Picks
461フォロー
114フォロワー
水素を「バブル」で終わらせない。市場形成への次の一手とは
的場 俊晴外資ヘルスケアエージェンシー シニアアカウントマネージャー
水素社会はとてもいい話だが、この記事の盲点は製造、貯蔵のことを記載していないこと。 脱炭素社会を目指している中で水素を製造するためには、水やアンモニアのような炭素を含まないものをベースに考えると思われる。ではそれらを分解するためのエネルギーで脱炭素というと、太陽電池、風力発電、水力発電、光触媒、バイオなどが安易に想像できるがどれもエネルギー効率は高くない。電気の必要量が増加している中で、どの程度水素が必要なのかから貯蔵を考える。水素は貯めることが難しい。炭素繊維のという時点でCO2が発生している。しかしながら高圧水素ボンベとしての炭素繊維は必要不可欠なので、そこは合金より重量あたりでも多くの水素を貯められる。では、高圧で水素を充填するためのエネルギーは?となるとやはり脱炭素での貯蔵は難しいのでそこは致し方ないと考えるしかない。ただこの点をクリアにしなければ水素社会の実現はまだまだ先になるが一歩ずつ進むしかない。 使う視点の記事のため捕捉的に個人的意見だがコメント。 FCVの視点でいうと、水素はガソリンより安全ということ。水素は爆発というイメージがあるが自動車の水素ボンベでは漏れても爆発はせず水素が燃焼するのみに終わる。しかも圧倒的な速度で燃えるため燃料だけで終わる。ガソリンはと言うと燃焼速度が遅くメラメラといつまでも燃える。しかも液体のため広がりも大きい。リチウムは発火するのでむしろそっちの方が怖いかもと思うが携帯の技術のおかげで概ねそれは回避できていると。 いずれにしても水素バブルは数年に一度起こるが、絶やさず研究開発を継続することが社会実現への階段だと思われる。
1231Picks
NORMAL