Picks
0フォロー
783フォロワー
「仕事が遅い」と思われている人が根本的に勘違いしていること
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
楽天が目指すグローバルな企業文化 個人と組織と社会に「ウェルビーイング」を
Forbes JAPAN
青山 朝子日本電気株式会社 グローバルファイナンス本部長
個人のウェルビーイングなくして、組織のウェルビーイングなし。組織のウェルビーイングなくして社会のウェルビーイング なし。三方よしの考え方が根付く日本では、比較的理解を広めやすいウェルビーイングだが、さて、どういった状況がWell-beingなのか、きちんと考え、コミュニケーションをする必要がある。  この記事では、楽天のChief Well-Being Officer (CWO)である小林氏が2019年にこのポストを作った思いとして、たとえ素晴らしいビジネスモデルがあったとしてもどんな価値観をもつ人や組織が運営するかによって質が変わる。だから企業文化は極めて大事であり、Well-Beingをこの企業文化の軸にすえると仰っている。  コロナになって、オンライン会議を中心とした会議になるにつれ、生産性は上がる一方、バリューを共有するなど、感じる部分が希薄になっている。将来に不安を感じる状況になるからこそ、意識的なコミュニケーションや雑談を増やすことが必要だと小林氏は説く。  私も同じ思いである。ZOOM会議での雑談は本当にやりづらく、手探りの状況が続くが、同じ思いを持つ企業同士がアイディアを交換したり、繋がったりすると新しいコミュニケーション方法や新しい価値観が生まれるだろう。一方、それは三方よし、につながり、社会課題を解決し、社会課題を解決していけるようになる。そういった社会や組織を作っていくことが今後一人一人に求められると思う。
141Picks
【必須教養】パナソニックで学ぶ「ファイナンス」思考
NewsPicks編集部
NORMAL