Picks
1180フォロー
8435フォロワー
講談社など3社、書籍流通に参入 出版生き残りへDX
日本経済新聞
Arai Kaoru公認会計士 Fintechコンサルタント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
278Picks
米豪、中国の経済圧力対抗で一致 日本、インドと連携
共同通信
Arai Kaoru公認会計士 Fintechコンサルタント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
実現が近づく「給与デジタル払い」とは何か 得をするのは誰なのか
ITmedia NEWS
Arai Kaoru公認会計士 Fintechコンサルタント
この記事にも引用されている日本の労働基準法が、ILOのスタンダードから見ると、時代遅れであるのが、一番本質的な問題です。 https://www.ilo.org/tokyo/standards/list-of-recommendations/WCMS_238911/lang--ja/index.htm Ⅱ 賃金支払の定期性 4 賃金支払のための最長限度の期間は、賃金が次のものよりもしばしば(注:原文は旧字体)支払われることを確保しなければならない。  (a) 賃金が時間、日又は週を以て計算される労働者については十六日を超えない期間において一月二回  (b) 報酬が月又は年を基礎として定められる被用者については一月一回 5(1) 賃金が個数労働又は生産を基礎として計算される労働者については、賃金支払のための最長限度の期間は、できるだけ賃金が十六日を超えない期間において一月二回よりもひんぱんに支払われることを確保するようこれを定めなければならない。  (2) 仕事の完成が二週間を超えることを要する仕事を遂行するために使用され、且つ賃金の支払のための期間が労働協約又は仲裁裁定により別段に定められない労働者については、次のことを確保するため適当の措置を講じなければならない。   (a) 支払は、遂行される仕事の量に比例して、十六日を超えない期間において一月二回よりもひんぱんに計算されること。   (b) 最終的決済は、仕事の完成から二週間以内に行われること。 給与のデジタル払い→海外ではペイロードカードは、給与の早期払い、頻度が高い支払いに資するものです。 ただし、海外のペイロードの管理口座は、この記事で説明している資金移動事業者のそれとは異なり、実は担保しているのは銀行です。そういう意味では、スキームは異なります。
104Picks
入国前14日以内 インドなど3国滞在は原則入国拒否 14日から
NHKニュース
Arai Kaoru公認会計士 Fintechコンサルタント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
270Picks
スペイン、今年の海外からの旅行者は4500万人と予想
Reuters
Arai Kaoru公認会計士 Fintechコンサルタント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
AIRDOとソラシドエア、持ち株会社設立 コロナ初の再編
日本経済新聞
Arai Kaoru公認会計士 Fintechコンサルタント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
187Picks
NORMAL