるようになる。 ●直接の長よりも組織のうえでは上位にある人の命令でさえ聞こうとしないのが常である。(中略)心情的には、自分たちの気持ちが通じていないような人の命令には従わないのである(『タテ社会の力学』p.91) コーポレートガバナンスの課題かも。プロ経営者はこのカベを超えられるかどうか。 だからこそ、松下幸之助はじめ、名経営者は現場によく行く。 心情的に通じ合うことが統治には重要なことだからだ。 もうひとつは、「続・最後から二番目の恋」 第11話(最終話)の中井貴一のセリフより。 人が働く場所は、どんな場所も現場なんだって。こうやって朝から皆さんが準備をして撮影をする場所も現場なら、めちゃくちゃなことを言ってくる部長さんがいる場所も現場なんです。間違ってるって分かってるけどやらせなきゃならないこと、やらなきゃならないことがある。 それは、あのぅ・・・別に会社とか、役場とか、そういう組織だけじゃなくて、家庭の主婦なんかもおんなじなのかも しれませんね。
103Picks
【読書】「グダグダ会議」を終わらせるファシリテーション技術
NewsPicks編集部
こみち のうせい
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1856Picks
Excelと Google スプレッドシート、 決定的に違うポイントとは
Diamond Online
こみち のうせい
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
571Picks
ドル、実力より14円高 揺り戻しに市場動揺の火種
日本経済新聞
こみち のうせい
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
ジョブ型が変える人材育成 「人は資産」経営の本質問う
日本経済新聞
こみち のうせい
ジョブ型制度を導入・運用するためには、まず個々人の自由と責任意識を職場に取り戻すことが必要と感じた。空気を読み、察して動く人材か重宝されたり、出る杭は打たれる、出ない杭は打たれない的風土を無くしていかないと、『異動は公募制合掌中心になっていく』なんて制度は定着していかない。 記事より 組織・人事コンサルティング大手、マーサージャパンの白井正人取締役によれば、日本企業では組織のメンバーの発言の微妙なニュアンスを共有することが重視されてきたため、教育訓練は日常業務を通じての職場内訓練(OJT)が中心になった。 OJT以外で唯一、盛んになったのは階層別研修という。これは同じ年次で処遇に差がつくのをなるべく防ぐため、職務遂行能力に開きが出るのを抑えるためだった。 しかし、変化の激しいDX時代に入り、需要が右肩上がりで伸びた時期から続く従来の教育訓練では、ビジネスの最前線で役立つスキルの習得がほとんど期待できない。 ジョブ型制度は日本企業の人材育成をテコ入れする手段になる。「個人のキャリア形成意識が高まり、会社も教育機会をいかに提供するかの競争をしている」(白井氏)。厚生労働省の調査では、通常業務を離れての教育訓練(職場外訓練)に企業が投じた1人あたりの金額は19年度に1万9000円と低調だ。このままでは意欲のある人材が集まらなくなるリスクがある。 部課長ら管理者の役割は重要になる。日立製作所は21年9月までに、全てのポストについて職務記述書をつくる。いまのポストに求められるスキルと実際の能力とのギャップを明らかにし、管理者が一人ひとりと対話して必要な研修を考えるという。 個々人の能力の特性を把握し、どんな力をつけなければならないかを見極め、スキル向上の方法を描く。「人は資産」を標榜してきた日本企業は、そうした社員の能力開発に果たして熱心に取り組んできたか。人材重視の経営が本物かどうかが問われている。
5Picks
テレワークの情報漏洩対策 知らないと「大事故」に
日本経済新聞
こみち のうせい
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3Picks
「抜擢」は時代遅れ 三菱ケミカルが挑むジョブ型改革
日本経済新聞
こみち のうせい
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4Picks
「能力主義」が社会を分断 マイケル・サンデル氏
日本経済新聞
こみち のうせい
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
衝撃! 証券業界の「不都合な真実」を明らかにした「ゲームストップ騒動」の深層
マネー現代
こみち のうせい
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
242Picks
組織のトップに信頼される「参謀」になるための「2つの条件」
EL BORDE (エル・ボルデ) - デキるビジネスパーソンのためのWEBマガジン
こみち のうせい
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
321Picks
NORMAL