Picks
216フォロー
205フォロワー
【直撃】時代の必然。「アイデンティティ」という巨大ビジネス
NewsPicks編集部
岡 玄樹レッドハット株式会社 代表取締役社長
シングルサインオンの利便性は多くのビジネスマンが感じ始めている今日この頃ではないだろうか。色々なアプリケーションを使いこなすことが今や前提条件。パソコンでのログインに連動してスマホで認証を初めて求められた時は感動しましたが、使っているうちに当たり前になってきました。アイデンティティという打ち出し方をしてますが、セキュリティに密接に紐づいている。ゼロトラストの考え方も浸透し始めた日本では、ウィルス対策のためにソフトをダウンロードしていた時代を知らない層がすぐ出現するだろう。 一つ死角があるとすると、中立的な立場にいるがゆえの利点。今はまだオンプレミスからクラウド移行が主流で目指すのはハイブリッドクラウド。マルチクラウド(様々なクラウドの組み合わせを用途によって使い分ける)が主流になると普及すると思われる考え方が「オープン」。日本も古くからベンダーロックインを嫌うのでオープンに移行するのは早いと思われる。その状況下でGAFAMが本当に自社プラットフォームに閉じるサービスのみを提供するだろうか?中には、オープンな世の中を受け入れて、積極的に他社サービスとの接続を許す企業が出現してもおかしくないと思う。そこまでにいかに浸透させるかが鍵となるだろう。
932Picks
【超図解】GAFAの次を担う、「最強SaaS企業」の全貌
NewsPicks編集部
岡 玄樹レッドハット株式会社 代表取締役社長
クラウド移行がメインストリーム化したことがよく表現され、流れが日本企業の背中を押すことも間違いないだろう。ただ一足飛びでクラウド活用はハードルが高い上に、今までの積み上げの資産を捨てるほど潔い企業体はいないはず。よってオンプレミスとクラウドを両方活用しながら次第に移行する「ハイブリッドクラウド」が現実的な解となるだろう。例えば従来の店舗周りの管理は、オンプレミスが当分続くとしても、新たなECのプラットフォームはクラウドで作り込む。ただ顧客層が被り、データ連携することによって売上増の機会創出が見込める。クラウドネイティブがマジョリティーではない世界なのでまずはこのようなやり方が主流となるだろう。 消費者や顧客からは見えにくいB2Bに焦点当てるのは素晴らしいし、事業規模が実は桁が違うのが魅力。象徴的なのが、IaaS/PaaSにおけるクラウドシェアだろう。マイクロソフトのアジュールを推進してきた身としては、20%のシェア到達は感慨深い。一時期50%以上あったAWSは先行者利益を見事獲得し、まだまだ絶対王者として君臨するだろう。しかし企業向け(エンタープライズ)の営業体制を膨大なコストをかけて拡大させてきたグーグルですら苦戦するのがこの領域。シェア一桁台は彼らが納得する数字ではないはず。 SaaSは作り込みが命なので、細部にこだわりデザインセンスも高い日本にとって成功できる領域。作り手が圧倒的に足りないのが致命的。 大企業はまずはハイブリッドクラウド化を実現し、事業アプリケーションを従来とは違うスピードで投入することが鍵となるだろう。それとは違う所で日本の次世代SaaS台頭のために、エンジニアの教育とそこに至るまでの道を確立させるのが先決となるだろう。
6037Picks
【直撃】スシロー元COOが始めた、「食のM&A」ビジネス
NewsPicks編集部
NORMAL