Picks
117フォロー
11373フォロワー
コロナ禍1年、50%超の人が収束後も「新生活様式」を望む
J-CASTニュース
加藤 史子WAmazing株式会社 代表取締役社長:経営者
私もインバウンドベンチャー経営という仕事側面を除けば、コロナ禍生活は良いことも多いと感じています。 会社はフルリモートワークになり、生産性、効率性ともに格段に向上。今まで地方出張がとても多かったのですが、地方も含めて強引にDXされ、みんな、オンライン会議に対応してくれます。 福岡と会議なら、今までなら1日かかる仕事が今なら、きっちり1時間のみ。全国各地と1日に何本も打ち合わせできます。 通勤が無くなり、正味の仕事時間が増えました。そして、緊急事態宣言で会食が激減し、夜は早く眠れる。睡眠時間は長くなりました。 必然的に朝型になり、朝は8時台から仕事開始できます。 家で仕事をしていると、学校から戻った子供を家にいて迎えることができます。たいてい会議中だけど、一瞬、ミュートにして、『おかえりー!手を洗ってね、おやつあるよー』と言ってあげられる。 会議や仕事のちょっとした隙間に、洗濯物や洗い物、掃除や料理など家事もできます。最近の家電は自動化が進んでるので、ほんの数分の隙間時間があれば、効率的に進められます。 (洗濯機のスイッチを入れる、とか、干さないといけないものを取り出して、乾燥のスイッチを入れるとか。) たまには、ワーケーションで、家族旅行の長期滞在の間に自分は仕事デーをつくる、とか。 間違いなく、オンラインで働くことができる職種の女性は、家事育児との両立はやりやすくなりました。 コロナ禍が落ち着いたら、リアルの出社も週に数日はしたいし、飲み会もしたい。たまには、リアル出張も必要です。だけど、全部、コロナ禍前に戻したいとは思いません。 デフォルトがリアルの世界から、デフォルトはオンラインで出来ないか?考えて、リアルでこそ価値があるものをリアルにするという、ハイブリッド社会へ。
210Picks
一般人のワクチン接種は?五輪は?10万円は? 菅首相が会見で語ったこと、語らなかったこと。
BuzzFeed Japan
加藤 史子WAmazing株式会社 代表取締役社長:経営者
会見では『ワクチン頑張る!』を全面に出してましたね。わかりやすかったと思います。そして、首相自身が『私が先頭に立って』とおっしゃいました。実際、官房長官が長い菅さん、ベンチャーで言えばCEOというより COO。その実行力、推進力に期待したいです。 ワクチン担当大臣の河野さんの立つ瀬なしって感じですが、大臣のプライドを気にかけてる場合じゃないですしね、既に、首相が訪米時にファイザーにトップ営業してる時点で河野さん立つ瀬なし、ですし。 3月のワクチン接種回数、だいたい1日五万回でした。 それが4月の後半には25万回近くまで、上がってきた。5倍にはなりました。 100万回なら、あと、さらに4倍に! ゴールデンウィークは、祝日で1日あたり回数が激減してました。 ここからは、土日祝日、関係なく打って打って打ちまくらないと。 東京、大阪に用意する大規模接種会場は、土日祝日もオープンだと期待しています。夜は20時まで、と。働く現役世代には、有り難いですね。 あとは、自治体に任せていると、横浜市のような400万人近い人口を擁する巨大自治体(日本の自治体、1741のうちで、トップです)は、本当にキツい。 横浜市の現在のワクチン接種対象は、『85歳以上』です。それでも、予約システムはダウンを繰り返している。ここは、政府にもサポートしてもらわないと、私の母(横浜市在住)など、70代前半で、いつ順番が回ってくるのやら?です。 世田谷区も厳しそう。80万人とかですから、これを下回る県は、たくさんあります。(^◇^;) ワクチン接種を、とにかく頑張る。欧米の先行事例を見ても、ここは、コロナ禍との終わらぬ戦いへのゲームチェンジャーになります。 ニューヨークでは観光客に無料ワクチン接種のインセンティブ提供を検討していたり、野球チームのマリナーズは、観客へのインセンティブに無料ワクチン接種を提案したり。 日本も最後の方は、接種率を上げるために献血みたいに、ワクチン接種に、いろんなお土産がついてくるかもしれません。 と、同時に徹底してほしいのが、インド二重、三重変異株の封じ込め、水際対策。 インド変異株にはワクチンの有効性がまだ明らかになってないため、ワクチン接種を普及させる前にインド二重三重の変異株が蔓延したら、唯一といっていいゲームの切り札を無効化させるリスクがあります…
69Picks
菅首相会見 ワクチン接種 1日100万回を目標とする考え
NHKニュース
加藤 史子WAmazing株式会社 代表取締役社長:経営者
会見では『ワクチン頑張る!』を全面に出してましたね。わかりやすかったと思います。そして、首相自身が『私が先頭に立って』とおっしゃいました。実際、官房長官が長い菅さん、ベンチャーで言えばCEOというより COO。その実行力、推進力に期待したいです。 ワクチン担当大臣の河野さんの立つ瀬なしって感じですが、大臣のプライドを気にかけてる場合じゃないですしね、既に、首相が訪米時にファイザーにトップ営業してる時点で河野さん立つ瀬なし、ですし。 3月のワクチン接種回数、だいたい1日五万回でした。 それが4月の後半には25万回近くまで、上がってきた。5倍にはなりました。 100万回なら、あと、さらに4倍に! ゴールデンウィークは、祝日で1日あたり回数が激減してました。 ここからは、土日祝日、関係なく打って打って打ちまくらないと。 東京、大阪に用意する大規模接種会場は、土日祝日もオープンだと期待しています。夜は20時まで、と。働く現役世代には、有り難いですね。 あとは、自治体に任せていると、横浜市のような400万人近い人口を擁する巨大自治体(日本の自治体、1741のうちで、トップです)は、本当にキツい。 横浜市の現在のワクチン接種対象は、『85歳以上』です。それでも、予約システムはダウンを繰り返している。ここは、政府にもサポートしてもらわないと、私の母(横浜市在住)など、70代前半で、いつ順番が回ってくるのやら?です。 世田谷区も厳しそう。80万人とかですから、これを下回る県は、たくさんあります。(^◇^;) ワクチン接種を、とにかく頑張る。欧米の先行事例を見ても、ここは、コロナ禍との終わらぬ戦いへのゲームチェンジャーになります。 ニューヨークでは観光客に無料ワクチン接種のインセンティブ提供を検討していたり、野球チームのマリナーズは、観客へのインセンティブに無料ワクチン接種を提案したり。 日本も最後の方は、接種率を上げるために献血みたいに、ワクチン接種に、いろんなお土産がついてくるかもしれません。 と、同時に徹底してほしいのが、インド二重、三重変異株の封じ込め、水際対策。 インド変異株にはワクチンの有効性がまだ明らかになってないため、ワクチン接種を普及させる前にインド二重三重の変異株が蔓延したら、唯一といっていいゲームの切り札を無効化させるリスクがあります…
245Picks
NORMAL