Picks
591フォロー
25913フォロワー
日本の「半導体産業」は復活しない台湾の最先端企業を誘致しても「ムダ」なワケ
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
矢野 和男(株)ハピネスプラネット 代表取締役CEO (株)日立製作所 フェロー
まず、半導体のことを議論したり投資する時間があるのなら、ソフトウエアの議論と投資をすべきと思います。それが日本の浮沈を決めているからです。  半導体の議論は以前から大変混乱しており、今もそうです。  この記事も、その一部の表面を扱ったに過ぎません。メモリとロジック、設計と製造で事情が大きく異なります。さらに、記事にも指摘されている、これらを支える装置メーカーやARMのようなIPベンダーもあり複雑です。  まずロジックの半導体では、分業が進み、設計と製造がかなり分かれています。設計ではNVIDIAやQUALCOMMなどに加え、大きな動きになっているのがAppleやGoogleという巨大IT企業です。最近のiPhoneやMacの心臓部はApple製になっています。  製造では、記事にもあるTSMCやIntel(ただし設計もやっている)が登場します。これらが複雑に相互依存し、一方で競争しあって存在しているのです。  記事で指摘されている経営の問題が大きいのは確かです。たしかに、工場を誘致すれば何かが変わるという問題ではありません。  既に、私を含め、過去に世界を牽引していた半導体の技術者のほとんどは、別の分野に移ってしまいました。戻すことはできません。  そして、半導体は部品であり、部品は時代の変化に振り回されます。ますます変化が早くなる中で舵取りするには、機動的な高速経営と投資が必要です。これは多くの日本企業には向いていませんしリスクも極めて高いです。  産業としては、手段からより上位目的にコミットする産業に移行することが必要です。加えて、これなしには何もできないソフトウエアやサービスにもっと重点投資することが必要です。  まだ、日本の産業や投資の議論では、ソフトは簡単に真似できるので、真似しにくく日本の特徴が出るハードで優位化が必要という議論が常に出ます。  私は両方やったのでわかりますが、本当に真似が難しいのはソフトです。上記のような時代錯誤の議論を、ハードしかやったことのないオジサンたちが20年以上やっているために日本は競争力を失ったのです。  驚くべきことに、今でも研究開発の国家プロジェクトにおけるソフトウエアに関わる投資は極めて少ないのが実情です。  繰り返しますが、半導体のことを議論したり投資する時間があるのなら、ソフトウエアの議論と投資をすべきです。
318Picks
NORMAL