Picks
79フォロー
4021フォロワー
ワクチン職域接種が本格化 官房長官 接種全体の加速化に期待
NHKニュース
原田 洸総合内科医・医学博士
職域接種がはじまり、Newspicksをご覧の方も接種を受けるかどうか判断する時期が近々来るかもしれません。ワクチン接種は副反応などネガティブな側面が強調される傾向にありますが、その前にワクチン接種のメリットについて十分理解しておく必要があります。メリットは大きく3つあります。 1、自分自身を守る コロナパンデミック禍で、働く世代の方々が人工呼吸器を要するほど重症化する、という事態を幾度となく経験してきました。特にメタボ傾向の方や、糖尿病や高血圧などの持病がある方は顕著にその傾向がみられます。また、リスクの少ない20代の方でも感染した後、味覚障害や脱毛などの後遺症に苦しむ方も多く、やはり感染しないように最大限の努力をするべきです。ファイザーやモデルナのワクチンは95%の発症予防効果があり、どの世代の方でもワクチン接種のメリットは非常に大きいです。 2、家族や同僚を守る 自分が感染してしまったことで周囲に感染を広げてしまい、自分の家族や同僚が命を落とす、といった目を覆いたくなるような状況が全国のいたるところで発生してきました。感染した方は身体的な苦痛以上に、精神的なトラウマを抱えながら生活することになります。ワクチン接種により自分自身の感染を防ぐことがわかっており、これにより周囲への感染を予防することが示唆されています。「ワクチン接種をしないでおく」という判断は、逆にいえば「周囲を危険にさらしている」ことになり兼ねません。 3、集団免疫の形成に貢献する コロナでは、約70%の国民がワクチンを接種すれば集団免疫を形成すると推定されています。集団免疫を達成すればこれまでの制限を撤廃し、外食や飲み会、旅行など元通りの生活に戻ることができます。実際に集団免疫を達成したイスラエルやアメリカの一部の地域では行動制限を撤廃した後も感染者の増加はみられていません。接種を行うことは、コロナの収束に貢献していることにもなります。
249Picks
主要企業の97%、職場接種へ 対象200万人、副反応が課題
共同通信
原田 洸総合内科医・医学博士
Newspicksをご覧の方も、今後職場で受ける機会が出てくると思いますので、接種の注意点について記載しておきます。 基本的にファイザーのワクチンは3週間、モデルナのワクチンは4週間あけて2回接種するスケジュールになっています。都合により間隔が空く場合があるかもしれませんが、可能な限りスケジュール通り打つのが理想的です。 肩の近くに注射をするので当日は肩を出しやすい服装をしましょう(半袖などで構いません)。接種後、通常であれば15分、何かしらのアレルギーがある方は30分間、接種会場で待機する必要があります。スマホや本など、暇つぶしができるものが手元にあると便利です。 ワクチン接種当日の注意はインフルエンザなどの他のワクチンと変わりありませんが、コロナのワクチンでは接種した翌日に、発熱、頭痛、しんどさなどの副反応がみられるという特徴があります。これは1回目よりも2回目、高齢者よりも若年者でより多くみられる傾向があります。例えば20代の人で、2回目接種の後は、約50%に発熱、約75%に全身倦怠感がみられることが報告されています。これは多くの場合1日でおさまる副反応であり、2日以上続くのはまれで、こうなることを知っていれば怖くはありません。熱がある場合には市販の解熱鎮痛薬(イブ、ロキソニン、バファリン、ナロンエース、ノーシンピュアなど)を飲むことで症状が和らぐため、遠慮せずに内服することが勧められています。 働く世代の方にとって特に注意すべきなのは「接種の翌日に大事な仕事の予定を入れないこと」です。上記の通り、発熱などの症状で接種の翌日に仕事を休まざるを得ない場合も多く、医療現場でもワクチン接種の翌日に早退する方が多くいました(接種の2日後には皆さん元気に通勤しています)。これは予期できることですのでチーム内で事前にカバーできる体制を作っておいたり、最初から休みにしておくなどの対応が必要です。 また、接種した部位の肩の痛みは2~3日続くことがあるので、ゴルフなどの肩を動かす運動の予定は入れない方が良いかもしれません。
317Picks
NORMAL