Picks
0フォロー
18フォロワー
北朝鮮の金委員長が中国を電撃訪問、米国「把握せず」-関係者 (2)
Bloomberg
立岩 陽一郎InFact 編集長
金正恩委員長の訪問かどうかはまだ確認はとれていないと思うが、北朝鮮が積極的に動き始めたことは間違いない。 最近、話をきいた朝鮮総連幹部によると、北朝鮮の狙いは、「地政学的宿命論」からの脱却だという。 「朝鮮半島は日本、中国、ロシアという大国に囲まれるという地政学的な宿命の中で生きるという考えがあった。特に韓国の為政者がまだそうした考えの中で生きている。しかし、そうではない。我々は我々で自らの道を切り開く、それが金正恩委員長の考えだ」 核開発、弾道ミサイル開発もその延長ということだろう。そして、それをテコに、米朝会談を実現し、同時に中国との関係改善もはかる。それは実際に動き出しているということだろう。 トランプ大統領はそこまで考えていないだろうが、米情報機関は既に北朝鮮側とパイプを持っているのでそれを踏まえて動いている。 気になるのは、やはり日本だ。安倍総理は去年、国連演説の場で北朝鮮との対話を拒否する姿勢を明確にしてしまった。国連の場での演説は重い。これは外務省の失態だ。 これからどうやって今後プレイヤーとして参加していくのか。 状況を変えるなら、政権を交代した上で小泉元総理に近い人物を総理補佐官に任命するなどして交渉に加わる努力をするしかないだろう。
345Picks
GOETHE[ゲーテ]
GOETHE[ゲーテ]
立岩 陽一郎InFact 編集長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
NORMAL