Picks
0フォロー
749フォロワー
楽天が目指すグローバルな企業文化 個人と組織と社会に「ウェルビーイング」を
Forbes JAPAN
青山 朝子日本電気株式会社 グローバルファイナンス本部長
個人のウェルビーイングなくして、組織のウェルビーイングなし。組織のウェルビーイングなくして社会のウェルビーイング なし。三方よしの考え方が根付く日本では、比較的理解を広めやすいウェルビーイングだが、さて、どういった状況がWell-beingなのか、きちんと考え、コミュニケーションをする必要がある。  この記事では、楽天のChief Well-Being Officer (CWO)である小林氏が2019年にこのポストを作った思いとして、たとえ素晴らしいビジネスモデルがあったとしてもどんな価値観をもつ人や組織が運営するかによって質が変わる。だから企業文化は極めて大事であり、Well-Beingをこの企業文化の軸にすえると仰っている。  コロナになって、オンライン会議を中心とした会議になるにつれ、生産性は上がる一方、バリューを共有するなど、感じる部分が希薄になっている。将来に不安を感じる状況になるからこそ、意識的なコミュニケーションや雑談を増やすことが必要だと小林氏は説く。  私も同じ思いである。ZOOM会議での雑談は本当にやりづらく、手探りの状況が続くが、同じ思いを持つ企業同士がアイディアを交換したり、繋がったりすると新しいコミュニケーション方法や新しい価値観が生まれるだろう。一方、それは三方よし、につながり、社会課題を解決し、社会課題を解決していけるようになる。そういった社会や組織を作っていくことが今後一人一人に求められると思う。
138Picks
【必須教養】パナソニックで学ぶ「ファイナンス」思考
NewsPicks編集部
【独自】富士通、IT部門で「営業幹部ポスト半減」の衝撃
NewsPicks編集部
青山 朝子日本電気株式会社 グローバルファイナンス本部長
富士通が2020年度からジョブ型に移行したことが話題になっているが、この記事では、具体的なアクションとして、新任幹部をポスティング制にすること、社内公募には様々な制約を外してチャレンジ可能とすること、今回は、国内のソリューション部門でいったん幹部全員をポストから外したうえで約半数のポストの応募させた、という思い切った施策を紹介している。これからは会社の誰かが自分のことを考えてくれるのではなく、自分で自分のキャリアと将来を考えていかなくてはいけない時代だが、それには実は上司の役割が非常に大きくなる。次のステップに悩む若手と1on1などで対話しながら一緒にスキルの棚卸をする一方、自分の組織作りでは、その組織にどのようなケイパビリティが必要なのかきちんと定義したうえで、必要な人を獲得出来る様説明していかなくては優秀な若手を引き付けることが出来ない。その様な経験を自分はしていない人が上司だと、若手からの期待と大きく乖離して不満が募ってしまう。要は大事なことは、あうんの呼吸で伝えるのではなく、誰にでも分かる様整理して伝えることだ。暗黙知から脱却することが今後のジョブ型経営には求められている。
647Picks
NORMAL