Picks
204フォロー
719フォロワー
川崎重工、水素が動力源の脱炭素大型船を建造へ…世界初
読売新聞
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
267Picks
日本のピケティが警告する「日本の世襲格差」
NewsPicks編集部
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
395Picks
【核心】デジタル化とDXが決定的に異なる理由
NewsPicks編集部
平岡 乾NewsPicks 記者
ロボットメーカーの一社である安川電機は、「景気の先行指標銘柄」の代表です。 ロボットは工作機械(金属を削って金属製部品を作る機械)などと並び、「景気の先行指標」とされています。景気が上向くと、企業は生産量を増強するために機械の購入意欲が高まります。実際の生産拡大に「先行」して、機械が必要なので、ロボットや工作機械の受注状況が、今後の景気の予測に使えるからです。 中でも、安川電機はロボットに使う「サーボモーター」や「インバーター」というコアパーツを他社にも外販しています。このサーボモーターは、ロボットのみならず、半導体製造装置・搬送装置、太陽光発電や風力発電など再生可能エネルギーなどあらゆる分野に使われています。 テーマ柄、記事では紹介できませんでしたが、取材こぼれ話として、安川電機の小笠原浩社長によると、 ・5G向けの基地局が伸びている。半導体から、電子部品を搭載する実装機まで、さまざまな機器・資材が、「中国だけじゃなくて世界中で動いている」。 ・「日本におると『終わった産業』に思えるが」、実際はソーラーパネルの生産が伸びている。パネル自体は中国で作られているが、(電力変換に必要な)パワーコンディショナーは世界各地で作られていて、パネルと合わせて需要が伸びている。電池需要も旺盛。 とのことです。 同社の決算資料ホームページの「決算補足説明資料」のほか、「説明会Q&A」に同社のロボットやサーボモーターの受注状況が記載されています。世界の景気動向を掴むうえで参考になります。 https://www.yaskawa.co.jp/ir/materials/br 最後に手前味噌ながら、景気の先行指標にまつわる過去のNP記事です。 https://newspicks.com/news/4794948
1215Picks
【新教養】今、世界で起きていること
NewsPicks編集部
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
915Picks
【リコーCEO】大企業がDXを実現するために「必要なこと」
NewsPicks編集部
平岡 乾NewsPicks 記者
「隗(かい)より始めよ」という故事成語があります。「物事は言い出した者から始めよ」という意味です。 古い時代の社長さんのイメージといえば、新聞などでDX時代、ジョブ型時代といった記事を読んでは部下を呼び出して、「うちもDXで何かやれ」、「うちもジョブ型で何かやれ」と、命令して終了。そんなイメージもあったかもしれません。 いやいや、今や経営トップ自らがDXに必要なプロセスを深く理解し、変革の実行者になることが求められています。 特にDXは、デジタルによる組織からビジネスモデルまでの全社改革です。であれば、本当のDXは全社に浸透しなくてはなりません。つまり、社員全員がDX要員になる必要があります。 となると、会社の変革は経営トップの仕事、となると、CEOがDXの先頭に立つべきだと納得できるかと思います。 こうして、隗より始めよを地で行く「CEO兼CXO」がスタートアップだけでなく、伝統的な大企業にも広がりつつあります。 とても興味深いことで、一概には言えないものの、欧米の企業ではCEOはプロ経営者であり、主に株主に代わって経営を監督する存在。 その点、日本企業ではその会社で実務経験が長い人間がCEOになるので、CEOが現場改革の切り込み隊長にもなれる。 もちろん私心にとらわれた経営トップの居座りを阻止するコーポレートガバナンスが機能する必要がありますが、「CEO兼CXO」は、日本の大企業では機能するかもしれません。
1228Picks
米インテル、CEO交代 後任は元幹部、変革加速へ
共同通信
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
132Picks
リクルート、完全子会社7社を吸収合併、各事業のノウハウや人材資産を集約
トラベルボイス
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
459Picks
台湾TSMC日本で新工場計画か 米中対立でリスク分散狙い
共同通信
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
251Picks
川崎重工に不正アクセス 個人情報流出の可能性
共同通信
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
106Picks
あなたはなぜピケティがわからないのか
NewsPicks編集部
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
511Picks
【高原豪久】ユニ・チャーム社長が実践する沈思黙考とOODA
NewsPicks編集部
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1487Picks
【高橋尚子】一歩踏み出す人を増やすために、私は走る
NewsPicksアカデミア
平岡 乾NewsPicks 記者
稀代のランナー、高橋尚子さんのストーリーの真骨頂は、むしろ金メダルに輝いた2000年シドニーオリンピックの後にあるのではないかと思っています。 2001年に当時の世界記録をたたき出すなど、引き続き好調だと思われたものの、2003年に五輪選考を兼ねた東京国際女子マラソンで、レース後半に失速して優勝を逃し、翌年2004年のアテネオリンピックへの出場権も逃します。当時は、五輪出場を逃したこと自体がニュースにもなりました。そしてアテネでは、野口みずきさんが金メダルを獲ります。 その後も高橋尚子さんは、故障もあり、なかなか本調子でレースを走れません。2005年には、独立して「チームQ」を結成します。 そして迎えたのが、その年11月の東京国際女子マラソン。35km時点で猛然とスパートをかけ、ライバルが一瞬にして豆粒でしか見えなくなるほどの圧倒的なスピードで置き去りにし、見事な復活優勝を遂げました。 ゴール前に国立競技場に入った時、高橋尚子さんがガッツポーズした瞬間。観客の割れんばかりの歓声は、ブラジルにまで届いたんじゃないかと思うほどでした(笑)苦しい時期を乗り越えてドラマのような復活劇。私を含めて多くの人に感動を与える高橋さんは、やはり国民的な存在なのだなと実感しました。
261Picks
【平野啓一郎】「創造する力」は、芸術家の専売特許じゃない
NewsPicks編集部
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
550Picks
50年「脱炭素」へ政策総動員 車、30年代に電動化―「グリーン成長戦略」で計画
時事ドットコム
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
548Picks
NORMAL